MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 35節

2017年10月1日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 愛媛FC
2 - 1
2 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
嶋田 慎太郎 前半
17分
[得点]
 
小谷 祐喜 前半
22分
[得点]
 
  後半
14分
[交代]
藤田 息吹(out)⇒安田 晃大(in)
  後半
21分
[交代]
丹羽 詩温(out)⇒有田 光希(in)
  後半
23分
[得点]
三原 向平
園田拓也(out)⇒光永 祐也(in) 後半
34分
[交代]
 
中山 雄登(out)⇒田中 達也(in) 後半
38分
[交代]
 
  後半
38分
[交代]
玉林 睦実(out)⇒鈴木 隆雅(in)
嶋田 慎太郎 後半
41分
[警告]
 
嶋田 慎太郎(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
45分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 24.0℃ / 49%
ピッチ 良芝、乾燥
入場者数 4,005人
主審 西山 貴生
コミッショナー 大野 辰巳
副審 大西 保、浜本 祐介
第4の審判 福島 孝一郎
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23小谷 祐喜
DF 22上原 拓郎
DF 4園田 拓也
MF 2黒木 晃平
MF 13三鬼 海
MF 38上村 周平
MF 7片山 奨典
FW 27中山 雄登
FW 9安 柄俊
FW 39嶋田 慎太郎



選手名
パク ソンスGK 31
玉林 睦実DF 3
林堂 眞DF 23
浦田 延尚DF 2
藤田 息吹MF 5
田中 裕人MF 16
三原 向平MF 6
河原 和寿MF 20
白井 康介MF 14
近藤 貴司FW 7
丹羽 詩温FW 15
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 26光永 祐也
MF 14田中 達也
MF 17岡本 賢明
MF 24木村 祐志
FW 11グスタボ
FW 36巻 誠一郎

選手名
馬渡 洋樹GK 21
西岡 大輝DF 4
深谷 友基DF 22
安田 晃大MF 10
小暮 大器MF 17
有田 光希FW 9
鈴木 隆雅FW 40
池谷 友良
間瀬 秀一

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・攻守の切り替え、前からアグレッシブに行ってるからうまくいってる。絶対ゆるめず、後半もやり続けること。
・ミスをしたら、絶対取り返すこと。
・2-0は安全ではないぞ!
[ 間瀬監督(愛媛) ]
・残り45分、落ち着いて集中した守備を。
・前線の選手が早めにアクションをとろう。
・もっとシュートを打つこと。
試合終了後
[ 池谷監督 ]
前半はパーフェクトな入りができて、ゲームを支配できました。(前半)2−0なので選手にはセーフティではないと伝えたが、(後半は)想像できる展開になってしまったが、その中でももっと冷静に奪ったボールを動かしたり、つないだり、いなせるような所はなかったので、ちょっと苦しい後半になったのかなと思います。2点取れたことは非常に良かったし、3点目を決められなかったことが苦しくなった要因かなと思います。チームでやっていることは0点で抑えるということなので、得点できたことはすごく良いのですが、まず0点に抑えられなかったということが一番の課題だと思います。でも全員が最後までファイトしてくれたので、お互いに攻守があって良い流れだった。またカウンターで点を取りたかったので、あのような後半のなかでカウンターで仕留めるような精度がちょっと低いかなと思います。何より連勝できたことが一番嬉しいです。
[ 嶋田選手 ]
(得点シーンについて)中山選手が良いパスをくれて、ファーストタッチでいくことができた。落ち着いて冷静にプレーできたので、最後うまく良いボールを蹴ることができた。なかなか点が取れないと言われていて、自分たちも感じていて、後ろの選手も体を張って守ってくれていたので、前半のうちに2点リードでき、良いゲーム運びができた。トレーニングの中で、プレッシャーの行き方をずっとやっていて、ハードワークすることが必要だったので、前線から止めていけて、相手も嫌がっていた。まだまだ安心できないし、次の試合も大事になるので、今日勝ったことは今日までにして、明日から切り替えて連勝を目指したい。
[ 中山選手 ]
100試合出場できたことは嬉しいが、1試合1試合、順位が上にいけるようにやっているので、他の試合と変わらずいつも通りプレーした。チームとして守備をアグレッシブにやるスタイルなので、前からのスイッチを意識しながらプレーし、後半は体力が落ちたので、90分できるようにならなければいけないと思う。
(1点目のアシストについて)嶋田選手が見えて、相手選手も並んでいたので、速いボールを足元に入れたら、嶋田選手が良いタッチで素晴らしいゴールを決めてくれた。
勝利は大きいが、油断できるような順位ではないので、1試合1試合準備をして頑張りたい。
[ 小谷選手 ]
(得点シーンについて)あそこにボールが来たら触るぞと思っていて、ピンポイントでボールが来た。ニアで相手の前で触れるかと思ってスピードをもって入った。
後ろは0点で終わって2−0で勝ちたかったが、何より皆でハードワークをして、ホームで勝てたことが良かった。一つでも上に行くために、3連勝して上に行けるように頑張りたい。
[ 上原選手 ]
植田選手が累積で、村上選手が大ケガのなか、最近は3バックの左をやっていたが、3日前にセンターバックを急にやらせてもらってからの今日だったので、前節のゲームを見たり、先輩に聞いたり、コーチには思いきりやれと言われてプレーした。まだまだこのチームでCBを求められるには、ボールをつぶせなければいけないが、今日だけは頑張れたと思う。人生で初めてCBのポジションをやったので、プロで初めてのポジションで今後のサッカーで幅が広がったと思うが、結果を出せたことは、まだ試合に出れない子ども達への憧れになれればと思う。前半の試合を後半間延びしてできなかったが、勝てて良かった。厳しいシーズンが続くが、下もつまっているし、今日も多くのお客様が来てくれてたので、一つでも上に行けるように1戦1戦頑張りたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.