MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第8節

2018年4月8日(日)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 FC町田ゼルビア
2 - 2
1 前半 0
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
安 柄俊 前半
24分
[得点]
 
  後半
12分
[交代]
戸高 弘貴(out)⇒杉森 考起(in)
  後半
24分
[交代]
ロメロ・フランク(out)⇒森村 昂太(in)
  後半
28分
[得点]
深津 康太
皆川 佑介 後半
31分
[得点]
 
  後半
34分
[交代]
中村 祐也(out)⇒ドリアン・バブンスキー(in)
皆川 佑介(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
38分
[交代]
 
八久保 颯(out)⇒上原 拓郎(in) 後半
40分
[交代]
 
  後半
45+4分
[得点]
ドリアン・バブンスキー

ゲーム開催記録
スタジアム 町田市立陸上競技場
[AWAY]
天候 晴時々曇、弱風
気温/湿度 15.0℃ / 28%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,727人
主審 佐藤 誠和
コミッショナー 桂木 聖彦
副審 竹田 和雄、佐藤 貴之
第4の審判 長田 望
記録員 河合 純一

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23小谷 祐喜
DF 15青木 剛
DF 4園田 拓也
MF 14田中 達也
MF 8上村 周平
MF 32米原 秀亮
MF 19八久保 颯
MF 2黒木 晃平
FW 9安 柄俊
FW 11皆川 佑介



選手名
高原 寿康GK 21
大谷 尚輝DF 35
酒井 隆介DF 23
深津 康太DF 5
奥山 政幸DF 2
平戸 太貴MF 8
井上 裕大MF 15
ロメロ・フランクMF 24
中村 祐也MF 11
中島 裕希FW 30
戸高 弘貴FW 32
選手名
GK 1畑 実
DF 5植田 龍仁朗
DF 24高瀬 優孝
MF 22上原 拓郎
MF 27中山 雄登
FW 17佐野 翼
FW 18巻 誠一郎

選手名
福井 光輝GK 34
藤井 航大DF 3
小島 雅也DF 25
杉森 考起MF 7
吉濱 遼平MF 14
森村 昂太MF 29
ドリアン・バブンスキーFW 20
渋谷 洋樹
相馬 直樹

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・前半は我々が準備してきたことをやってきて1−0。後半は、前半に入るような意識をもって戦うこと。
・足を止めないでどれだけサッカーができるか。ハードワークを!
・しっかりとコミュニケーションをとること。球際、1対1に勝って、試合にも勝とう!
[ 相馬監督(町田) ]
・自分達のやるべき事をしっかりやる。
・最後までやり切るプレーを心がける。
・チーム一丸となって戦い抜こう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日は町田さんのパワーに、我々は準備してきたつもりでしたが、そこにやられてしまったと思います。今日も300人以上の熊本から、関東にいる熊本ファン、サポーターの方がたくさん来られたにも関わらず、勝利を届けられずに本当に申し訳ない気持ちだけです。今日最後やられたことを切り替えて、来週に向けてしっかり準備したいと思います。
[ 安選手 ]
(ゴールシーンについて)ボールが出る瞬間に、それまでの数プレーで町田のラインアップの動きがボールの動きでラインアップに来る感じだったので、ギリギリのところで飛び出して、ワントラップで相手をかわすことができた。GKの飛び出しが見えたが、自分が先に触れると思ってトラップしてから抜け出そうと思っていた。
自分達が相手に合わせないでビルドアップする場面をもっと増やしたい。
[ 皆川選手 ]
(ゴールシーンについて)枠に飛ばすイメージをしていて、うまくファーにボールが入って、イメージ通りだった。
チームとして追いつかれた事は残念だが、シーズンはまだあるので次につなげたい。毎試合失点しているが、自分達前線の選手が大丈夫だと安心させられるように、複数点を取って勝利に貢献したい。次はホームで迎える熊本地震復興支援マッチは絶対勝ちたいので、ファン・サポーターに笑顔を届けられるよう頑張りたい。
[ 青木選手 ]
(2失点目について)セットプレー崩れだった。セットプレーは基本的にマンツーマンなので、クリアしたところを相手が放り込んできて、弾いた後の崩れだったので、あのシーンはゾーン気味の対応でゾーンのところが少し空いてしまった。セットプレー崩れを守ることは難しいが、それを相手が逃さなかった。
今週、準備してきた事が試合にも表れてたし、スタッフが分析したことが試合ですごく出たシーンが多かったと感じた。町田の特徴のサッカーに対し、自分達がやろうとしていたことはできていたが、その中で失点したということは、1失点もセットプレー崩れだったので、見直して次に生かしたい。得点は全員が共有したなかで生まれた得点だと思うし、そこは狙い通りだったところと、やられたところと両方あった。ロアッソのここまで8試合はセットプレーでの失点が多いので、その失点は減らしていきたい。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.