MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 4節

2019年3月31日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 いわてグルージャ盛岡
1 - 0
0 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
岡本 知剛 前半
20分
[警告]
 
黒木 晃平(out)⇒衛藤 幹弥(in) 後半
07分
[交代]
 
  後半
13分
[交代]
薮内 健人(out)⇒谷口 海斗(in)
田村 翔太 後半
20分
[得点]
 
中山 雄登(out)⇒田辺 圭佑(in) 後半
26分
[交代]
 
  後半
28分
[交代]
吉田 直矢(out)⇒宮市 剛(in)
  後半
42分
[交代]
梅内 和磨(out)⇒菅本 岳(in)
佐野 翼(out)⇒北村 知也(in) 後半
44分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム いわぎんスタジアム
[AWAY]
天候 雪、無風
気温/湿度 1.5℃/90%
ピッチ 良芝、水含み
入場者数 708人
主審 川俣 秀
コミッショナー 植村 金造
副審 小出 貴彦、松本 康之
第4の審判 西川 和樹
記録員 藤原 蓮

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 39鈴木 翔登
DF 3小笠原 佳祐
DF 24高瀬 優孝
MF 15坂本 広大
MF 31岡本 知剛
MF 27中山 雄登
MF 16田村 翔太
FW 17佐野 翼
FW 9原 一樹



選手名
土井 康平GK 1
木下 高彰DF 2
福田 友也DF 3
深井 脩平DF 22
鈴木 達也MF 24
吉田 直矢MF 19
嫁阪 翔太MF 14
麦倉 捺木MF 7
梅内 和磨FW 13
菊池 将太FW 9
薮内 健人FW 11
選手名
GK 35内山 圭
DF 5植田 龍仁朗
DF 29衛藤 幹弥
MF 8上村 周平
MF 14中原 輝
MF 25田辺 圭佑
FW 13北村 知也

選手名
笠原 淳GK 31
米原 祐DF 4
菅本 岳MF 8
廣田 隆治MF 17
江頭 一輝MF 20
谷口 海斗FW 10
宮市 剛FW 18
渋谷 洋樹
菊池 利三

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・守備面では、相手に対して厳しさを持ってプレーしよう。
・攻撃面では、予測と1歩、2歩でも早く前へ。ゴール前ではなだれこんでいこう。
・いろんな状況で難しさはあるが、今日のゲームに勝つためにはハードワークを!
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
大雪の中、我々が試合を開催できるのは、いわてグルージャ盛岡さんのクラブスタッフ、ボランティアの方々、たくさんの学生の方々が、グランドを整備してくれて、今日開催できたことを凄く感謝しています。また、熊本地震と東日本大震災での復興記念試合ということで、被災を経験した選手も数名いますし、今サッカーができている喜びを持って、今日は選手達がやってくれたのではないかと思います。今日の試合は我々ロアッソ熊本の選手達、盛岡の選手達もこの雪の中、普段そのような中でやっているイメージがない中で、両チームともアグレッシブな戦いを見せたということは、私自身、印象に残るゲームになりました。その中で今年なかなか勝てずにシーズンを3試合過ぎて、今日ここで勝利できたこと、これをしっかりときっかけにして、この後、上を目指して戦っていきたいです。それは今日、バスが到着した時に、我々ロアッソ熊本のファン、サポーターがあれだけの応援をしていただいたので、その方達に恩返しができたと思うので、今度はホームでしっかり勝利をして、ファン、サポーターの皆さんと喜びたいと思います。
[ 田村選手 ]
移籍してきて早く結果を出したかったし、前節は途中交代で悔しさもあったので、自分のゴールで勝利することができて良かった。難しいピッチ状況でも全員が一丸となって気持ちがまとまっていたことが良かった。DFの選手の頑張っている姿や、鈴木選手を中心に声を出して、体を張ることができて良かった。今日は難しくなるので、割り切るところは割り切ろうとグランドで選手達で言っていた。経験豊富な原選手や岡本選手がピッチで声を出してくれてプレーできた。次はホームで勝ちたいし、勝点3を皆で味わいたいので、良い準備をしたい。今日はサポーターの皆さんが、遠くまで応援に来てくれて、この天候の中、応援してくれたことがパワーになって、90分戦うことができたので、次はホームで喜ばせたい。
[ 岡本選手 ]
今日は割り切るところ、球際、戦う、走るというサッカーの根本的なところをやるということを伝えながらプレーした。結果が出て良かった。
[ 鈴木選手 ]
ピッチコンディションが雪でボールの軌道なども読めなかったが、守備でのラインコントロールはこまめに話しながらプレーした。ボランチの選手と話しながら、対応できるシーンもあったが、前の選手が追ってくれたので、追加点を取れれば良かったが、守備を0点で守れた結果は良かった。今日はサポーターの皆さんが寒い中、来てくれて、ホームかと思わせてくれて、勝点3を取れたことが嬉しかった。次はホームで勝ちたい。
[ 衛藤選手 ]
ピッチコンディションでやることがはっきりしていたので、デビュー戦だったが、緊張より、点が入って守りきることを意識してプレーした。デビュー戦としては良かったと思う。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.