MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2019 シーズンシート ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第38節

2018年10月21日(日)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 水戸ホーリーホック
2 - 3
0 前半 1
2 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
中山 雄登 前半
07分
[警告]
 
  前半
45分
[得点]
ジェフェルソン・バイアーノ
  後半
08分
[得点]
小島 幹敏
米原 秀亮(out)⇒上里 一将(in) 後半
11分
[交代]
 
八久保 颯(out)⇒伊東 俊(in) 後半
11分
[交代]
 
  後半
21分
[交代]
木村 祐志(out)⇒茂木 駿佑(in)
  後半
26分
[交代]
黒川 淳史(out)⇒船谷 圭祐(in)
  後半
27分
[得点]
茂木 駿佑
中山 雄登(out)⇒池谷 友喜(in) 後半
27分
[交代]
 
  後半
31分
[交代]
伊藤 涼太郎(out)⇒岸本 武流(in)
田中 達也 後半
33分
[得点]
 
小谷 祐喜 後半
38分
[得点]
 
  後半
45+5分
[警告]
ジェフェルソン・バイアーノ

ゲーム開催記録
スタジアム ケーズデンキスタジアム水戸
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 23.3℃/35%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,055人
主審 中村 太
コミッショナー 若杉 爾
副審 植田 文平、日高 晴樹
第4の審判 堀越 雅弘
記録員 鯉渕 強海

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23小谷 祐喜
DF 15青木 剛
DF 39鈴木 翔登
MF 14田中 達也
MF 8上村 周平
MF 32米原 秀亮
MF 7片山 奨典
FW 27中山 雄登
FW 9安 柄俊
FW 19八久保 颯



選手名
松井 謙弥GK 50
田向 泰輝DF 2
伊藤 槙人DF 5
細川 淳矢DF 24
ジエゴDF 6
黒川 淳史MF 32
前 寛之MF 8
小島 幹敏MF 26
木村 祐志MF 10
伊藤 涼太郎MF 46
ジェフェルソン・バイアーノFW 9
選手名
GK 1畑 実
DF 24高瀬 優孝
MF 2黒木 晃平
MF 20上里 一将
MF 31伊東 俊
MF 37池谷 友喜
MF 50水野 晃樹

選手名
本間 幸司GK 1
福井 諒司DF 33
船谷 圭祐MF 7
田中 恵太MF 13
茂木 駿佑MF 27
岸本 武流FW 40
バティスタFW 47
渋谷 洋樹
長谷部 茂利

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・ミスがあっても周りの選手がコントロールしよう。顔を下げずにプレーすること。
・自分達から主導権を持ってプレーすること。
・我々の底力を出そう!倒れるぐらい全精力を使うこと。
[ 長谷部監督(水戸) ]
・自分達の良いところを出して勝負しよう!
・点数を取りにいこう!
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日も水戸さんのスタジアムに、我々ロアッソ熊本のファン・サポーターが約150人応援しに来ていただいたにも関わらず、また熊本で我々に勝利を期待しているファン・サポーターに対して、我々が勝利を届けれなかったこと、勝点も届けれなかったことは非常に残念ですし、悔しい思いです。ゲームについては、前半の終わりにあのような形で失点してしまいましたが、その前にボールをもっと自分から引き出してプレーするとか、攻撃のところでもっとイニシアチブをとってプレーするということをずっとこの1年意識してやってきましたが、今のこの状況の中にいるのがそのようにさせているのか、ボールを持つことに臆病になった選手が何人かいたのかなと思います。水戸さんのプレッシャもあったと思いますが、逆にあのようにプレッシャーに来てくれると背後が空いてきたりなどスペースが空いてくるのですが、そこを突けなかったのは、私自身、トレーニングが足りなかったのではないかと思います。今日の負けは私自身の責任だと思います。選手は3点取られても最後まで諦めずに2点を取り返して、その後もう1点取ろうという気持ちが前面に出ていました。我々は5連敗になりましたが、目の前の1戦に向けて、次の岡山戦に向けて、やることをしっかり準備することを意識してやっていきたいと思います。ここで下を向いても仕方がないので、可能性がある限り、残りの試合をしっかり勝利することを意識して戦いに挑みたいと思います。
[ 田中選手 ]
(得点について)ゴールに向かってインスイングであげて、ボールが高すぎたかなと思ったが結果的にゴールに入って良かった。今日一番良くなかったことは、ボールを受けたところのミスよりもボールを受けようとしないこと。今の順位や相手のプレッシャーはあると思うが、受けない姿勢が一番の問題。相手が前から来ているといってもボールを横につないで、それをかいくぐればビッグチャンスになる。失点の場面は、受けようとしないメンタルのミスだと思う。
[ 佐藤選手 ]
前節の讃岐戦は堅いゲームで、今日のゲームは自分達がトライするという中でボールをつないでやってきたが、前半はそこまで悪くなかったし、相手のプレスを感じる中でボールを動かそうという意志はあり、チームとしての技術はとれなかったが、そこから崩れることなく、PKはあったが我慢強くやれた。後半は守備がゆるくなった部分で失点した。人はいるが止めにかなければいけない。もっと自分から引き出してコントロールできたという選手もいるし、自分はGKなのでもっと声でコントロールできればよかったのかもしれない。今日は勝てなかったが、3失点してから2点取って、最後まで諦めない姿は表現したと思う。
[ 小谷選手 ]
ボールを持ってプレッシャーの中でもはずしてかわすことをトレーニングから取り組んできたが、試合でミスはあるが、一つのミスで全体が消極的になって、その選手に対してプラスになる、ミスしても大丈夫という声かけがチームとしてできなかったし、自分もその役割をしなければいけなかったので、ゲームが終わったら何でも言えるが、試合の中でやらなければいけなかった。2失点目は中央に進入してくる選手に対して、どこかでいかなければいけなかったが、簡単に中に入られてしまったのに見てしまったことが問題だった。後半、上里選手が入って、左右でしっかり攻撃できることによって、相手を揺さぶれたので、それを前半からもできたと思うので、ボランチを使ってワンタッチやツータッチで逆サイドの展開が作れたので、外から見ていた選手が感じたことをやってくれたのでできたと思う。ヘッドダウンする時、要求する声を出すことによって、イメージが出ることになるので、できずにマイナスのプレーが出たと思う。メンタル面は1試合にかける部分が大きいが、そのプレッシャーはチーム全体でトレーニングから声をかけてやっていきたい。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.