MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 40節

2017年11月5日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 横浜FC
0 - 2
0 前半 2
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
02分
[得点]
ジョン チュン グン
  前半
40分
[得点]
イバ
  後半
25分
[交代]
田所 諒(out)⇒藤井 悠太(in)
八久保 颯(out)⇒グスタボ(in) 後半
26分
[交代]
 
中山 雄登(out)⇒木村 祐志(in) 後半
30分
[交代]
 
  後半
39分
[交代]
ジョン チュン グン(out)⇒齋藤 功佑(in)
上村 周平(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
42分
[交代]
 
  後半
45分
[交代]
野村 直輝(out)⇒三浦 知良(in)
  後半
45+1分
[警告]
カルフィン ヨン ア ピン

ゲーム開催記録
スタジアム ニッパツ三ツ沢球技場
[AWAY]
天候 晴、中風
気温/湿度 21.2℃ / 25%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 8,955人
主審 三上 正一郎
コミッショナー 奥谷 彰男
副審 蒲澤 淳一、浜本 祐介
第4の審判 鶴岡 将樹
記録員 和田 靖

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 4園田 拓也
DF 32米原 秀亮
DF 5植田 龍仁朗
MF 14田中 達也
MF 13三鬼 海
MF 38上村 周平
MF 7片山 奨典
FW 19八久保 颯
FW 9安 柄俊
FW 27中山 雄登



選手名
高丘 陽平GK 1
渡邉 将基DF 4
カルフィン ヨン ア ピンDF 20
田所 諒DF 3
新井 純平DF 16
佐藤 謙介MF 8
石井 圭太MF 25
野村 直輝MF 7
ジョン チュン グンMF 19
レアンド ロド ミンゲスFW 40
イバFW 14
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 37ジュニオール
MF 22上原 拓郎
MF 24木村 祐志
FW 11グスタボ
FW 28林 祥太
FW 36巻 誠一郎

選手名
南 雄太GK 18
藤井 悠太DF 2
前嶋 洋太MF 28
寺田 紳一MF 10
齋藤 功佑FW 27
大久保 哲哉FW 39
三浦 知良FW 11
池谷 友良
タヴァレス

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・自信を持ってプレーすること。皆が相手よりパワーを出してプレーしよう!
・ちょっとしたところを気を引き締めて!
・絶対あきらめないこと!
[ タヴァレス監督(横浜FC) ]
・守備の時は必ず数的優位をつくること。1対1の場面は作らないこと。
・集中して最後まで戦おう!
試合終了後
[ 池谷監督 ]
残り3試合、大事な試合の一つで、気持ちもかなり入った中のゲームでしたが、立ち上がりの1失点がものすごく重くのしかかかったというゲームだったと思います。最初、それでかなり圧力を受けた流れだったが、徐々に戻っていってチャンスも作れるようになった。ただ前半終了間際に入れられた2点目も大きく響いた。後半は点を取らなければいけないので、押し込むシーンもかなりあったと思いますが、最後の精度、ブロックも引かれているのでなかなか行けなくなってくる中で、自分達の形、カウンターができるようなスペースも後半は少なくなってきていたので、ゴールを取れなかった要因だと思います。
[ 米原選手 ]
久しぶりの試合で最初は緊張した。早い時間に失点したが、ボールを間回せる時間もあった。相手は高さがあって、強かったが、点を決められたら違った展開になったと思う。次はしっかり仕留めたい。
[ 安選手 ]
スコアだけ見れば完敗だが、やっている中では攻撃面はコンビネーションで崩せる部分もあって、こちらが決めきれなかったのと、1失点目はスローインからの流れから、2失点目はコーナーキックから失点して、もったいなかった。チームとして成長している感覚もあるが、毎試合、課題もあるので、1週間トレーニングで高めて、ホーム最終戦は勝利で終われるようにしたい。自分が決めて勝ちたい。
[ 畑選手 ]
相手はセットプレーがストロングポイントなので、うまかった。前半、1失点で凌げれば良かった。相手にボールを奪われてから攻撃を受けたので、そこの精度が大事。勝ちきる、守りきる、決めきる、ボールへ寄せる意識、気持ちの部分だと思うので、トレーニングから厳しくやっていきたい。
[ 三鬼選手 ]
自分はラストパスの精度をもう少し点を決めさせられるラストパス、もっと力を抜いて出せれば良かった。今日は少しチャレンジしたが、トレーニングからしっかりやっていきたい。もっと自分が高い位置で縦パスをできれば、中山選手や八久保選手がシュートに行ける、他の選手が自由にやれるようにプレーしなければいけない。繋ぎの部分では崩された感じはないが、相手が攻撃の時に、レアンドロ選手を迂回して、自由に運ばれた。レアンドロ選手のような優しいラストパスを見習いたい。相手はシュートで終われる部分が多かったので、自分達もシュートで終われれば。次は勝てば、自力で残留できるし、フロントも集客に頑張っているので、応えられるよう絶対勝ちたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.