MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第18節

2018年6月10日(日)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アビスパ福岡
0 - 1
0 前半 1
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
米原 秀亮 前半
06分
[警告]
 
  前半
31分
[得点]
森本 貴幸
  ハーフタイム

[交代]
枝村 匠馬(out)⇒山瀬 功治(in)
田辺 圭佑(out)⇒伊東 俊(in) 後半
22分
[交代]
 
  後半
24分
[交代]
森本 貴幸(out)⇒石津 大介(in)
片山 奨典(out)⇒高瀬 優孝(in) 後半
30分
[交代]
 
安 柄俊(out)⇒池谷 友喜(in) 後半
38分
[交代]
 
  後半
45+2分
[交代]
駒野 友一(out)⇒實藤 友紀(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本市水前寺競技場
[HOME]
天候 曇時々晴、弱風
気温/湿度 29.4℃ / 56%
ピッチ 良芝、乾燥
入場者数 5,118人
主審 小屋 幸栄
コミッショナー 大下 国忠
副審 木川田 博信、村田 裕介
第4の審判 津野 洋平
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 32米原 秀亮
DF 15青木 剛
DF 7片山 奨典
MF 14田中 達也
MF 27中山 雄登
MF 25田辺 圭佑
MF 19八久保 颯
FW 11皆川 佑介
FW 9安 柄俊



選手名
圍 謙太朗GK 21
駒野 友一DF 3
岩下 敬輔DF 11
篠原 弘次郎DF 39
輪湖 直樹DF 22
鈴木 惇MF 8
枝村 匠馬MF 14
ユ・インスMF 7
松田 力MF 17
森本 貴幸FW 15
ドゥドゥFW 18
選手名
GK 1畑 実
DF 23小谷 祐喜
DF 24高瀬 優孝
MF 22上原 拓郎
MF 31伊東 俊
MF 37池谷 友喜
FW 18巻 誠一郎

選手名
山ノ井 拓己GK 31
實藤 友紀DF 5
堤 俊輔DF 19
平尾 壮MF 27
山瀬 功治MF 33
城後 寿FW 10
石津 大介FW 16
渋谷 洋樹
井原 正巳

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・クロスは早いクロスで背後を狙おう。
・1つ1つのプレーで下を向かない!次のことを!
・1点を取るためにパワーをかけること。コミュニケーションを取って、粘り強くプレーしよう。
[ 井原監督(福岡) ]
・イージーなミスをしない!
・マイボールの時、うまく動かしながら、もう1点とりにいこう。
・粘り強く!暑いのは相手も同じ。残り45分が勝負だ!
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日も本当に暑い中、ホームの水前寺競技場に5,000人以上のたくさんの方々が来ていただいたにも関わらず、このような結果になってしまったことを本当に申し訳ないというか、残念な思いと皆さんに辛い思いをさせて帰してしまうことは、私自身、申し訳ない気持ちでしかありません。選手たちは天皇杯も今日もハードワークをして、戦う姿勢も見せてやっていますが、残念ながら結果がうまれてないということは、私自身の責任を感じています。選手は本当に私が考えたことをしっかりプレーに出してくれていますし、チャンスも作っていますが、サッカーの怖いところは、一つのミスが失点につながるということを今日もまた学んだ。このようなところを無くしていかないと、自分達が勝利を掴み取ることは絶対に得られないと思いますし、それはトレーニングでしか解決できないと思いますので、今日の教訓を次に繋げていかなければいけない。ただリーグ戦は今日ミスしたから次に切り替えるということではいけないので、これを1回で終わらせるように、次のゲームではしっかり攻守においてのバランスやアグレッシブさを忘れずに戦っていきたいと思います。今日の試合も天皇杯も本当に悔しい2試合ですし、まだ試合があるので、この悔しさを選手と共にしっかり受け止めて、トレーニングに励んでいきたいと思います。
[ 池谷選手 ]
シーズンが始まって半年が経って、最初からしっかり積み上げよう、やるべきことをやれば出場機会が来ると思っていた。試合は負けたが、これで終わりではないので、積み上げていきたい。平常心でいるのはあるが、ホームのサポーターの応援や試合前のHIKARIでこみ上げるものもあって、応援されていると感じた。今日は良い雰囲気だったが、負けて申し訳ないが、良い雰囲気を味わえた。今日は点を決めれていないので、貪欲に狙っていかなければと感じた。今日はスタート地点に立った。トレーニングで常に昨日の自分に打ち勝つ、急激に上がることはないので、日々の積み重ねを意識していきたい。
[ 青木選手 ]
前半はシュートが0本だったが、後ろから組み立てを目指しているところなので、個人的な責任としては、より良いプレーをしなければいけなかったと思います。相手が先制して、その後、相手は勝ちに徹していたと感じたし、後半は全員がハーフウェイラインより後ろに引き込んで、熊本がボールを握る展開になりましたが、そこは相手も割り切って、勝つためにブロックを作って、最後のところをやらせないというサッカーを福岡さんはしていたので、先制した状況で最後まで終わらせる、チャンスがあればカウンターでゴール前まで来ることが、チームとして徹底されていたので、勝ちに徹しているということが、今の福岡の順位にいることだとやっていて思いました。後ろからの組み立ても含めて、もっと精度を高めていかなければいけないが、前半もサイドまで崩してクロスまで行けるシーンもあったので、精度を上げていかなければと感じました。
[ 田辺選手 ]
自分達のミスから失点してしまって、もったいないという印象でした。今日はボランチで出場したが、中山選手との距離感も悪くなかったですし、自分としての特徴、キックのサイドチェンジやパスを出すことができたので悪くなかったが、もう少し得点に絡めるようなプレーをしていきたいと思います。今日は勝たなければいけなかった試合なので、次は負けられないと思いました。4連敗はあってはならないので、勝利に向けて、自分達のやるべきことをやって臨みたいと思います。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.