MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 5節

2019年4月7日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 SC相模原
2 - 3
1 前半 0
1 後半 3

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
佐野 翼 前半
01分
[得点]
 
  前半
35分
[交代]
ミルトン(out)⇒小田島 怜(in)
  前半
37分
[警告]
ジオヴァンニ
田村 翔太 後半
07分
[得点]
 
  後半
09分
[交代]
ジオヴァンニ(out)⇒上米良 柊人(in)
  後半
10分
[得点]
上米良 柊人
  後半
14分
[得点]
ジョン ガブリエル
中山 雄登(out)⇒田辺 圭佑(in) 後半
17分
[交代]
 
坂本 広大(out)⇒中原 輝(in) 後半
18分
[交代]
 
  後半
27分
[得点]
上米良 柊人
  後半
40分
[交代]
伊藤 大介(out)⇒千明 聖典(in)
原 一樹(out)⇒北村 知也(in) 後半
40分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 24.0℃/31%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 8,226人
主審 國吉 真吾
コミッショナー 久留米 浩次
副審 坂本 晋悟、山口 大輔
第4の審判 坂本 隆史
記録員 山田 清

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 39鈴木 翔登
DF 3小笠原 佳祐
DF 24高瀬 優孝
MF 16田村 翔太
MF 31岡本 知剛
MF 27中山 雄登
MF 15坂本 広大
FW 17佐野 翼
FW 9原 一樹



選手名
浅沼 優瑠GK 21
ミルトンDF 8
丹羽 竜平DF 15
梅井 大輝DF 5
川上 盛司MF 23
梶山 幹太MF 7
末吉 隼也MF 19
阿部 巧MF 24
ジオヴァンニFW 10
伊藤 大介FW 39
ジョン ガブリエルFW 9
選手名
GK 35内山 圭
DF 5植田 龍仁朗
DF 29衛藤 幹弥
MF 8上村 周平
MF 14中原 輝
MF 25田辺 圭佑
FW 13北村 知也

選手名
田中 雄大GK 1
小田島 怜DF 25
稲本 潤一MF 6
川上 エドオジョン 智慧MF 14
上米良 柊人MF 26
水野 晃樹MF 29
千明 聖典MF 38
渋谷 洋樹
三浦 文丈

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・ラインコントロールをこまめに。ラインを下げないこと。
・攻撃面では背後を意識しよう。
・粘り強く戦い、勝って終われるようにハードワークを!
[ 三浦監督(相模原) ]
どんなボールでもゴールにねじ込む強い気持ちでいこう!
まずは1点。それで逆転するぞ!
そのためにシュートを打っていこう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日は復興支援マッチに8,000人以上の方々が来られた中で、勝利を届けられずに、我々の不甲斐ない結果を見せてしまったことに私自身すごく責任を感じています。選手達は最後まで粘り強く戦ったことは良かったと思いますが、我々が2-0のゲームで3点取られて逆転されたことは、非常に大きな敗戦だとすごく思っています。ゲームコントロールの部分も私自身が選手達にしっかり伝えて、ゲームをしっかりコントロールして、最後しっかり締めるという形に持っていかないといけないと自分自身すごく反省していますし、今後はそこをしっかりやれるように、トレーニングの中で意識してやっていきたいと思います。得点を取るところはイメージ通りの形が出たので、それを続けること、その後のゲームコントロール、しっかりとした守備のオーガナイズ、奪われた後の切り替えは、より高めなければいけないゲームでした。今日は言い訳なしで、勝利を届けようと皆がいた中で負けてしまったことは申し訳ないですし、ファン・サポーターの方々にはまたスタジアムに来ていただいて応援をぜひお願いしたいと思います。
[ 佐野選手 ]
非常に悔しい結果で、切り換えるのが大変ですが、リーグ戦は長いし、このような試合はいつか来るので、今日できなかったことをトレーニングから取り組んでいって、勝てるチームになりたい。初ゴールは嬉しいし、ほっとした部分が大きい。今日はチームで立ち上がりからいこうと言って、幸先よく点を取って、勝てれば良かったが、逆転負けをしたので、もう1〜2点、前の選手が取れれば良かったので、もっと点を取れるチームにならなければと思う。(得点について)坂本選手は前に抜ける選手で、クロスが上がってくると思って、良いボールが来て、とりあえずボールに当てようと思っていたら、コースも良く、ゴールが決まって良かった。昨年は個人としても出場時間が確保できなかったが、今シーズンはスタメンで出て、まず今日結果を残せたが、1点では物足りないので、もっと点を取って、先発に定着したい。
[ 田村選手 ]
たくさんのお客様が来た中で、勝って喜びたかった。県民の皆さんをサッカーで元気にすることを発信するチャンスだったが、できずに残念です。皆さんと同じように選手も感じているし、次のゲームに向けて切り替えたい、(得点について)中山選手から良いパスが来て、GKより先に触れたので良かった。2試合連続ゴールは、同じ方向でトレーニングができていて、良いパワーでゴールを決めれたと思う。子どもも産まれて、より一層家族のために頑張りたい。皆さんが思っている結果ではないが、続けて結果を出して行けるよう、良い準備をしていきたい。
[ 鈴木選手 ]
チームとして2点リードして、2-0もしくは3点目を取りにいかなければいけないゲーム。今日は熊本の皆さんに勝利を届けなければいけない思いでゲームに入ったが、結果は申し訳ない。前を向いて切り替えてやっていきたい。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.