MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2019 シーズンシート ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第35節

2018年9月30日(日)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 京都サンガF.C.
0 - 4
0 前半 2
0 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
17分
[得点]
本多 勇喜
  前半
20分
[得点]
田中 マルクス 闘莉王
八久保 颯(out)⇒伊東 俊(in) ハーフタイム

[交代]
 
  後半
10分
[警告]
仙頭 啓矢
  後半
29分
[得点]
小屋松 知哉
  後半
32分
[交代]
小屋松 知哉(out)⇒金久保 順(in)
  後半
36分
[得点]
田中 マルクス 闘莉王
黒木 晃平(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
37分
[交代]
 
中山 雄登(out)⇒上里 一将(in) 後半
37分
[交代]
 
  後半
38分
[交代]
田中 マルクス 闘莉王(out)⇒レンゾ・ロペス(in)
  後半
39分
[交代]
重廣 卓也(out)⇒黒木 恭平(in)

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 曇、強風
気温/湿度 22.4℃/65%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 3,429人
主審 池内 明彦
コミッショナー 井上 勝博
副審 イ サンギ、塩津 祐介
第4の審判 村上 孝治
記録員 山田 清

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23小谷 祐喜
DF 15青木 剛
DF 4園田 拓也
MF 14田中 達也
MF 27中山 雄登
MF 8上村 周平
MF 2黒木 晃平
FW 19八久保 颯
FW 11皆川 佑介
FW 9安 柄俊



選手名
清水 圭介GK 21
田中 マルクス 闘莉王DF 4
本多 勇喜DF 6
染谷 悠太DF 15
牟田 雄祐DF 17
石櫃 洋祐DF 30
重廣 卓也MF 8
仙頭 啓矢MF 14
小屋松 知哉MF 22
庄司 悦大MF 44
カイオFW 20
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 5植田 龍仁朗
DF 45横山 知伸
MF 20上里 一将
MF 31伊東 俊
MF 50水野 晃樹
FW 18巻 誠一郎

選手名
若原 智哉GK 34
宮城 雅史DF 3
黒木 恭平DF 39
ジュニーニョMF 31
金久保 順MF 41
レンゾ・ロペスFW 9
岩崎 悠人FW 13
渋谷 洋樹
ジュロヴスキー

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・次の1点が勝負になる。
・勇気を持って、自分からプレーすること。皆で声を掛け合おう。
・相手のカウンターのマネジメント、セカンドボールへのチャレンジ&カバーをしっかりと!
[ ジュロヴスキー監督(京都) ]
・イージーなミスをなくそう。
・クロスをしっかり合わそう。
・3点目を取りにいこう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日は台風が通り過ぎたなかで、我々ロアッソ熊本の関係者の方々、ボランティアの方々、まずはこの試合が実施されるための準備をしていただき、ありがとうございます。本来ならこの大雨で準備が難しいところで、しっかりとゲームができたことに感謝しています。また、今日は悪天候のなかでも、ファン・サポーターの方が来場いただいて、我々に力をということで応援していただきましたが、0-4というあってはならない結果で、本当に申し訳なく思いますし、足を運んでいただいた方には落胆させるゲームで、私自身も責任をすごく感じています。選手達はこの緊張感のなか、残留争いという目の前の相手に勝って、勝点3を積み上げて(京都と)勝点1差にして残り7試合と挑みましたが、残念ながらこのような結果になったのは私自身すごく責任を感じます。まだリーグ戦は最後まで毎試合何が起きるか分からないなか、またそれを起こすためにも、今日のこのような試合は見たくないし、ファン・サポーターの方にも見せたくないですし、とにかく我々が前を向いて、上を向いてやるしかないので、ここで怯んだり、くじけたりして、やるべきことをやらなければ、勝ちは来ないので、明日からしっかりトレーニングに励んで、次は千葉さんとまたホームですので、今日来られた方、来週来られる方に勝利を届けるために、しっかりとした準備をしていきたいと思います。今厳しい状況がさらに厳しくなりましたが、我々は下を向かず、ラスト7試合巻き返せるようなゲームを必ずできるようにしっかり準備をしていきたいと思います。
[ 安選手 ]
チームとして大事な1戦という気持ちで臨んで、ホームでこのような結果で悔しいし、今日、台風の中でも来てくれたサポーターや、いつも応援してくれた方々に申し訳ない。入りの10分は勢いを持ってやれたが、先制点を取られた後から、少しチームとして硬さが出て、あまりリズムが出ない中で追加点を取られた。ある程度ボールを運べたが、相手のブロックの中を突破するだけの工夫が足りなかった。まずはチームとして、もう1回メンタル的に立ち直らなければいけない。
[ 田中選手 ]
結果が勝ちに繋がらず残念。絶対勝ちが必要だったのに勝てず、今は受け入れられない気持ち。最後の精度が足りないのかもしれないが、足りないでは終わらせない。攻撃は強さもあったが、今日は結果が必要だったので、今は何も考えられない。自分の強みは得点に繋がるプレーだと思うが、できず、勝ちに繋がらず残念。泥臭くても勝点3が必要なので、そのためにも体を張って守って、体を張って点を取れるよう頑張りたい。
[ 上村選手 ]
立ち上がりはチーム全体としてやれたが、失点してからはやれなかった。相手の陣地で長い時間プレーできていたが、シュートで終われなかったので、シュートに持ち込むシーンもあって良かった。ピッチに立っている以上は、選手全員が勝つという気持ちでやっているが、結果はやってみないと分からないので、そこに向かう気持ちを見せなければいけない。誰かではなく、自分でプレーする気持ちを全員が出していかなければいけない。
[ 小谷選手 ]
絶対勝たなければいけない試合だったし、戦わなければいけない中、100%やったが、このような結果になってダメージがある。勝たなければいけない試合だったので、負けてしまった現実が重くのしかかる。全ての失点において、最後の全員が体を張らなければいけないところで張れていなかったし、そこで負けてはいけなかったと思う。今日の負けにショックはあるが、明日から切り替えて全員で前を向いてやっていかなければいけないし、失点0にしていかないと勝点を積み上げられないので、そこを突き詰めて、トレーニングから厳しく、個人個人でやっていかなければいけない。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.