MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 12節

2019年6月15日(土)
18:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 FC東京U-23
1 - 2
0 前半 0
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
11分
[警告]
森田 慎吾
  後半
09分
[交代]
常盤 亨太(out)⇒内田 宅哉(in)
岡本 知剛 後半
14分
[得点]
 
  後半
26分
[交代]
宮崎 幾笑(out)⇒小林 里駆(in)
  後半
28分
[得点]
原 大智
佐野 翼(out)⇒三島 康平(in) 後半
30分
[交代]
 
  後半
31分
[得点]
久保 征一郎
中山 雄登(out)⇒八久保 颯(in) 後半
36分
[交代]
 
高瀬 優孝(out)⇒田村 翔太(in) 後半
40分
[交代]
 
上村 周平 後半
44分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 21.5℃/56%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,161人
主審 宇田 賢史
コミッショナー 松木田 法二
副審 緒方 孝浩、御厨 貴文
第4の審判 宮原 一也
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 3小笠原 佳祐
DF 39鈴木 翔登
DF 24高瀬 優孝
MF 14中原 輝
MF 31岡本 知剛
MF 8上村 周平
MF 27中山 雄登
FW 17佐野 翼
FW 13北村 知也



選手名
野澤 大志ブランドンGK 41
中村 拓海DF 22
大森 理生DF 53
岡 哲平DF 47
森田 慎吾DF 49
品田 愛斗MF 44
常盤 亨太MF 50
平川 怜MF 40
宮崎 幾笑MF 19
原 大智FW 24
久保 征一郎FW 52
選手名
GK 1畑 実
DF 5植田 龍仁朗
DF 23小谷 祐喜
MF 16田村 翔太
MF 19八久保 颯
MF 25田辺 圭佑
FW 11三島 康平

選手名
飯塚 欣士GK 51
沼田 航征MF 54
ナッタウットFW 31
内田 宅哉MF 28
小林 里駆MF 38
    
    
渋谷 洋樹
長澤 徹

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・最後のところを走れるか。走り切ること。
・勝利を掴み取る為にも全員でハードワークを!
[ 長澤監督(FC東京U-23) ]
・立ち上がり、しっかり入る。
・アグレッシブに戦う。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日も4,000人以上のファン、サポーターが来ていただいたにも関わらず、残念な結果を見せてしまった事を本当に申し訳なく思いますし、本当に勝利をみんなで分かち合いたかったですが、私自身、残念な気持ちを思うと同時に非常に悔しい敗戦でした。ここまで6連勝で、ホームで相模原さんと戦ってから負けなしでずっときていて、今日の負けというのは、本当に負けることは悔しいことだと改めて自分は感じたので、選手にも伝えましたが、やはり負けるということは非常に悔しいということを、ここでもう一度確認して、本来であればその経験をすることは必要ないかもしれませんが、今日の負けが、チームが強くなって、トレーニングで自分達に向き合って、しっかりトレーニングをして、次の試合に向かっていきたいと思います。
ゲームについては、チャンスもしっかり作り出していました。ゴールが決まらない中で、焦れずにやろうということと、しっかり勝ち切ろうとやっていて、動かしながら点を取ったのですが、その後の振る舞い、点を取った後ももっと攻撃的なポジションを取ったり、ボールをしっかりと保持していくこと、守備ではしっかりと構築して4-4-2というところは、しっかりとしたポジショニングを取ることが重要だとすごく感じたので、選手にも伝えましたが、そこがしっかりコントロールできなかったのは私自身の責任だと感じています。ただ、今日の負けが、今日がダメだった訳ではなく、普段のトレーニングもしっかり抜かずに精一杯取り組んでいますが、まだ足りない部分があるんだと私も選手も思ったと思いますので、これからも目の前の相手を倒す為に、しっかりとした準備をして、戦っていきたいと思います。今日、観戦に来ていただいた方に、勝利を届けられなかった事については申し訳なく思います。
[ 中原選手 ]
連勝もあって、2位の北九州との勝ち点差を考えると、ホームなので勝ちが必要だったので、痛い敗戦です。後半1-2の場面で、チャンスがあった中で決め切れなかった。前節からスタメンで出場するようになって、右サイドで時間を作ったり、ドリブルで新しいことを証明する為にも、思い切りプレーすることを心がけた。チームが勝つ為にも最善なプレーをする、個人邸にはゴールが必要なので追求したい。
[ 岡本選手 ]
(得点シーンは)あのポジションに入っていくように、チームから求められていて、入っていってラッキーなゴールではあったが、得点できて良かった。1点取って引いてしまって、あのような結果になってしまったので、練習から改善するようにやっていきたい。ここ結果を踏まえて、次戦同じミスをしないように、勝てるようにやっていきたい。
[ 上村選手 ]
先制点を取れたが、相手の時間を増やしてしまったのがよくなかった。自分達のサッカーをやり続ければ違う展開になったと思う。もっともっとやれたと思うので、反省をして、練習して、次の試合にのぞみたい。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.