MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 39節

2017年10月28日(土)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 V・ファーレン長崎
0 - 2
0 前半 2
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
27分
[得点]
田上 大地
  前半
31分
[得点]
香川 勇気
片山 奨典(out)⇒田中 達也(in) 後半
17分
[交代]
 
小谷 祐喜 後半
19分
[警告]
 
  後半
23分
[交代]
島田 譲(out)⇒碓井 鉄平(in)
小谷 祐喜(out)⇒グスタボ(in) 後半
27分
[交代]
 
  後半
27分
[交代]
幸野 志有人(out)⇒中村 慶太(in)
嶋田 慎太郎 後半
37分
[警告]
 
黒木 晃平 後半
38分
[警告]
 
八久保 颯(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
43分
[交代]
 
  後半
43分
[交代]
澤田 崇(out)⇒平松 宗(in)

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 雨のち曇
気温/湿度 21.6℃ / 66%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 7,635人
主審 池内 明彦
コミッショナー 南 浩二
副審 小椋 剛、西水流 優一
第4の審判 村田 裕介
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23小谷 祐喜
DF 5植田 龍仁朗
DF 4園田 拓也
MF 2黒木 晃平
MF 38上村 周平
MF 24木村 祐志
MF 7片山 奨典
FW 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊
FW 19八久保 颯



選手名
増田 卓也GK 1
乾 大知DF 13
髙杉 亮太DF 4
田上 大地DF 5
前田 悠佑MF 6
島田 譲MF 15
翁長 聖MF 28
香川 勇気MF 35
澤田 崇MF 19
幸野 志有人MF 7
ファンマFW 9
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 37ジュニオール
MF 14田中 達也
MF 22上原 拓郎
MF 27中山 雄登
FW 11グスタボ
FW 36巻 誠一郎

選手名
三浦 雄也GK 31
田代 真一DF 2
福田 健介DF 29
吉岡 雅和MF 18
中村 慶太MF 20
碓井 鉄平MF 26
平松 宗FW 37
池谷 友良
高木 琢也

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・相手に付き合わないこと。もっと自信を持って、ボールを受ける、ボールを動かそう。
・サイドの守備で相手に絶対やらせないこと。
・次の1点が勝負だ!
試合終了後
[ 池谷監督 ]
降格争いのなかで大事な1戦、モチベーションの位置付けは違いますが、すごく大事なゲームを落としたことは残念です。前半は特に長崎の思惑の中に引きずり込まれたという印象です。2点ビハインドになると、追いつくことはなかなか難しいゲームになる。前半、相手に風上を取られたというところは高木監督らしいと感じるし、長崎のストロングポイントであるリスタート、今日はスローインから2失点してしまったが、警戒しているなかでやられたということ、そういう意味でかなりパワーを持った前半だったので、それに付き合ってしまった前半だった。もっと自信を持ってボールを下で動かしたかったし、途中から動かせるようになったと思いますが、もっと相手と対峙してやる勇気がなかったと思います。チャンスはあって、良いカウンターもはまっていたし、脇も取れていたので、相手が嫌がるなかでもっとやれれば良かったと思います。後半は相手が完全に引いてくるという展開だったので、なかなか難しいゲームになってしまった。1−0で収まっていれば、なんとかという感じはあった展開だったと思います。
[ 畑選手 ]
風が強いコンディションのなかで耐えていたが、失点して、すぐ失点して、1点返したかった。余裕を持ってチャンスで取ることが大事。(PKストップについて)相手はPKも多いチームで想定には入っていて、イメージ通り止められた。やっているオーガナイズは間違ってないので、最後、シュートを打たせないことを意識してやりたい。残留がかかっていますが、目の前の1試合1試合、勝ちきって良い結果で終わりたい。(失点シーン)相手にえぐられて、自分たちのDFもいなされて、中も手薄になってしまった。慌てず中の人数を把握できれば良かった。ホームゲームは残り1試合だが、しっかり残留し、勝利できるよう、目の前の試合を戦って残留したい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.