MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 34節

2017年9月24日(日)
15:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 モンテディオ山形
1 - 0
0 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
嶋田 慎太郎 後半
11分
[警告]
 
  後半
12分
[交代]
山田 拓巳(out)⇒荒堀 謙次(in)
中山 雄登(out)⇒菅沼 実(in) 後半
22分
[交代]
 
  後半
23分
[警告]
荒堀 謙次
  後半
27分
[交代]
松岡 亮輔(out)⇒汰木 康也(in)
片山 奨典(out)⇒田中 達也(in) 後半
29分
[交代]
 
  後半
35分
[交代]
鈴木 雄斗(out)⇒永藤 歩(in)
上村 周平(out)⇒木村 祐志(in) 後半
37分
[交代]
 
植田 龍仁朗 後半
39分
[警告]
 
安 柄俊 後半
44分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム NDソフトスタジアム山形
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 24.7℃ / 48%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 5,877人
主審 塚田 智宏
コミッショナー 川島 健
副審 亀川 哲弘、高寺 恒如
第4の審判 蒲澤 淳一
記録員 細谷 龍彦

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23小谷 祐喜
DF 5植田 龍仁朗
DF 4園田 拓也
MF 2黒木 晃平
MF 13三鬼 海
MF 38上村 周平
MF 27中山 雄登
MF 7片山 奨典
FW 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊



選手名
児玉 剛GK 1
加賀 健一DF 15
栗山 直樹DF 3
高木 利弥DF 27
松岡 亮輔MF 7
本田 拓也MF 14
山田 拓巳MF 6
佐藤 優平MF 16
鈴木 雄斗MF 10
瀬沼 優司FW 9
阪野 豊史FW 11
選手名
GK 21野村 政孝
DF 26光永 祐也
MF 24木村 祐志
MF 41菅沼 実
FW 11グスタボ
FW 14田中 達也
FW 36巻 誠一郎

選手名
富居 大樹GK 23
茂木 力也DF 20
荒堀 謙次DF 24
西村 竜馬DF 33
中村 駿MF 17
汰木 康也MF 25
永藤 歩FW 26
池谷 友良
木山 隆之

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・ボールを奪ったらシュートでおわること。
・前線から頑張って追っていこう。後半もやり続けること。
・ハードワークを続けていこう。
[ 木山監督(山形) ]
・我慢しながら、やるべきことはやっていこう。
・前にプレーするときはしっかり前でプレーを。
試合終了後
[ 池谷監督 ]
立ち上がり15分くらいは相手に押し込まれて、そこを凌いだことが最後に取れた要因だと思います。立ち上がりかなり相手の圧力があったので後手後手になりましたが、粘り強く守備ができたこと、そこからは攻撃も良い形ができて、前からプレッシャーをかけることによって、山形の方があまりうまくいってないというストレスを抱えた展開だったと思います。後半はどちらも一進一退のなかで、粘り強く戦えたし、お互いにアグレッシブに魂のこもったゲームだったと思います。そのなかで最後良い形で点が取れたので、これを次につなげられればと思います。
[ 安柄俊選手 ]
久しぶりに自分が点を取れたこともありますが、チームとして勝利したことが嬉しい。前半も片山選手から良いクロスが入っていたが決めきれなかったが、最後に決めることができて良かった。前半あったチャンスを決めれるように精度を上げたい。得点シーンは、ニアに良いタイミングで入ることを狙っていた。
[ 田中選手 ]
(得点につながるクロスについて)自主練習で安選手にクロスを上げることを毎日やっていたので、練習の成果が出た。クロスからの得点は、チームとしても個人としても前から言われていたので、決まって良かった。片山選手がすごく良いボールを上げていたので、自分もその流れに続こうと、良いボールを出そうと責任を感じていた。サイドからの攻撃が数多くできたのは、チームとしても良かった。クロスのキックの質は、久藤コーチから分かりやすくアドバイスをもらっていたので、帰ったら報告したい。1対1の守備はうまくやれた。監督や北嶋コーチからは今日の一番のビッグプレーは相手のカウンターを奪ったところだと言われた。
[ 上村選手 ]
相手の攻撃に対して、5-3-2のアンカーを引きすぎずにやろうと思っていた。入りは苦しかったが、すぐに対応できたし、試合が落ち着いてからは相手のイヤな守備ができたと思う。全員が守備をできていたので、後ろもマークしやすく、選手をはっきりつぶしにいけるところはいけた。前半も何本もチャンスがあったが決めれなくて、最後に入ったが、苦しい展開になる。自分は今のようなイヤなところに入ることを継続することが特長。ポジション争いは激しいが、出場した選手が良い持ち味を出せると思う。
[ 三鬼選手 ]
相手の中盤はダイヤモンドの4人だったので、守備の時に1人がFWのラインに入って、3トップの形で守備をしてくるというスカウティングだったので、自分が右サイドバックに入って、両サイドどちらかが侵入して攻撃をしていくということはトレーニング通りできたし、良い形でできた。サポーターの皆様にもずっと勝つ試合を見せれていなかったので、今日は見せることができて良かった。勝ちを積み重ねて、一つでも上の順位で終われるよう頑張りたい。
[ 畑選手 ]
立ち上がりは押し込まれる時間があり、お互いチャンスがあった。守備は自信をもってやれているし、無失点で終われたので、守備は引き続きやっていきたい。ゴールは嬉しかったが、残り時間があったので、気を引き締めてやろうと思っていた。残り試合は少ないが、できているところを整理して守備は集中してやっていきたい。勝点3は大きいし、残り8試合でしっかり今までやっていることやトレーニングから取り組んで、今日のような勝ち切る試合をしていきたい。今日はアグレッシブに高い位置からボールを取りに行くことができていて、高い位置でボールを奪えていたが、背後のスペースでの相手のカウンターに注意しながらコーチングをしていた。皆が身体を張って止めるシーンもあったし、コースを限定されているので、そこは引き続きやっていければと思う。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.