MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2019明治安田生命J3リーグ 2節

2019年3月16日(土)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 藤枝MYFC
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
25分
[警告]
安藤 由翔
中原 輝 前半
37分
[警告]
 
中原 輝(out)⇒田村 翔太(in) 後半
13分
[交代]
 
  後半
25分
[交代]
大迫 希(out)⇒岩渕 良太(in)
片山 奨典(out)⇒高瀬 優孝(in) 後半
25分
[交代]
 
  後半
30分
[得点]
岩渕 良太
  後半
31分
[警告]
森島 康仁
坂本 広大(out)⇒佐野 翼(out) 後半
35分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
谷澤 達也(out)⇒片岡 爽(in)
  後半
45+2分
[交代]
鈴木 準弥(out)⇒川島 將(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 藤枝総合運動公園サッカー場
[AWAY]
天候 曇のち晴、弱風
気温/湿度 15.9℃/28%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 1,470人
主審 大原 謙哉
コミッショナー 望月 豊仁
副審 山村 将弘、鈴木 渓
第4の審判 影山 大祐
記録員 浅羽 孝政

メンバー表
選手名
GK 22山本 海人
DF 2黒木 晃平
DF 39鈴木 翔登
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 14中原 輝
MF 8上村 周平
MF 25田辺 圭佑
MF 15坂本 広大
FW 10伊東 俊
FW 9原 一樹



選手名
杉本 拓也GK 1
秋山 貴嗣DF 4
浅田 大樹DF 5
秋本 倫孝DF 6
水野 泰輔MF 7
松岡 亮輔MF 30
鈴木 準弥MF 3
大迫 希MF 10
谷澤 達也MF 14
安藤 由翔MF 33
森島 康仁FW 20
選手名
GK 35内山 圭
DF 3小笠原 佳祐
DF 24高瀬 優孝
DF 29衛藤 幹弥
MF 16田村 翔太
MF 27中山 雄登
FW 17佐野 翼

選手名
大畑 拓也GK 21
川島 將DF 22
岩渕 良太MF 8
大竹 隆人MF 13
片岡 爽MF 23
西埜植 颯斗MF 26
谷口 堅三FW 9
渋谷 洋樹
石﨑 信弘

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・守備面では、スライド、ボールに対するプレッシャー、クロスをあげさせないこと。
・すばやく自分から引き出してプレーすること。
・落ち着いてプレーしよう。1対1は負けないこと。
[ 石崎監督(藤枝) ]
・相手のクロスに気をつけよう。
・もっとボールを大事にしよう。
・風に注意。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日も我々のバスが到着した時から、ロアッソ熊本ファン、サポーターの方々に出迎えられ、我々に力を与えていただきましたが、残念ながら敗戦という形を見せてしまったことに申し訳なく思います。我々はアウェイでも勝利をするためにここに挑んできましたが、残念ながら負けてしまったことは、我々の目標を達成するためには痛い1敗ですが、この早い段階で1敗したことで、しっかりと自分達を見つめ直してトレーニングに励んで次に進んでいきたいと思います。
[ 黒木選手 ]
今日の試合に勝つことができず悔しい。1年でJ2復帰しなければいけないので、切り替えてしっかり頑張りたいと思います。ポジションチェンジや試行錯誤しながら難しい試合だったが、相手の素晴らしいゴールが決まってしまった。ボールポゼッションはできたが、もうひと工夫できれば良かったら。連敗しないことが大事なので、頑張りたい。
[ 山本選手 ]
相手の最終ラインに前の選手が張りすぎたゆえに一直線になり過ぎて、パスが読まれやすくなった。最前線の一つ下をうまく使わないと単調なサッカーになる。失点シーンは、攻撃に重点を掛けすぎてラインが高く、センターバックが加担しきれずにロングシュートを打たれてしまった。もっとアラートにならないと狙われるのであれば、かけひきでポジションを下げることもやっていかないといけない。
[ 原選手 ]
チャンスを作ってもらっていたが、決めることができなかったイメージが強い。決めるところで決めることができなかったことがこの結果になった。自分も含め、1本にどれだけ掛けれるかということをしていかなければいけない。動きの流動性が欠いていたので、チームの為にスペースを開けれたり、動き出しが遅かったのかなと思う。チームでもっと話をして、動き出しを早く取ることをやることが大事。
[ 伊東選手 ]
前半はうまくボールを収められず、後半は下りてピックアップすることをやっていたが、自分のところで1枚はがしてなんとかしようと思ったが、最後の精度が失敗していたので、感触はあったが精度を上げなければいけない。前節も含め2試合とも時間を掛けると相手の守備数が多くなると思ったので、シンプルにクロスを上げる、パスだけでなくドリブルで1枚はがしたり、連携で受けるということもしていかないといけない。

2019シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.