MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第7節

2018年4月1日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アルビレックス新潟
3 - 1
2 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
安 柄俊 前半
24分
[得点]
 
安 柄俊 前半
26分
[得点]
 
  前半
35分
[警告]
磯村 亮太
八久保 颯 後半
10分
[得点]
 
  後半
12分
[交代]
堀米 悠斗(out)⇒戸嶋 祥郎(in)
  後半
21分
[交代]
坂井 大将(out)⇒渡邉 新太(in)
安 柄俊(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
24分
[交代]
 
  後半
26分
[交代]
河田 篤秀(out)⇒ターレス(in)
  後半
28分
[得点]
安田 理大
中山 雄登(out)⇒上村 周平(in) 後半
32分
[交代]
 
皆川 佑介(out)⇒佐野 翼(in) 後半
37分
[交代]
 
佐藤 昭大 後半
45+2分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 25.6℃ / 36%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,691人
主審 清水 修平
コミッショナー 平山 博光
副審 戸田 東吾、西水流 優一
第4の審判 村田 裕介
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23小谷 祐喜
DF 15青木 剛
DF 4園田 拓也
MF 14田中 達也
MF 27中山 雄登
MF 32米原 秀亮
MF 19八久保 颯
MF 2黒木 晃平
FW 9安 柄俊
FW 11皆川 佑介



選手名
大谷 幸輝GK 1
原 輝綺DF 34
富澤 清太郎DF 5
ソン・ジュフンDF 4
坂井 大将MF 50
磯村 亮太MF 6
安田 理大MF 3
堀米 悠斗MF 31
加藤 大MF 10
河田 篤秀MF 9
矢野 貴章MF 19
選手名
GK 1畑 実
DF 5植田 龍仁朗
DF 24高瀬 優孝
MF 8上村 周平
MF 22上原 拓郎
FW 17佐野 翼
FW 18巻 誠一郎

選手名
渡辺 泰広GK 21
大武 峻DF 44
伊藤 優汰MF 17
戸嶋 祥郎MF 26
ターレスFW 11
田中 達也FW 14
渡邉 新太FW 16
渋谷 洋樹
鈴木 政一

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・前半、良い形で終わったが、まだ試合は終わっていない。0-0の気持ちで戦うこと。
・相手よりも走る、コンパクトなサッカーをやり続けること。
・次の1点を取る為のハードワークを全員で!
[ 鈴木監督(新潟) ]
・守備でのマーキングをアバウトにしないこと。連続したプレッシャーでボールを奪おう。
・止まっていては攻撃にならないぞ。アクションを起こしていこう。
・集中して追いつき追いつくぞ!
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日は暑い中、たくさんのファン・サポーターが我々に力をということで後押しいただいて、勝利を届けられたことを本当に嬉しく思います。選手が先日、仮設住宅に4/15熊本地震復興支援マッチのチラシを配って、やはりまだ厳しい環境のなかにいるんだということで、選手達にはその方達に力を与えよう、またファン・サポーターにも力を与えようと今日は選手を送り出しました。選手達は本当にこの暑い中、相手よりも運動量を上回ることを意識してプレーしてくれたことと、この1週間、栃木で敗れたことを教訓に、トレーニングでイメージをしっかり共有して、今日ゲームに入って結果が出たことは、すごく嬉しいですし、次につなげなければいけないゲームだったと思います。前半から本当に良い形で得点を取れて、その前にピンチが何回かありましたが、そこを凌いだことが今日の勝因ではないかと思います。また後半始まって、相手が圧力をかけた中で、一つのプレーの質で点を取れた、3点目が決着をつけたと思います。選手達が前後半通じて、我々がやらなければいけないハードワークを忘れずにやったことが、このような形で勝ててすごく嬉しく思います。リーグ戦なので、本来ならば3−0で終了して、得失点のところをプラスにしたかったのですが、PKを与えてしまったことは、次にそこを改善しなければいけないと思いますし、そこを改善しないと上位を目指せれないと思いますので、来週しっかりと準備をして、町田戦の臨みたいと思います。
[ 安選手 ]
チームとして立ち上がりから良い入りができて、自分達のやりたいサッカーを90分でき、ホームで勝つことができて良かった。
(1点目について)自分の動き出しのタイミングもギリギリで変えたが、米原選手が最後まで見て、良いタイミングでくれてシュートにいった。
(2点目について)小谷選手のパスから田中選手が抜け出して、最高のクロスを送ってくれて合わせるだけだった。ゴールパフォーマンスは田中選手がアシストして自分がゴールを決めてやれたことは良かった。
ホームでは、ピッチコンディションもやりやすいし、サポーターの皆さんが良い雰囲気を作ってくれるので、チーム全体でプレーできている。今日の勝利は嬉しいが、シーズンは長いので、次に向かってしっかり準備することが大事。今日、ホームで勝ったことは大きいので、次に繋げていけるよう、連勝できるよう頑張りたい。
[ 八久保選手 ]
(3点目について)田中選手が良いボールを上げてくれて、押し込むだけだった。トレーニング通りだった。次のホームゲームは4/15熊本地震復興支援マッチでは勝利を導くゴールを決めたい。
[ 田中選手 ]
個人的にはクロスがゴールに繋がったことは良かったが、クロスを上げられる前の準備などで反省点が出た。今日は勝ったが、守備のミスがあったので。。今日みたいに右からチャンスを作れるかが自分の特徴なので、クロスを上げながら、守備のミスをなくしていくことが大事。
(2点目のアシストについて)小谷選手との関係で裏を取れるかと思っていたので、それが得点に繋がって良かった。
(3点目のアシストについて)ハーフタイムに監督にニアの頭を越えたところ、大外のファーが空いているからと言われていたので、上げて八久保選手が決めてくれた。
自分は技術やうまいプレーで見せるわけではないので、相手に食らいつくところで、スタジアムの雰囲気を味方にして盛り上げていければと思う。監督から、上位争いをするには勝ちが先行しなければと言われていて、ホームで3勝できているのは良い。ホームで勝って、熊本を盛り上げることは大事なので、しっかりやっていきたい。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.