MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦

2019年5月26日(日)
13:00キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ヴェルスパ大分
2 - 0
0 前半 0
2 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
高瀬 優孝 後半
12分
[得点]
 
  後半
16分
[交代]
井上 翔太郎(out)⇒村田 勉(in)
  後半
16分
[交代]
本多 琢人(out)⇒中村 真人(in)
  後半
20分
[警告]
高橋 宏季
高瀬 優孝(out)⇒小谷 祐喜(in) 後半
26分
[交代]
 
小谷 祐喜 後半
31分
[得点]
 
  後半
37分
[交代]
西村 大吾(out)⇒鍔田 有馬(in)
田辺 圭佑(out)⇒八久保 颯(in) 後半
38分
[交代]
 
田村 翔太(out)⇒坂本 広大(in) 後半
42分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 31.1℃/20%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 1,456人
主審 矢野 浩平
コミッショナー 井上 勝博
副審 津野 洋平、河野 航大
第4の審判 圓谷 貴夫
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 3小笠原 佳祐
DF 39鈴木 翔登
DF 24高瀬 優孝
MF 16田村 翔太
MF 25田辺 圭佑
MF 8上村 周平
MF 27中山 雄登
FW 13北村 知也
FW 17佐野 翼



選手名
姫野 昂志GK 1
清水 大輔DF 17
福元 考佑DF 16
坂本 和哉DF 2
西村 大吾MF 4
高橋 宏季MF 26
瓜生 昂勢MF 10
林田 隆介MF 22
塚田 翔悟MF 13
本多 琢人MF 5
井上 翔太郎FW 32
選手名
GK 35内山 圭
DF 7片山 奨典
DF 23小谷 祐喜
MF 14中原 輝
MF 15坂本 広大
MF 19八久保 颯
FW 11三島 康平

選手名
西岡 佑馬GK 20
永冨 誠也MF 6
鍔田 有馬MF 9
利根 瑠偉MF 11
村田 勉MF 30
中村 真人FW 18
長谷川 覚之FW 39
渋谷 洋樹
須藤 茂光

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・守備面では相手が下げたらプレッシャーをかけること。
・攻撃面ではギャップをつくろう。
・足を止めない、声を掛け合ってサポートしよう!
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日は暑い中、ヴェルスパ大分さんの選手も我々の選手もタフに戦って、1,456人のお客さんもスタジアムに来ていただき、暑い中、来ていただいた方々がどのように見られたか分かりませんが、非常にタフに戦ったゲームで勝利を収められて、また2回戦に進めたこと、1週間しっかり準備をして戦いに挑んで勝てたことは、選手・スタッフに本当に感謝したいと思います。またファン、サポーターの方々が今日も応援してくださったことを嬉しく思いますし、感謝しています。
ゲームに関しては、ヴェルスパ大分さんのゲームは映像でも見ていたのですが、守備のところを最後まで粘り強く戦う、スライディングする、体をつけるなど、守備に関しては非常にタフに戦ってくるチームだと分かっていたので、なかなか前半は良い形で攻撃のイメージが共有できなかったことや、質がなかったりして、相手の怖がるプレーがなかったのですが、後半得点を取る前まで、やはりボールをしっかり動かしてチャンスをたくさん作れていたので、どこかで点数が入るかと思いましたが、なかなか天皇杯で最後をこじ開けるのは難しいと思っていたので、高瀬選手のクロス気味のボールがポストに当たって入ったことは、それまでにチャンスを作っていたことがその恩恵であそこにボールが入ったのではないかと思います。2点目はやはりチャンスを作り出して、コーナーキックから点数が入ったということは、セットプレーで得点が入れば、複数得点になると思います。これからいつも、コーチ、選手で話をして、攻撃や守備をしっかり積み上げて、今日、天皇杯が終わって、これから6月はリーグ戦なので、そこに向けて繋げられたこと、天皇杯2回戦に進めること、これが今日勝利をしたことによって繋げていきたいと思いますので、これは選手、スタッフがしっかりと次の北九州戦に向けて良い準備をして、迎えたいと思います。
[ 高瀬選手 ]
(得点について)クロスを狙ったが、ゴールに向かった姿勢が入ったと思うので良かった。試合展開的に1点目が遠かったし、先制点が欲しかったので、楽になったと思いました。相手の立ち位置が変わっていたので、前半出た課題、スペースを突くなどの共有をして、周りの助けを借りて、特徴を出せるようにと後半は多めに出せた。
[ 小谷選手 ]
得点が取れたことは嬉しかったが、試合はまだあって、2-0はリーグ戦で逆転されているので、気を引き締めて入った。天皇杯で勝って、J1チームと戦えるので、自分達のサッカーがどれだけ通用するのか試してみたい。サポーターにはいつも力強い応援をもらって、しっかり戦えているので、受け止めて頑張りたい。相手がパワープレー気味で攻めて来たので、跳ね返して、マイボールで落ち着かせるようにという指示で、意識してゲームに入った。相手はヘディングが強い選手がいたが、セカンドボールを拾える感じはあった。
(得点について)コーナーキックで越えてきたボールにシュートチャンスもあったが、ミートできず、こぼれ球が北村選手に当たって、おそらく落として来たが、気持ちで押し込んだ感じ。綺麗なゴールではないが、イメージ通り。1点リードした中、追加点が取れて心強くなって、2-0で終わらせることができて良かった。少しずつ信頼を積み重ねていけるよう頑張っていきたい。
[ 上村選手 ]
連勝できているが選手間でもっと良くできると話しているので、もっと全体的に質を高めていきたい。後ろでボールを持てたので、フリーで受けることができたが、プレースピードをもっと上げていきたい。徐々に結果が出てきているので、一人一人自信を持ってできているが、完璧に相手を崩すことができているわけではないので、トレーニングからこだわってやっていきたい。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.