MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 14節

2019年6月30日(日)
18:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ザスパクサツ群馬
2 - 1
1 前半 1
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
09分
[得点]
髙澤 優也
北村 知也 前半
34分
[得点]
 
北村 知也 後半
02分
[警告]
 
  後半
04分
[警告]
渡辺広大
北村 知也 後半
24分
[得点]
 
北村 知也(out)⇒八久保 颯(in) 後半
24分
[交代]
 
  後半
28分
[交代]
岡田 翔平(out)⇒窪田 良(in)
  後半
30分
[交代]
吉田 将也(out)⇒飯野 七聖(in)
高瀬 優孝(out)⇒小谷 祐喜(in) 後半
36分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
金城ジャスティン俊樹(out)⇒坂井大将(in)
佐野 翼(out)⇒村上 巧(in) 後半
43分
[交代]
 
  後半
45+1分
[警告]
飯野 七聖
  後半
試合後分
[警告]
窪田 良

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 雨、弱風
気温/湿度 23.4℃/90%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,085人
主審 松本 大
コミッショナー 宮田 文彦
副審 船橋 昭次、田代 雄大
第4の審判 城下 聡一朗
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 3小笠原 佳祐
DF 39鈴木 翔登
DF 24高瀬 優孝
MF 16田村 翔太
MF 31岡本 知剛
MF 8上村 周平
MF 27中山 雄登
FW 17佐野 翼
FW 13北村 知也



選手名
吉田 舜GK 23
吉田 将也DF 19
舩津 徹也DF 2
渡辺広大DF 32
光永 祐也DF 24
佐藤 祥MF 6
金城ジャスティン俊樹MF 15
加藤 潤也MF 7
岡田 翔平FW 9
青木 翔大FW 10
髙澤 優也FW 17
選手名
GK 1畑 実
DF 23小谷 祐喜
MF 6村上 巧
MF 14中原 輝
MF 19八久保 颯
MF 25田辺 圭佑
FW 11三島 康平

選手名
キム チョルホGK 21
福田 俊介DF 28
青木 翼DF 5
飯野 七聖DF 22
窪田 良MF 8
坂井大将MF 50
田中 稔也MF 14
渋谷 洋樹
布 啓一郎

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・相手に対して、冷静に、しっかり整理してゲームに入ろう。
・前に入っている時、後ろの選手はオーガナイズをしっかりと。
・チャンスを仕留めよう!
[ 布監督(群馬) ]
・首位の熊本に対して絶対に後悔しないゲームにしよう。
・思い切ってやろう。
・自分勝手になるな、チームになろう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日は朝から非常に雨の強い中、ファン・サポーターが来ていただけるかなと思いましたが、この状況の中でも来ていただいた3,000人以上の方々に勝利を届けるという思いを肝に命じて、選手をピッチに送り出して、失点した中でも最後まで足を止めずに勝利を届けられたことは、普段のトレーニングからしっかり向き合ってやってくれていることが、このような結果になって、皆で喜び合えたことは、本当に良かったと思います。
ゲームについては、群馬さんのきっちりとした守備、守備から攻撃という強みを最初、我々が受けてしまったことは、今後においても絶対やってはいけない失点を相手に与えてしまいました。その中で選手たちがどのように取り返すかというところを見ていましたけれども、勇気を持ってボールを動かして、チャンスを伺って、もちろんコーチ陣とも話して、どこが何がおかしいか言いながら、ピッチにそれを伝えて、選手がそれを遂行して、前半1点得たことで、我々は回復したと思います。後半はどちらに転ぶか分からないゲーム展開でしたが、少し立ち位置を変えて、守備のところも中を使われないようにして、少し落ち着いて、そこから少しペースを掴めて得点しました。本当にビッグピンチを皆が体を張って、ファイトして、群馬さんの猛攻を耐えて、しっかり勝ったことは、次の天皇杯に鳥栖さんと戦いますが、次に繋がるゲームにしなければならないと強く思いました。ただ、ゲーム展開の中で、もっとやらなければいけないことがあると感じたゲームだったので、一つ一つ高みを目指して、我々は自分たちがどのようにトレーニングをして臨むかということにフォーカスしてやっているので、次に向けてしっかり準備していきたいと思います。
[ 北村選手 ]
失点は反省しなければいけないが、もう一度締め直して、一致団結して勝利に結びつけることができて良かった。
(1点目について)ボールを受ける前に高瀬選手と目が合って、受けれるポジションがあって、相手の選手の足に当たって変わり、近くに当てようと思っていたら、コースを狙うことができて良かった。
(2点目について)中盤のパス交換が良いリズムで、田村選手からボールが上がってくる時に、一瞬こちらを見てたので、絶対決めてやろうと思った。
常にゴールを意識するよう心がけているが、皆からの良いパスが来ているので得点できている。運動量と狭い所でのパススピードを武器にしているが、まだ満足していないので、シーズンが終わった時にどれだけ得点を取れているか、チームが昇格しているかが大事。常に新しいことにチャレンジしよう、自分たちは常にチャレンジャーという気持ち。勝っている時も苦しい時も、サポーターの皆さんはいつも応援してくれるので、一緒にカモンロッソをして昇格したい。
[ 山本選手 ]
今日はピッチコンディションがあまり良くないなか、今週やってきたことをどれだけやり抜くかを、チームで話をして、チームがやれたことが結果に繋がった。チームが一つになれたことが大きい。普段からトレーニングの中で、自分ができるところと、DFにまかせることの割り切り、自分が行く、DFが行くというところをはっきりさせれば、自分がセーブするシーンで自由にさせないことをやってくれている。サポーターは熱い応援をしてくれるので、スタジアムに来ることは楽しみだし、熱い気持ちに恩返しができればと思う。一喜一憂せず、明日から気持ちを切り替えて臨みたい。
[ 高瀬選手 ]
古巣との対戦とあってテンションが上がって試合に入り、得意な形で得点を演出できて良かった。相手のカウンターが速く、上がって戻るのにも運動量を使ったが、チーム全体で守れて良かった。中山選手とのコンビネーションで左サイドを崩す、自分たちの形でいつもやりたいと思っていた形で崩すことができた。工夫をして崩して結果を出すことができた。
[ 上村選手 ]
自分たちの時間もあったが、失点してしまった。相手の一発、相手の圧力に気をつけたが、スカウティングできていた分、対応することができた。自分がボールを持ったら田村選手を狙うというところは狙い通りにできた。
相手のパワーが強かったが、チーム全体で身体を張って守ることができた。
次戦は天皇杯、J1の鳥栖相手にどれだけ自分たちをサッカーができるか楽しみ。
[ 田村選手 ]
チームとして、勝てば首位キープできるということで、先週ホームで悔しい思いをしたので、勝てて良かった。チーム全体でしっかり戦うことができた。
ここ何試合かスタメン外れて悔しい思いしたが、練習から取り組んで、スタメン出て、結果を出せてよかった。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.