MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2018明治安田生命J2リーグ 第6節

2018年3月25日(日)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 栃木SC
0 - 1
0 前半 1
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
14分
[得点]
福岡 将太
  前半
26分
[警告]
ヘニキ
  前半
36分
[警告]
牛之濵 拓
  後半
12分
[交代]
牛之濵 拓(out)⇒榊 翔太(in)
中山 雄登(out)⇒伊東 俊(in) 後半
20分
[交代]
 
  後半
25分
[交代]
大黒 将志(out)⇒ネイツ・ペチュニク(in)
小谷 祐喜(out)⇒高瀬 優孝(in) 後半
29分
[交代]
 
安 柄俊(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
29分
[交代]
 
  後半
40分
[警告]
西谷 和希
  後半
45+1分
[交代]
西谷 和希(out)⇒和田 達也(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 栃木県グリーンスタジアム
[AWAY]
天候 晴、無風
気温/湿度 15.5℃/32%
ピッチ 良芝、乾燥
入場者数 4,623人
主審 池内 明彦
コミッショナー 辺見 康裕
副審 関谷 宣貴、眞鍋 久大
第4の審判 加藤 正和
記録員 小松 悠介

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23小谷 祐喜
DF 15青木 剛
DF 4園田 拓也
MF 14田中 達也
MF 27中山 雄登
MF 32米原 秀亮
MF 19八久保 颯
MF 2黒木 晃平
FW 9安 柄俊
FW 11皆川 佑介



選手名
ジョニー・レオーニGK 15
西河 翔吾DF 3
服部 康平DF 19
田代 雅也DF 30
久富 良輔MF 27
ヘニキMF 5
岡崎 建哉MF 11
福岡 将太MF 17
牛之濵 拓FW 21
大黒 将志FW 9
西谷 和希FW 14
選手名
GK 1畑 実
DF 5植田 龍仁朗
DF 24高瀬 優孝
MF 8上村 周平
MF 22上原 拓郎
MF 31伊東 俊
FW 18巻 誠一郎

選手名
石川 慧GK 33
菅 和範DF 7
和田 達也MF 24
川田 拳登MF 29
宮崎 泰右MF 38
榊 翔太FW 16
ネイツ・ペチュニクFW 25
渋谷 洋樹
横山 雄次

ハーフタイムコメント
[ 渋谷監督(熊本) ]
・残念ながらセットプレーで失点したが、その後は対処できている。守備は我慢強くプレーしよう。
・点を取るために、皆、アグレッシブにハードワークすることを忘れないこと。
・18人で勝ち取って帰るために、後半スタートからスイッチを入れてやること。
[ 横山監督(栃木) ]
・前節と同じゲームにならないようにコミュニケーションをとり続けること。
・勝点3を取るために全員で全てを出そう。
試合終了後
[ 渋谷監督 ]
今日はここ遠くまで我々のファン、サポーターの方がたくさん応援に来ていただいたにもかかわらず、残念な結果で熊本に帰してしまうのは非常に申し訳ないと思いますし、非常に残念な気持ちです。栃木さんもホームではすごくアグレッシブに戦うことは分かっていましたが、前半それを耐えきれずに1点取られてしまい、その後、我々も攻撃に行きましたけれども、残念ながら我々は得点を取れなかったということで、栃木さんのやりたいことを1試合通してやったことが、我々の結果が出せなかったということです。前半は我々の形でサッカーをやりましたけれども、なかなかボールが動かない状況なので、我々がもう少しボールを握ってという形でしたが、ロングボール、セカンドボールという形で相手の圧力に少し面食らった部分があったので、私自身の準備が足りなかったとすごく感じます。選手は必死に戦ってくれましたけれども、こういう結果になったことは私自身の責任だと思います。これをしっかりと肝に銘じて、今度ホームで栃木と戦う時には、しっかりとそれを返せるように準備したいと思います。次はホームで新潟戦ですので、新潟さんと戦う上でしっかり準備したいと思います。
[ 田中選手 ]
(中盤にあまりボールが入らなかったことについて)どの選手が空いているのか、スペースの共有があまりできていなかった。
今日のピッチは、なかなかパスをしていくには難しい場面もあった。
相手は逃げ切らなければいけない展開で、ボールを動かせることを共有することによって、裏に抜け出すタイミングを作るとか、精度を高める意識を持たなければいけない。
[ 小谷選手 ]
前線になかなかボールを供給できず、パスのテンポも上がらず、相手のスライドが早く、締められてしまって、サッカーができなかった。横パスを飛ばして相手をずらしたり、斜めにパスを入れるとか、自分達のイメージがなかなか作れなかった。ピッチの滑りが悪いなか、難しい面もあったが、そればかりではアウェイに行った時に自分達が難しくなってしまうので、次につなげたい。

2018シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.