MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 32節

2017年9月10日(日)
18:05キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 カマタマーレ讃岐
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
村上 巧(out)⇒小谷 祐喜(in) 前半
41分
[交代]
 
  後半
19分
[交代]
西 弘則(out)⇒綱田 大志(in)
  後半
27分
[交代]
原 一樹(out)⇒木島 良輔(in)
三鬼 海 後半
29分
[警告]
 
中山 雄登(out)⇒グスタボ(in) 後半
34分
[交代]
 
嶋田 慎太郎(out)⇒上村 周平(in) 後半
40分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム Pikaraスタジアム
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 28.0℃ / 57%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,208人
主審 野田 祐樹
コミッショナー 長谷川 正朋
副審 権田 智久、浅田 武士
第4の審判 戸田 東吾
記録員 吉川 清統

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 4園田 拓也
DF 6村上 巧
DF 5植田 龍仁朗
MF 14田中 達也
MF 24木村 祐志
MF 13三鬼 海
MF 2黒木 晃平
FW 27中山 雄登
FW 9安 柄俊
FW 39嶋田 慎太郎



選手名
清水 健太GK 1
武田 有祐DF 22
アランDF 14
岡村 和哉DF 25
アレックスDF 31
西 弘則MF 23
渡邉 大剛MF 5
永田 亮太MF 7
仲間 隼斗MF 19
馬場 賢治FW 11
原 一樹FW 20
選手名
GK 21野村 政孝
DF 23小谷 祐喜
DF 26光永 祐也
MF 38上村 周平
MF 41菅沼 実
FW 11グスタボ
FW 36巻 誠一郎

選手名
松原 修平GK 16
長澤 拓哉DF 28
イ ジュヨンDF 32
綱田 大志MF 15
山本 翔平MF 26
我那覇 和樹FW 9
木島 良輔FW 33
池谷 友良
北野 誠

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・守備面では長いボールを入れられたら、中盤は戻ること。
・ラインを少しでも上げていこう。コンパクトに。
・攻撃面では形はあるので、最後の部分を冷静に!
・我慢強くプレーしよう。
試合終了後
[ 池谷監督 ]
順位的にも同じようなところにいて、そういう意味では大一番になる。お互いに気持ちの入った、危機感のあるゲームだったと思います。立ち上がりは良い感じで入れたので、前半の流れが良い時に1点欲しかった。無得点が続いているので、ちょっとしたフィーリングがうまくいってない感じです。お互いに負けたくないという気持ちがあるゲームだった。ボールに対する執着心もお互いに強かったので、最後、相手のシュートブロックがあったり、最後の球際がお互いに執着心をもったゲームだったと思います。
[ 安選手 ]
アウェイで試合の内容から考えると勝ちたかった。ここ数試合ゴールが取れていないが、今日の試合はここ数試合の中ではしっくりした感じがあった。得点を取りたい気持ちもあるが、誰が取っても良いので、ハードワークをして献身的なプレーをすることを心がけた。次はホームなので、勝点3を取れるように頑張りたい。
[ 黒木選手 ]
勝てれば良かったが、無失点で抑えて最低限の勝点1を取ることはできた。皆、球際に行って、負けられない試合だったので、勝点3に繋げられれば良かったし、自分も決めれるシーンもあったので、いかに冷静に決めれるかだと思う。残り10試合、120%の力を出して頑張りたい。
[ 嶋田選手 ]
プレーの中で、相手を寄せて逆に振るということはトレーニングでやっていた。逆サイドの田中選手は1対1でスピードもあって仕掛けるので、ボールを供給しようと思っていた。前半は相手もゆるい感じでチャンスを作れていたので、前半のうちにゴールを決めたかった。1本外して打つなど、落ち着きが自分も含めてあれば良かった。
[ 木村選手 ]
相手は蹴ってくるので、セカンドボールの回収や、ボールを受けて散らすことを心がけたが、もっとテンポ良く回せれば良かった。足元や3人目の動きで崩せれば良かった。シュートまで行けてたので、最後の精度があれば。チャンスを増やすことは大事なので、回数を増やしていきたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.