MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 シーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 33節

2017年9月18日(月)
18:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アビスパ福岡
1 - 1
0 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
中山 雄登(out)⇒菅沼 実(in) 後半
15分
[交代]
 
  後半
19分
[警告]
岩下 敬輔
  後半
21分
[交代]
坂田 大輔(out)⇒ジウシーニョ(in)
  後半
24分
[得点]
ウォンドゥジェ
嶋田 慎太郎 後半
28分
[得点]
 
  後半
32分
[交代]
三門 雄大(out)⇒松田 力(in)
片山 奨典(out)⇒光永 祐也(in) 後半
38分
[交代]
 
  後半
39分
[交代]
仲川 輝人(out)⇒城後 寿(in)
園田 拓也 後半
41分
[警告]
 
安 柄俊(out)⇒グスタボ(in) 後半
43分
[交代]
 
  後半
43分
[警告]
亀川 諒史

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 25.3℃ / 59%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 5,202人
主審 三上 正一郎
コミッショナー 永田 亨
副審 村井 良輔、小曽根 潮
第4の審判 正木 篤志
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 2黒木 晃平
DF 23小谷 祐喜
DF 5植田 龍仁朗
DF 4園田 拓也
DF 7片山 奨典
MF 13三鬼 海
MF 20上里 一将
MF 27中山 雄登
FW 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊



選手名
杉山 力裕GK 23
ウォンドゥジェDF 6
岩下 敬輔DF 36
冨安 健洋DF 14
駒野 友一MF 3
亀川 諒史MF 18
三門 雄大MF 7
山瀬 功治MF 33
石津 大介FW 16
仲川 輝人FW 24
坂田 大輔FW 11
選手名
GK 21野村 政孝
DF 26光永 祐也
MF 17岡本 賢明
MF 38上村 周平
MF 41菅沼 実
FW 11グスタボ
FW 14田中 達也

選手名
神山 竜一GK 1
堤 俊輔DF 19
エウレーDF 20
中村 北斗DF 22
ジウシーニョMF 29
松田 力FW 8
城後 寿FW 10
池谷 友良
井原 正巳

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・慌てないこと。自信を持ってボールを動かしていこう。
・前にプレッシャーをかける時のセカンドボールにはしっかり戻ること。
・この辺などというポジションは取らないこと。ココ!アソコだ!
[ 井原監督(福岡) ]
・集中力を保って、残り45分戦おう。
・お互いの距離感をもう少し近く。
・積極的にトライしていこう。
試合終了後
[ 池谷監督 ]
なかなか難しいゲームだった。今週、前に2枚置いて、オーガナイズを変えたなかで先制できればとゲームに入ったが、なかなかうまくいかなかった。守備も中盤3枚の脇を抑えきれずに押し込まれる、その中でもオーガナイズがそんなに崩れている感じではなかった。相手に少し混乱を起こせればと思って、後半頭から1トップ2シャドウという形で、そこも含めて後半良い立ち上がりができたと思います。DFラインも粘り強く守備を今まで通り継続してくれていたし、1点はもったいなかったですが、7試合ぶりにPKでも得点が取れた、1点取れたということが、このチームの起爆剤になると思います。最後はチャンスがあり、押し込めていたので、そこで決めれる冷静さがあったり、質は修正していかなければいけない。押し込むことは後半できていたので、最後まで走る、戦うというところは本当にできるようになったので、どこと対戦してもこのようなゲームになっていく、上のチームと戦っても粘り強く戦えるところは自信として持っていきたい。やはり勝点3が欲しいので、先制と2点目取るところを今週、やっていきたいと思います。
[ 畑選手 ]
先制された中で追いついたことは今までと違って収穫だが、逆転できるチャンスがあったので、次は勝ちたい。点を取ってもらいたいが、その中でも失点は防がなければいけない。全員の守備意識が高く保てているので、しっかり守って勝ち切るチームになりたい。一つでも上を目指さなければいけないが、今やっている守備意識を続けて、勝点3を取りたい。残り9試合になるが、目の前の1試合1試合を積み重ねたい。
[ 植田選手 ]
福岡にも勝ち切るチャンスがあったし、熊本にも勝ち切るチャンスがあったので、どちらに転んでもおかしくない試合だった。今日は先制されたので、もっと0に抑えて、前に押し上げて、攻撃に専念させられれば。チームとしても個人としてももう少し良い奪い方ができれば良かった。(中央のポジションをやったことについて)これまでは左をやっていたので、視野が足りていない部分もあったが、守備はしっかりしようと、ビルドアップや、つけるところを間違ったところもあったので、トレーニングからしっかり対応したい。勝ちに向けてやらないといけないし、サポーターにも残念な思いをさせているが、またすぐ試合がやってくるので、1週間しっかりやっていきたい。
[ 嶋田選手 ]
片山選手か仕掛けてPKを取ってくれて、久しぶりのゴールで勝利に導ければ良かったが、勝てなくて悔しい。(PKシーンについて)自分でゴールを決めたいと思っていて、安選手にも譲ってもらって感謝している。自分がこのチームを勝たせるという思いで蹴った。攻守の入れ替わりが激しく、自分達もチャンスを作ったが、最後の質や落ち着きが欠けていた。素晴らしい雰囲気をつくってくれたファンの前で勝利をプレゼントできず悔しい。トレーニングの中で、味方を最後まで見てパスを出す判断力も大事。(順位的に)まだ安心はできないし、もっと危機感を持ってやらなければいけないし、残り試合が大事になるので、チーム一丸となって頑張りたい。今日の1点がチームのエネルギーに変わっていければ上に行けると思うし、そういう意味でも今日はPKを決めれて良かった。
[ 光永選手 ]
まずは守備をしっかりと、チャンスがあれば上がって行けと言われて入った。古巣・福岡との試合で、特別な思いがあったし、ウォーミングアップの時から出たいと思っていた。クロスの精度が全然ダメだった。サポーターが良い雰囲気をつくってくれた。残り試合で勝利を目指して1試合1試合積み重ねたい。次の山形戦もトレーニングから頑張って、試合に出場できるよう頑張ります。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.