MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第40節

2018年11月3日(土)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アルビレックス新潟
3 - 2
2 前半 2
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
伊東 俊 前半
06分
[得点]
 
  前半
22分
[得点]
河田 篤秀
  前半
25分
[警告]
大武 峻
皆川 佑介 前半
25分
[得点]
 
片山 奨典 前半
37分
[警告]
 
  前半
45分
[得点]
カウエ
  後半
17分
[交代]
田中 達也(out)⇒高木 善朗(in)
  後半
22分
[交代]
河田 篤秀(out)⇒ターレス(in)
田辺 圭佑(out)⇒水野 晃樹(in) 後半
33分
[交代]
 
  後半
34分
[交代]
渡邉 新太(out)⇒矢野 貴章(in)
伊東 俊(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
38分
[交代]
 
上村 周平(out)⇒米原 秀亮(in) 後半
41分
[交代]
 
田中 達也 後半
45+4分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム デンカビッグスワンスタジアム
[AWAY]
天候 晴、無風
気温/湿度 17.3℃/56%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 16,479人
主審 鶴岡 将樹
コミッショナー 上條 一正
副審 竹田 明弘、関谷 宣貴
第4の審判 浅田 武士
記録員 佐藤 享子

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 13多々良 敦斗
DF 5植田 龍仁朗
DF 39鈴木 翔登
MF 14田中 達也
MF 25田辺 圭佑
MF 45横山 知伸
MF 8上村 周平
MF 7片山 奨典
FW 11皆川 佑介
FW 31伊東 俊



選手名
大谷 幸輝GK 1
川口 尚紀DF 24
広瀬 健太DF 2
大武 峻DF 44
渡邊 泰基DF 29
カウエMF 32
加藤 大MF 10
戸嶋 祥郎MF 26
渡邉 新太MF 16
田中 達也FW 14
河田 篤秀FW 9
選手名
GK 1畑 実
DF 24高瀬 優孝
MF 22上原 拓郎
MF 32米原 秀亮
MF 50水野 晃樹
FW 17佐野 翼
FW 18巻 誠一郎

選手名
アレックス ムラーリャGK 38
安田 理大DF 3
ソン・ジュフンDF 4
渡邊 凌磨MF 18
高木 善朗MF 33
ターレスFW 11
矢野 貴章FW 19
渋谷 洋樹
片渕 浩一郎

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・チャレンジ&カバーの距離感をしっかりと。
・下がらずに守備をすること。ボール際の戦いもしっかりと。
・前半以上の戦う姿勢を!ゴール、背後、縦への意識をもとう!
[ 片渕監督(新潟) ]
・守備はコンパクトにして、奪いに行くときは迷わず迫ること。
・攻撃は背後を突くことを継続していこう。
・これまで積み上げたことを続けて、18人が手をつなぎ、肩を組んで乗り越えていこう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日、我々ロアッソ熊本のファン・サポーターが新潟まで足を運んでいただき感謝しています。どの試合も毎試合毎試合勝利を届けようと臨んで参りましたが、なかなか結果が出ず、今最下位にいますが、今日勝利を届けられて良かったです。選手が最後まで粘り強く戦えたことが、最後結果となった。その後押しをしてくれたのはファン・サポーターのおかげだと思っています。先週の岡山戦から、練習試合やトレーニングをしっかりして、新潟に乗り込んできましたが、ゲームに入ると相手のプレッシャーや、そこで少し臆病になっている選手がいたり、ミスが発生して失点を招きましたが、最後まで崩れず、しっかり結果を得たことが本当に良かったと思います。良い試合をやっていてもなかなか結果が出ない、悪い試合でももちろん結果が出ないというような形でこのシーズンを過ごしてきましたが、先週もそうですが戦う姿勢、そういうところが重要だと私自身すごく学ばせてもらって、選手には非常に感謝しています。苦しい状況でも毎日日々トレーニングで積み重ねてやっていることが、この結果になった。2018年J2リーグはあと2試合になり、選手たちと共にやるのもあと2週間しかありません。なかなか結果が得られないなかで、選手たちは本当に日々トレーニングに励んでいるので、この最下位にいる状況から上にいけるためにも、必死に戦っていきたいと思います。今日、このビッグスワンの4万人入るスタジアムで、選手たちが躍動できて勝ったことを嬉しく思います。ファン・サポーターの皆様に感謝したいと思います。ありがとうございました。
[ 伊東選手 ]
久しぶりにスタートからの試合だったが、チーム全員で気持ちを入れて戦おうと試合に臨んだ。ピッチがスリッピーだったので、相手のボールコントロールの瞬間を狙っていた。シーズン最後にどんな結果になろうが、残り2試合、目の前の1試合1試合を勝ちにいくだけ。残り2試合勝って、どんなときもチームを後押しし続けてくれているサポーターと勝利を分かち合いたい。
[ 皆川選手 ]
今日は遠い新潟で勝利し、サポーターと勝利を分かち合えて良かった。まだシーズンは続いていますし、残留できることは他力にはなりますが、残り2試合全力で戦いたい。
[ 田中選手 ]
ここまで勝利が遅くなって申し訳ないが、今日は勝つことができてホッとしている。苦しい状況は変わらないし、可能性がある限り、戦い続けなければいけないし、可能性がなくなっても終わりまで戦い抜くことは、自分達の仕事だし、応援してくれる方々がいる限り、戦い抜きます。
入りが良くなかったので、相手がどう出てくるかを把握して、単純な技術ミスもあったので、チームに迷惑をかけていることも感じていたので、後ろが粘ってくれて、取り返すことができて良かった。(得点シーンについて)直前に水野選手から「前にいって点を取ってこい」と自分のポジションチェンジを言ってくれて、前のポジションにて、皆川選手から良いボールが来て、シャドーの位置から飛び出すことができた。利き足ではなかったが入って良かった。全員で取りにいった得点だし、水野選手や皆川選手にも感謝しています。得点がはいった瞬間は嬉しかったが、ホッとした方が大きかった。簡単なミスはなくさないといけないし、ギリギリのところで体を張ってゴールを割らさないというところも多かったので、それを続けていければ勝ちが転がってくると思います。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.