MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 23節

2019年9月15日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ヴァンラーレ八戸
2 - 1
0 前半 0
2 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
田辺 圭佑(out)⇒八久保 颯(in) ハーフタイム

[交代]
 
  後半
13分
[交代]
秋吉 泰佑(out)⇒三田 尚希(in)
八久保 颯 後半
16分
[得点]
 
三島 康平 後半
17分
[警告]
 
  後半
21分
[交代]
佐藤 和樹(out)⇒上形 洋介(in)
  後半
22分
[警告]
前田 柊
  後半
24分
[得点]
上形 洋介
三島 康平(out)⇒伊東 俊(in) 後半
30分
[交代]
 
北村 知也 後半
37分
[得点]
 
  後半
38分
[交代]
前田 柊(out)⇒新井山 祥智(in)
上村 周平(out)⇒酒井 崇一(in) 後半
45分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ダイハツスタジアム
[AWAY]
天候 曇、中風
気温/湿度 25.0℃/62%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 2,002人
主審 酒井 達矢
コミッショナー 倉田 泰明
副審 眞鍋 久大、大田 智寛
第4の審判 若宮 一馬
記録員 秋山 新吾

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 3小笠原 佳祐
DF 39鈴木 翔登
DF 7片山 奨典
MF 14中原 輝
MF 27中山 雄登
MF 8上村 周平
MF 25田辺 圭佑
FW 13北村 知也
FW 11三島 康平



選手名
山田 賢二GK 1
小牧 成亘DF 16
近石 哲平DF 39
須藤 貴郁DF 21
差波 優人MF 17
前田 柊MF 4
國分 将MF 27
佐藤 和樹MF 33
中村 太一MF 7
秋吉 泰佑MF 44
谷尾 昂也FW 18
選手名
GK 21野村 政孝
DF 4酒井 崇一
DF 24高瀬 優孝
MF 6村上 巧
MF 10伊東 俊
MF 16田村 翔太
MF 19八久保 颯

選手名
金子 優希GK 23
穂積 諒DF 22
河津 良一MF 6
貫名 航世MF 24
新井山 祥智MF 10
三田 尚希MF 20
上形 洋介FW 9
渋谷 洋樹
大石 篤人

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・うまくいかないことがあっても、周りを見て、サポートの部分をしっかり意識してプレーしよう。
・相手の前への意識は高くなると思うが、前線からのプレッシャーをしっかりと。
・自分のできることをやる!点を取って勝とう!
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日も我々ロアッソ熊本のファン、サポーターが青森まで来ていただいて、最後まで本当に後押しをしていただいたことを嬉しく思いますし、感謝しております。今日は前半からもどかしい試合でした。我々がやってきたことも全くできず、なかなか難しい状況でしたが、我々ベンチスタッフが前半を分析して、後半、選手達がそれをしっかり実行して得点に至ったこと、これには選手、スタッフに感謝しています。ゲームの中で我々が得点を取って、そのあと強さのあるクロスで失点したことは、準備の段階でも色々やっていましたので、そこでやられてしまったことは残念でしたが、1-1になってからは攻撃のイメージの共有ができたことが2点目に繋がったので、本当にトレーニングの成果が後半は出たと感じています。前半の戦いをしていれば、我々の目標は全くと言っていいほど掴めるものではないゲームでしたが、後半それを修正した修正力については、選手、スタッフに感謝しています。いろんなプレッシャーがあるかないか分かりませんが、我々の今年の目標を達成する為には、今日の1戦は非常に大きかったですが、勝って連勝を続けられたことは良かったと感じます。ただ、今日できたこと、できなかったことは、はっきりしたので、1週間空きますので、しっかり良い準備をして、また1ヶ月間ラグビーW杯があるので、ずっとアウェイが続くので、難しいところはありますが、1戦1戦しっかり戦っていきたいと思います。
[ 八久保選手 ]
チームがやらなければいけないことをやった上での得点なので、決めることができて良かった。
(得点について)あのような形のゴール前でのトレーニングがあって、浸透してきたので、イメージ通りでチームとしての形だった。
残りの試合も負けられないので、勝ちにこだわるような得点を取って、勝つことが大前提なので、得点を取って、活躍して、J2復帰に向けて頑張りたい。
[ 北村選手 ]
(得点について)中原選手が仕掛けてくると思った。トレーニング時のイメージもあって来ると思って走り込み、浮かさないように体でねじ込んだ。
(10得点目について)2桁得点は目標だったが、もっと得点を取らないといけないので、もっとこだわっていきたい。今日の得点はバースデーゴールになったので嬉しいし、皆さんのおかげなので感謝しています。
自分たちは目の前の1試合1試合を勝って、勝点を積み重ねて、優勝することを目指して頑張りたい。
[ 中原選手 ]
前半は自分達のミスが多くて、試合をうまく運べず、後半に修正して勝つことができた。相手はブロックをひいてくると分かっていて、そこを崩しきることができず、後半は相手が前から来たので、そこを外せて得点につなげることができた。
(1点目アシストについて)マイボールになった瞬間、スペースがあって、中山選手に入った時に、全員が走り出していたので、マッチアップする選手をうまく外せて、奥から八久保選手が入ってくるのが分かって、決めてくれた。
(2点目アシストについて)チーム全体で狙っているボール運びで、相手を剥がすことができて、黒木選手が入った時点で相手と2対1になって、あとは中にパスをするだけで、北村選手が決めてくれて良かった。
ゴールを目指しながらもアシストも目指して頑張りたい。
[ 山本選手 ]
前半はプレスをかけて引いた状態で、どこでスイッチを入れるかがはっきりせず、イメージがないままボールを回していて、流れがちぐはぐだった。対策を話し合って、後半は仕掛けられたし、修正できるようになったのは良いことだと思う。


2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.