MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第31節

2018年9月1日(土)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 モンテディオ山形
1 - 2
0 前半 1
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
09分
[得点]
阪野 豊史
  前半
29分
[警告]
安西 海斗
安 柄俊 前半
39分
[警告]
 
中山 雄登(out)⇒伊東 俊(in) ハーフタイム

[交代]
 
伊東 俊 後半
17分
[得点]
 
  後半
21分
[交代]
北川 柊斗(out)⇒中村 駿太(in)
  後半
29分
[交代]
阪野 豊史(out)⇒ブルーノ・ロペス(in)
安 柄俊(out)⇒皆川 佑介(in) 後半
35分
[交代]
 
坂本 広大(out)⇒水野 晃樹(in) 後半
38分
[交代]
 
  後半
42分
[交代]
小林 成豪(out)⇒フェリペ・アウヴェス(in)
  後半
45+4分
[得点]
ブルーノ・ロペス

ゲーム開催記録
スタジアム NDソフトスタジアム山形
[AWAY]
天候 曇、弱風
気温/湿度 21.5℃/89%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 4,866人
主審 鶴岡 将樹
コミッショナー 高橋 信光
副審 眞鍋 久大、岩﨑 創一
第4の審判 大友 一平
記録員 細谷 龍彦

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 15青木 剛
DF 6村上 巧
DF 4園田 拓也
MF 2黒木 晃平
MF 8上村 周平
MF 27中山 雄登
MF 14田中 達也
FW 33坂本 広大
FW 9安 柄俊
FW 20上里 一将



選手名
児玉 剛GK 1
熊本 雄太DF 23
栗山 直樹DF 3
松本 怜大DF 19
三鬼 海MF 4
中村 駿MF 17
安西 海斗MF 20
山田 拓巳MF 6
北川 柊斗FW 27
阪野 豊史FW 11
小林 成豪FW 16
選手名
GK 35内山 圭
DF 13多々良 敦斗
DF 24高瀬 優孝
DF 45横山 知伸
MF 31伊東 俊
MF 50水野 晃樹
FW 11皆川 佑介

選手名
櫛引 政敏GK 21
古部 健太DF 24
西村 竜馬DF 33
本田 拓也MF 14
フェリペ・アウヴェスFW 9
中村 駿太FW 22
ブルーノ・ロペスFW 50
渋谷 洋樹
木山 隆之

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・一つのプレースピードを意識すること。
・リスクマネジメントをしっかり続けよう。
・シュートを打つ、セカンドボールに対して足を止めないこと。
・粘り強く戦おう!
[ 木山監督(山形) ]
・プレッシャーを掛けていく努力をしよう。
・攻撃は最後までやり切ることを徹底しよう。
・一点では足りない。次の1点が勝負。点を取る姿勢とアクションを取っていこう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日も我々ロアッソ熊本のサポーターが遠い山形の地まで来てくれて、我々が勝利を届けなければいけないのに、勝利を届けられなかったことは残念ですし、申し訳ない気持ちです。試合は1試合を通して我々が主導権を握った形で、相手が先に点を取りましたが、しっかりボールを動かして、切り替えも早く、守備もアグレッシブにいくというところは、1試合を通してできていたと自分自身思っていますし、その先に繋げなければいけないなと思っています。ただ結果は最後の1発でやられてしまって、まだまだ我々にサッカーの神様は微笑んでくれないんだなと思いました。というのは、選手のなかで、もしかしたら、一つのプレーで戦えなかったり、決めきるところをしっかり決めきれなかったりというところはあったと思いますので、もっともっとそこをシビアにしていかないと、降格圏にいるので降格してしまいます。今日の最後のプレーを忘れずに、残り11試合、しっかり戦っていきたいと思います。
[ 伊東選手 ]
前半、ボールを持つ時間が少なかったので、ボールをしっかりおさめて、攻撃の時間を長くする、ボールを失わないことを心がけた。
(ゴールについて)こぼれ球は狙っていた。右肩で押し込んだが、ゴールはゴールなので、どの試合でも取りたいが、山形は自分が長く所属していたチームだし、点を取ることができたことは嬉しい。
残留に向けて、シンプルに、チーム全員でしっかり守って点を失わない、チーム全員で攻撃をして点を取ること、この二つしかない。
[ 坂本選手 ]
後半、自分達のペースになってチャンスがあった時に決めきれなかったのが敗因。自分の決定機は少し相手GKが気になってコースを狙い過ぎた。決めなければいけなかったし、申し訳ない。ハーフタイムに監督が「相手のウィークポイントを突いていこう、裏にチャンスがある」と言っていたので、後半はより距離感を近くにしながら狙っていたし、それがゴールに繋がった。今日は勝つことだけが必要で、勝つことができなくて悔やまれる。後半は得点を取れるチャンスはあったし、決めるかどうかで勝敗がつくので、そこが自分達の甘さだし、残り試合、突き詰めていかなければいけない。
[ 園田選手 ]
前半はボールを奪った後の1本目のパスがロストして相手に渡ることが多く、相手に流れを渡してしまった。ボールを奪った後の2本3本のパスをしっかりつなげれば良かった。後半は自分達のサッカーができていたが、やられてしまったことはしっかり反省して、次の大分戦に向けてもう1歩寄せることを突き詰めていかないと勝利は来ないので、突き詰めていきたい。自分達でボールを支配することはできていたので、それだけに悔しい敗戦。失点の前の段階で何かしらリスク管理ができた部分があったと思うので、もう一度、しっかり映像を見直したい。
このような試合はこれからも多くなってくるし、どちらに転ぶか分からない試合を自分達に引き寄せる迫力や、一つ一つのプレーを丁寧に、体を張ることが大事になる。もう一度、再確認して次に向けてやりたい。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.