MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2020 シーズンシート ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2019シーズンの結果 2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール U-15(A)スケジュール U-14(B)スケジュール ジュニユース阿蘇スケジュール2月(PDF) U-13(C)スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

ロアッソ熊本2020シーズンユニフォームについて

2020.01.19



2020シーズン、ロアッソ熊本がJ3リーグ戦、天皇杯など全ての公式戦で着用するPUMA(プーマ)製のユニフォームデザインです。

モデル:「HEATHER PATTERN MODEL」(ヘザーパターンモデル)

2020シーズンは「PUMA TRIBES」より「HEATHER PATTERN MODEL」を採用。

フィールドプレーヤー1stユニフォーム

チームフラッグのカラーをモチーフに、フラッグの上下の黒は両袖の切り返しに、フラッグの中央部分をユニフォームボディ部分に見立て、赤と白との2色のヘザー調カラーとなっており、2色の対比する色合いは、プレーする選手たちのスピードやキレ、躍動感をイメージしています。

フィールドプレーヤー2ndユニフォーム

白を基調とした2ndユニフォームは同じく、ボディ部分が白とネイビーとの2色のヘザー調カラーとなっており、現在熊本の復興のシンボルともなっている熊本城の「石垣」がモチーフとされており、「難攻不落の熊本城」のイメージを今シーズンのチームのイメージと重ねています。

ゴールキーパー1stユニフォーム

今シーズン始めて、ロアッソ熊本のユニフォームでブルーのカラーを採用。ボディ部分の青とネイビーの2色のヘザー調カラーは、熊本県内の多くの「清流や地下水」、天草、芦北、水俣などの「深い海」など、熊本県の「豊かな水」をイメージしています。

ゴールキーパー2ndユニフォーム

昨年に引き続き、強い日差しの夏の「熊本の太陽」をイメージした黄色を基調とし、黄色と白のヘザー調カラーとすることで、より一層「熊本の太陽」が輝くようにという思いが込められています。

カラー

〔1st〕
FP:シャツ(赤)、パンツ(赤)、ソックス(赤)
GK:シャツ(青)、パンツ(青)、ソックス(青)

〔2nd〕
FP:シャツ(白・ネイビー)、パンツ(黒)、ソックス(白)
GK:シャツ(黄)、パンツ(黄)、ソックス(黄)

ホームタウンの表記


ユニフォーム右袖(Jリーグエンブレム下)に表記されているホームタウン名は、昨年から「熊本」と表記されています。これはホームタウンである熊本市をはじめ、ロアッソ熊本の活動エリアが熊本県全県下にあるという意味が込められこのような表記となっています。
またこの「熊本」の文字は益城町を拠点に県内外にて活動されています一級印象彫刻技能士・書道家の荒木桃園様によるもので、荒木様は現在も熊本地震の復興支援活動にご尽力されています。
我々ロアッソ熊本が今後も永続的に復興支援活動に協力していくという意味と、現在も復興支援活動にご尽力されている多くの県民の思いもこめて、荒木様にご協力いただきました。


一覧へ戻る 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.