MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 3節

2019年3月24日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 カマタマーレ讃岐
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
田村 翔太(out)⇒中原 輝(in) 後半
13分
[交代]
 
佐野 翼(out)⇒伊東 俊(in) 後半
15分
[交代]
 
  後半
25分
[交代]
福家 勇輝(out)⇒木島 良輔(in)
  後半
27分
[交代]
西 弘則(out)⇒渡辺 悠雅(in)
  後半
34分
[交代]
林 友哉(out)⇒重松 健太郎(in)

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 14.8℃/22%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,340人
主審 佐藤 誠和
コミッショナー 宮田 文彦
副審 津野 洋平、松尾 明徳
第4の審判 河野 航大
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 39鈴木 翔登
DF 3小笠原 佳祐
DF 24高瀬 優孝
MF 16田村 翔太
MF 27中山 雄登
MF 8上村 周平
MF 15坂本 広大
FW 17佐野 翼
FW 9原 一樹



選手名
清水 健太GK 1
柳田 健太DF 20
竹内 彬DF 30
麻田 将吾DF 5
荒堀 謙次DF 4
佐々木 渉MF 14
西 弘則MF 23
池谷 友喜MF 17
林 友哉MF 27
森川 裕基MF 11
福家 勇輝FW 21
選手名
GK 35内山 圭
DF 4酒井 崇一
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 10伊東 俊
MF 14中原 輝
MF 25田辺 圭佑

選手名
瀬口 拓弥GK 24
ペ スヨンDF 3
武田 有祐DF 22
渡辺 悠雅MF 28
中村 亮MF 29
重松 健太郎MF 19
木島 良輔FW 33
渋谷 洋樹
上村 健一

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・後半、もう一度集中を高めること。やるべきことをやること。
・出したら動くをやり続けること。
・最後はシュートで終わろう。前半の倍ぐらいシュートを打とう!
[ 上村監督(讃岐) ]
・0−0でよく耐えている。
・中盤の距離をコンパクトにしよう。
・全体の距離感をもう一度、みんなで合わせよう!
・それぞれが自信を持って、落ち着いてやっていこう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
リーグ戦も第3節で我々の成績が1分1敗という中で、今日も4,300人以上の方々がスタジアムに来ていただきましたが、我々が勝点3を取れなかったことは非常に残念ですし、選手の頑張りが勝点3に繋げられなかったのは私自身、責任を感じています。讃岐さんは2連勝して勢いよくくるだろうと、我々はこのゲームに対して危機感を持って臨みました。J3リーグは試合数が少ない中で、勝点3を必ず取って、そこから這い上がるというところで非公開を4日間行いましたが、その効果がもしかしたらあって勝点1かもしれないし、それがなくて勝点1だったかもしれないし、残念なゲームになりました。ただ、選手達は今日もファン、サポーターの後押しを受けながら、最後まで走りきってやってくれたので、次に繋がるゲームになったと私自身は思っています。次は必ず勝点3を取ることを選手達としっかり意思統一して頑張っていきたいと思います。
[ 小笠原選手 ]
個人的にはデビュー戦だったが、チームが2戦勝っていないので、何としても勝たせたいと思っていたので、デビュー戦だと意識せずに臨みました。今年は守備で無失点のこだわりを言い続けているので、後ろの選手は最低限の役割はできたが、コーナーキックやフリーキックから得点を決められる選手にならないといけない。今日は自分が貢献できたというよりは、周りの選手達が合わせてくれたので守れたのかなと思います。ホームでデビューできたことは感慨深いものがあったが、緊張はしなかった。アップ前のHIKARIを聞いて鳥肌が立ったし、あれだけのたくさんの方々に応援されていると感じた。チームが勝つことが一番なので、J3優勝というミッションのために、自分の持っているものを出して頑張りたい。
[ 鈴木選手 ]
勝たないといけなかったし、ホームなので見にきてくれた方々に勝利を届けたいと思ってゲームに入ったので、少し残念です。小笠原選手がデビュー戦で、チームとしても個人としてもデビュー戦は勝ちで終えたいと思ったが、失点0はポジティブな要素だが、ピンチは0ではなかったので、トレーニングから失点0へのこだわり、日頃の積み重ねがピッチで表現できただけで、勝ってないし、失点0はまだ1試合なので、日頃のトレーニングから見つめていくしかない。勝ち切る力、点を取る、チームとしてトレーニングが必要になる。無失点で終えたことはポジティブだが、得点も0だったので、後半はもっと主導権を持ってやって勝たなければいけない。無失点は継続しながら、どうやって得点を取るか、チームとしてトレーニングで厳しく意識して、しっかりこだわっていきたい。
[ 坂本選手 ]
2試合終えて1分1敗なので、勝ちたいという思いで、チーム全体で1週間、勝利を目指してトレーニングをしてきました。讃岐の指導者やユース時代の同期の選手達と対戦して、何とかして勝ちたいと思っていた。ビッグチャンスもシュートもあったので、決めなければいけなかった。チームとして失点0で抑えられたが、得点を取れていないので、チームの勝利に結び付けられるようなゴールやアシストをしたい。
[ 佐野選手 ]
FWとして点がとれなかったので悔しい。前に行くプレーを自分は得意にしているし、監督からもそこを求められていて、そこはできたと思う。でも結果としてゴールを取れなかったので悔しい。チームに貢献できるプレーをして、チームを助けられるようにしていきたい。
[ 田村選手 ]
前節は負けてしまって、今節勝ちたかったので勝てなくて悔しい。チームの力になりたかったが、後半すぐに交代してしまって悔しい。前半、自分の良さは出せたが、もっと長い時間プレーしたかった。次節に向けて、チーム一丸となって闘うためにいい準備をしていきたい。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.