MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 38節

2017年10月22日(日)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 徳島ヴォルティス
1 - 1
1 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
嶋田 慎太郎 前半
11分
[得点]
 
黒木 晃平 前半
26分
[警告]
 
  後半
09分
[得点]
馬渡 和彰
三鬼 海 後半
19分
[警告]
 
安 柄俊 後半
25分
[警告]
 
八久保 颯(out)⇒安 柄俊(in) 後半
26分
[交代]
 
安 柄俊(out)⇒中山 雄登(in) 後半
32分
[交代]
 
  後半
33分
[交代]
島屋 八徳(out)⇒井筒 陸也(in)
  後半
35分
[交代]
杉本 太郎(out)⇒大﨑 淳矢(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
43分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 曇、強風
気温/湿度 20.6℃ / 60%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 7,153人
主審 吉田 哲朗
コミッショナー 佐々木 理
副審 櫻井 大輔、塩津祐介
第4の審判 福島 孝一郎
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23小谷 祐喜
DF 5植田 龍仁朗
DF 4園田 拓也
MF 2黒木 晃平
MF 38上村 周平
MF 13三鬼 海
MF 7片山 奨典
FW 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊
FW 19八久保 颯



選手名
長谷川 徹GK 31
広瀬 陸斗DF 22
大﨑 玲央DF 3
藤原 広太朗DF 4
島屋 八徳MF 11
岩尾 憲MF 8
カルリーニョスMF 6
馬渡 和彰MF 27
杉本 太郎FW 26
渡 大生FW 16
前川 大河FW 23
選手名
GK 30佐藤 昭大
MF 14田中 達也
MF 22上原 拓郎
MF 27中山 雄登
MF 32米原 秀亮
FW 8モルベッキ
FW 36巻 誠一郎

選手名
梶川 裕嗣GK 21
キム ジョンピルDF 20
井筒 陸也DF 15
内田 裕斗MF 19
小西 雄大MF 32
清原 翔平MF 34
大﨑 淳矢FW 10
池谷 友良
リカルド ロドリゲス

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・守備は我慢強くやっていこう。球際の争いは負けないこと。
・総力戦だ。いけるところまで行こう。
[ ロドリゲス監督(徳島) ]
・焦らずに続けていくこと。
・カウンターに気をつけよう。
・絶対、逆転するぞ!
試合終了後
[ 池谷監督 ]
先制できたので逃げ切りたかったが、今日の展開からすると1点では逃げきれない感じがしたので、2点目をなんとか取りたいと思っていました。引き続きできているところは、守備が我慢強く、最後、失点をしないというところ、これは継続しているので、これからも辛抱強く、我慢強く守っていくということ。チャンスもいくつかあったので、ゴールに繋げられるようなところを修正できればと思います。自分が監督交代で就任して最初の試合が徳島戦で、0−3で負けて、その時の印象は全く何もできない内容だったので、それがある程度、このような形で戦えたということに、チームの若干の成長を感じる試合だったと思います。
[ 嶋田選手 ]
立ち上がりからチームの狙いであるプレスをやれていた。その中でショートカウンターで1点を取れて良かったが、早く2点目を取れれば良かったが失点し悔しい。(得点シーンについて)八久保選手が自分を見ていてくれて、流し込むだけだった。流動的になっているし、チャンスもあったので決めたかった。まだ安心できないし、次もホームなので、勝点3を取れるように頑張りたい。長崎は上位チームで勢いもあるので、難しいゲームになると思うが、チーム一丸となって戦いたい。
[ 八久保選手 ]
風が強く、自分達のサッカーという感じではなかったが、攻守にわたって体を張ってプレーできた。(アシストについて)いつもは慌ててシュートを外すことが多く、今日は確実性を求めて、冷静にパスをした。天気が良ければ、持ち味のドリブルをしようと思ったが、風が強く、得意なプレーができず、体を張ったプレーをしようと思った。残り試合が少ないし、立場も厳しいので、這い上がって、県民の皆さんに見せたいと思ってプレーした。1試合1試合、勝ちにこだわって、J2残留を目指したい。
[ 畑選手 ]
先制して、前半はこちらのサッカー、プレスもできていた。後半の立ち上がり失点したが、その後はプレスも効いたサッカーができた。後半は向かい風になり、DFはやりづらいなか、1点で抑えてくれた。アウェイ2試合を負けてしまい、ホームで勝って、流れを変えたいと思っていた。次も勝ち切るようなサッカーをしたい。残り4試合があるが、目の前の1試合1試合を大事に戦って、良い形で終われるよう頑張りたい。次はしっかり0点で抑えて頑張りますので、応援よろしくお願いします。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.