MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第19節

2018年6月16日(土)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 カマタマーレ讃岐
1 - 1
0 前半 1
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
22分
[得点]
重松 健太郎
村上 巧 前半
35分
[警告]
 
八久保 颯(out)⇒佐野 翼(in) 後半
14分
[交代]
 
黒木 晃平 後半
16分
[警告]
 
  後半
24分
[交代]
西 弘則(out)⇒佐々木 渉(in)
田中 達也 後半
26分
[得点]
 
  後半
28分
[交代]
重松 健太郎(out)⇒森川 裕基(in)
田辺 圭佑(out)⇒上原 拓郎(in) 後半
29分
[交代]
 
中山 雄登(out)⇒鈴木 翔登(in) 後半
36分
[交代]
 
  後半
40分
[警告]
武田 有祐

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 26.2℃/53%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,740人
主審 岡 宏道
コミッショナー 久保田 水男
副審 藤澤 達也、田島 宏則
第4の審判 上田 隆生
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 6村上 巧
DF 32米原 秀亮
MF 14田中 達也
MF 27中山 雄登
MF 25田辺 圭佑
MF 7片山 奨典
FW 19八久保 颯
FW 11皆川 佑介
FW 9安 柄俊



選手名
清水 健太GK 1
武田 有祐DF 22
中島 大貴DF 3
岡村 和哉DF 25
アレックスDF 31
永田 亮太MF 7
渡邉 大剛MF 8
西 弘則MF 23
佐々木 匠MF 17
重松 健太郎MF 19
原 一樹FW 20
選手名
GK 1畑 実
DF 24高瀬 優孝
DF 39鈴木 翔登
MF 22上原 拓郎
MF 31伊東 俊
FW 17佐野 翼
FW 18巻 誠一郎

選手名
ソン・ヨンミンGK 16
パク・チャニョンDF 2
麻田 将吾DF 5
市村 篤司DF 15
佐々木 渉MF 14
鈴木 拳士郎MF 18
森川 裕基FW 11
渋谷 洋樹
北野 誠

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・守備面ではロングボールからのセカンドボールが勝負だ。
・奪った瞬間、裏に抜けることを忘れないこと。
・今日はホームだ!勝つための自分の力を出すことに集中しよう。
[ 北野監督(讃岐) ]
・簡単なミスを続けない。
・攻守の切り替えを早く。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
選手達が今週1週間、非常に集中したトレーニングをずっとやってくれていて、今日は集中した素晴らしいゲームができるかなと思いましたが、選手達が非常に硬く入ってしまったかなと自分自身は思っています。動きがシャープではなくて、セカンドボールも拾われて、最初は相手のロングボール、セカンドボールの戦いに我々が少し後手を踏んでいたと思っていましたが、そこから失点してしまったので、私が修正できなかったことが選手に申し訳なかったと思ったゲームでした。選手達はその後、得点を取るためにハードワークをして前に意識を持ったり、後半巻き返すためにゴール前へ何度も何度も横切りましたが、残念ながら1点しか取れずに1−1引き分けで、今日久しぶりのえがお健康スタジアムで勝利を収められなかったことに私自身すごく責任を感じています。ファン、サポーターの方々はホームでは勝利をするということを私自身も強い思いを持っていますし、今日も3,700人以上のファン、サポーターの方々が来ていただいて、勝利を収められないということについては、いろんな感情が表れてきますが、まだまだ我々は昨年の順位からいうとチャレンジャーです。チャレンジャーですからこそ、惜しみなく力を使うことを選手達は前半はできませんでしたが、後半は本当にハードワークをして点を取りに行くという気概はあったと思いますし、今後に繋がると思いますので、なかなか結果は生まれていませんが、我々は普段のトレーニングから、今週やっていた集中力のあるトレーニングを毎週毎週やって、巻き返しができるようにやっていきたいと思います。もちろん勝点3は狙っていたのですが、1歩1歩しっかり勝点を積み上げることが絶対リーグでは大事だと思いますので、今日の引き分けを次にしっかりと勝利に結びつけられるようにやっていきたいと思います。
[ 片山選手 ]
ホームで勝ちたかったが、引き分けてしまい残念です。自分の持ち味も出せたが、もっとチームに貢献したかった。技術も大事だが、日々の練習の積み重ねや気持ちの持ち方も大事。もう1歩高めることができれば勝利に近づくと思う。
[ 田中選手 ]
得点を決め切れなかった部分もあり個人的に悔しい。ゴールを取れたことは良かったが、チームが勝たないと素直に喜べない。反省して次勝てるように頑張りたい。連携の部分はできていると思うので、それを得点につなげていかないといけない。次につなげていき、勝点3を取るために頑張りたい。最後のシュートを持っていく形はできているので、最後の質を高めたい。
[ 村上選手 ]
9ヶ月怪我で休んでいる間に、皆が助けてくれて支えてくれて、このピッチに戻れたので感謝している。サポーターの皆さんがしっかり応援してくれて力になっている。それを結果に出せず悔しい。今日のゲームに足りないことは、失点してからギアを上げるところがあるので、立ち上がりからチャレンチャーとしてやることが大事。後半立ち上がりから自分達のリズムでサッカーができて、チャンスもあった。1点を決めたことは良かったが、逆転できなかったことが課題。連敗を止めたことは良かったが、ホームで勝点3を取ることが重要なので、ホームで勝利したい。チームとしてしっかりまとまって、今日のように前半悪い流れの中で自分達が粘り強く戦って、失点0で抑えて後半のように戦うことが大事。
[ 皆川選手 ]
スタートで自分達の出だしが遅くて、相手に先制点を許してしまってやりづらい試合展開でしたが、自分達のサッカーをやることが遅すぎたし、ゴールを取ることも遅かったので、次は自分達が先制点を取れるように頑張りたい。相手がボールを持った時に、中途半端なポジションでしたし、もっと前から意識を持って、皆が意思疎通をして距離感を保てばいけるとハーフタイムに話もあったので、積極的にやることができて良かったです。自分自身のプレーについてはまだまだ物足りないし、得点に絡めるプレーや勝利に導けるゴールをもっと取りたいと思います。もっと自分達FW陣など取るべき選手が点を取って、チームを勝たせたいと思います。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.