MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 27節

2017年8月11日(金)
18:33キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 東京ヴェルディ
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
村上 巧 前半
11分
[退場]
 
中山 雄登(out)⇒ジュニオール(in) 前半
24分
[交代]
 
  後半
07分
[警告]
田村 直也
  後半
08分
[交代]
高木 大輔(out)⇒高木 善朗(in)
  後半
20分
[交代]
アラン ピニェイロ(out)⇒ドウグラス ヴィエイラ(in)
八久保 颯(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
21分
[交代]
 
  後半
25分
[交代]
梶川 諒太(out)⇒橋本 英郎(in)
  後半
44分
[得点]
ドウグラス ヴィエイラ
小谷 祐喜(out)⇒田中 達也(in) 後半
45+2分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 味の素スタジアム
[AWAY]
天候 雨、無風
気温/湿度 24.8℃ / 89%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 4,372人
主審 高山 啓義
コミッショナー 吉見 章
副審 藤澤 達也、日比野 真
第4の審判 赤阪 修
記録員 小山 修

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 2黒木 晃平
DF 23小谷 祐喜
DF 6村上 巧
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 38上村 周平
MF 20上里 一将
FW 27中山 雄登
FW 9安 柄俊
FW 19八久保 颯



選手名
柴崎 貴広GK 1
田村 直也DF 23
井林 章DF 3
平 智広DF 5
高木 大輔MF 18
渡辺 皓太MF 33
内田 達也MF 17
安西 幸輝MF 2
アラン ピニェイロFW 7
梶川 諒太FW 38
カルロス マルティネスFW 13
選手名
GK 21野村 政孝
DF 37ジュニオール
MF 22上原 拓郎
MF 39嶋田 慎太郎
FW 8モルベッキ
FW 14田中 達也
FW 36巻 誠一郎

選手名
内藤 圭佑GK 34
畠中 槙之輔DF 4
安在 和樹DF 6
高木 純平DF 30
橋本 英郎MF 27
ドウグラス ヴィエイラFW 9
高木 善朗FW 10
池谷 友良
ミゲル アンヘル ロティーナ

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・前半の最後の方はうまく守れるようになってきた。DFの守り方は変わらない。
・我慢強くプレーしよう。どこかでチャンスを見つけ出し、チャンスが来た時は全員が少しずつ頑張って出て行こう。
[ ロティーナ監督(東京V) ]
・集中を切らすな!
・どんどんシュートを打とう。
・自陣でのファールに気をつけること。
試合終了後
[ 池谷監督 ]
難しいゲームだったと思います。アクシデントがあったので、そこから長い時間、守備をすることになって、最初はなかなかうまくオーガナイズできなかった部分がありますけれども、前半の終わり頃から良い感じで守れるようになってきたので、後半も指示通り守備のところはできていたと思います。ただ時間が長かったので、最後まで粘ることができなかった。非常に残念なゲームだと思います。
[ 畑選手 ]
早い時間に一人少なくなって、チームとして守りきろうと最後まで体を張ってたが、最後に失点して残念。皆が体を張って、走り回ってやってくれていたので、無失点で終わりたかった。次に向けて切り替えたい。(相手のシュートに対して)DFがコースを切ってくれて対応しやすいシュートだったが、最後に失点してしまったので、そこを改善したい。次の試合に勝つことが大事なので、切り替えたい。
[ 上村選手 ]
前半を0点で抑えてハーフタイムに修正をかけて後半我慢強く戦ったが、最後にやられてしまった。次に向けて切り替えてやるが、自分達の力だけではできないので、チーム全体で頑張っていきたい。
[ 安選手 ]
80分くらい1人少ない状況だったので、ある程度、守備にシフトするしかなかったけれど、1人1人がプラスαの力を出してやらなきゃいけないという気持ちで、自分自身だけじゃなく、チーム全体がそういう気持ちでプレーしていた。チームとしてハードワークして守れている感覚はあったが、結果として失点してしまった事実は変わらない。ただ、みんなでハードワークできたことは、次に活かしていきたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.