MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 21節

2019年8月31日(土)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 セレッソ大阪U-23
1 - 0
0 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
三島 康平 後半
11分
[得点]
 
上村 周平 後半
15分
[警告]
 
  後半
22分
[交代]
林田 魁斗(out)⇒藤本 康太(in)
中山 雄登(out)⇒酒井 崇一(in) 後半
28分
[交代]
 
  後半
32分
[交代]
桃李 理永(out)⇒丸岡 満(in)
三島 康平(out)⇒佐野 翼(in) 後半
35分
[交代]
 
  後半
39分
[交代]
安藤 瑞季(out)⇒ポンラヴィチュ(in)
北村 知也(out)⇒田村 翔太(in) 後半
45+2分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ヤンマースタジアム長居
[AWAY]
天候 曇時々雨、弱風
気温/湿度 23.6℃/86%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 1,534人
主審 石丸 秀平
コミッショナー 松山 博明
副審 角田 裕之、長田 望
第4の審判 川勝 彬史
記録員 中川 佳裕

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 3小笠原 佳祐
DF 39鈴木 翔登
DF 7片山 奨典
MF 14中原 輝
MF 8上村 周平
MF 27中山 雄登
MF 19八久保 颯
FW 13北村 知也
FW 11三島 康平



選手名
茂木 秀GK 45
野村 天真DF 37
西尾 隆矢DF 43
下川 太陽DF 44
林田 魁斗DF 49
中島 元彦MF 28
斧澤 隼輝MF 36
松本 凪生MF 41
桃李 理永MF 50
澤上 竜二FW 19
安藤 瑞季FW 40
選手名
GK 21野村 政孝
DF 4酒井 崇一
DF 29衛藤 幹弥
MF 6村上 巧
MF 16田村 翔太
MF 25田辺 圭佑
FW 17佐野 翼

選手名
丹野 研太GK 27
藤本 康太DF 4
ポンラヴィチュMF 35
丸岡 満MF 39
タワンFW 33
    
    
渋谷 洋樹
大熊 裕司

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・前半の入りから集中してプレーし、無失点で終えた。後半は得点をしっかり取ることを意識すること。
・前半以上にプレッシャーを!ゴール前では思い切って足を振ること。
・絶対勝とう!最後までハードワークを忘れずに!
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日は悪天候の中、熊本のファン、サポーターの皆様が、本当に最後まで応援していただき、その熱い声援が力となって、選手・スタッフの力になって勝利できました。残念ながらここ4試合は勝利がなかったので、もちろん2-0、3-0で勝ちたかったですが、非常にシビアな戦いになったと思いますので、この勝利を次に繋げなければいけない。内容では我々がある程度ボールを保持して、守備ではしっかりと前線からプレッシャーをかけて、というところの対応の部分では相手よりも上回ったと思いますが、結果が1-0だけ、やはり2-0、3-0にしていかないと、我々の目標を目指すには、得失点差は非常に大きくなってくるので、これからこの部分もまた改善していきたいと思います。しかし、まず1番は目の前の相手にしっかり勝つ、1戦必勝でこれからも戦って、突き進んでいきたいと思います。この3週間、しっかりと選手ともスタッフとも話をして、ミーティングをして、この1戦にかける思いで勝利できたことは良かったので、これを続けられるように頑張っていきたいと思います。
[ 三島選手 ]
今シーズン初スタメンで結果を残したい気持ちはあったし、チームとして4試合勝ちがなく、勝ちたいと思っていたので、勝つことができて良かった。(ゴールについて)片山選手が抜け出して、マイナスのボールをくれて、それに合わせられて良かった。チームとして、自分の立ち位置、ボールを受けるところと、立つポジションが重要な役割を求められていて、自分の特徴を生かすようなことも考えていた。後ろから繋ぐサッカーの中で、自分は今まであまりやったことのないプレースタイルで、違う部分も多いが、それをやることができれば幅が広がると思っている。追加点を取ることはチームとしても大事だし、取っておかないと得失点差も関わってくるので、追加点をどれだけ取れるかが重要なので、皆で意識して頑張りたい。今日は得点を取っただけなので、これを継続していきたい。J2復帰が最大目的なので、1試合1試合勝利を目指してやっていくだけ。
[ 片山選手 ]
自分にとって今シーズン初白星なので嬉しい。(アシストについて)八久保選手が素晴らしいスルーパスをくれて、三島選手が良いポジションを取っていたので、そこにパスをするだけだった。コンディションは常に維持できていたことが、ここ2試合動けている要因だと思う。前回はすごく久しぶりの試合で足を攣ったが、今回はフルタイムで出場できて良かった。
[ 鈴木選手 ]
点を取れるシーンも多くあったし、無失点とは言っても、失点してもおかしくないシーンもあったので、やれることはあると感じた。前の選手も意識して守備を頑張ってくれたという印象だが、完璧だとは思っていないので、積み上げて高みを目指せると思う。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.