MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 26節

2017年8月5日(土)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 レノファ山口FC
2 - 1
1 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
植田 龍仁朗 前半
24分
[得点]
 
  後半
06分
[得点]
レオナルド ラモス
  後半
13分
[交代]
和田 昌士(out)⇒加藤 大樹(in)
  後半
15分
[警告]
レオナルド ラモス
  後半
18分
[警告]
岸田 和人
  後半
21分
[交代]
岸田 和人(out)⇒鳥養 祐矢(in)
三鬼 海(out)⇒上原 拓郎(in) 後半
26分
[交代]
 
八久保 颯 後半
30分
[得点]
 
八久保 颯(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
31分
[交代]
 
上原 拓郎 後半
34分
[警告]
 
  後半
38分
[交代]
廣木 雄磨(out)⇒池上 丈二(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒安 柄俊(in) 後半
41分
[交代]
 
  後半
45+3分
[警告]
宮城 雅史

ゲーム開催記録
スタジアム 維新百年記念公園陸上競技場
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 29.9℃ / 68%
ピッチ 良芝、水含み
入場者数 4,999人
主審 清水 修平
コミッショナー 廣崎 圭
副審 関谷 宣貴、森川 浩次
第4の審判 馬場 規
記録員 河村 邦俊

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 2黒木 晃平
DF 23小谷 祐喜
DF 6村上 巧
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 38上村 周平
MF 13三鬼 海
FW 39嶋田 慎太郎
FW 36巻 誠一郎
FW 19八久保 颯



選手名
山田 元気GK 33
渡辺 広大DF 3
福元 洋平DF 4
香川 勇気DF 18
廣木 雄磨DF 21
宮城 雅史DF 2
小野瀬 康介MF 8
佐藤 健太郎MF 5
和田 昌士FW 22
レオナルド ラモスFW 28
岸田 和人FW 9
選手名
GK 21野村 政孝
DF 32米原 秀亮
MF 17岡本 賢明
MF 22上原 拓郎
FW 8モルベッキ
FW 9安 柄俊
FW 14田中 達也

選手名
吉満 大介GK 42
パク チャニョンDF 16
鳥養 祐矢MF 11
髙柳 一誠MF 14
池上 丈二MF 15
加藤 大樹MF 17
岡本 英也FW 7
池谷 友良
カストロ アルベルト マジョール

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・ここからが勝負だ!苦しいだろうけど、緩めると流れが変わるぞ!
・球際、アプローチをかけるところ、戻るところ、あと45分やり続けよう。
・もう1点取ろう!
[ マジョール監督(山口) ]
・もっと頭を働かせてしっかりマークにつこう。
・連敗は許されない。切り替えて戦おう!
試合終了後
[ 池谷監督 ]
今日は山口との対戦で順位が近い、そういう意味では決戦だったので、そのなかで勝点3を取れたことはチームにとっては一番良い形で終われたと思います。ゲームの内容は入りが山口に支配されると思っていたが、思ってた以上にこちらがイニシアチブを取れて、良い形でゲームを運べたと思います。2点目を取っておかないと怖いなと、前半終わったなかでも相手の縦への背後は警戒していたし、リスタートは相手の高さもあったのでそこは集中していこうと、1本やられましたが、最後は粘り強くリスタートも守ってくれたと思います。
[ 八久保選手 ]
(得点シーンについて)巻選手が競り合って、ボールが来ると思っていた。前半からロングシュートを狙っていた。足が攣っていたので振り抜いた。足が攣っていて良かったのかもしれません。
[ 植田選手 ]
(得点シーンについて)あの形はトレーニングでやっていた。巻選手がそらしたものを狙うということはやっていた。
今日は自分達がしっかりポジションをとって動かして、横パスだけでなく、相手がきたら1つ飛ばして抜けるということもトレーニングでやっていた。
なかなか出場機会が減っていたが、練習からしっかり取り組んで、良い準備をしていたことは間違いなかったと思う。
[ 三鬼選手 ]
ボランチをやりだしてから、ずっと自分はパスでリズムを作れる自信があったので、そこで作れればと思っていた。サイドバックの時からディフェンスは得意だったし、ボランチの方がパスコースや視野が多くて、いろんな方向を見てつけることができる。PKになったシーンは足元、足元になっていて相手に裏へ抜けられてしまった。
[ 巻選手 ]
皆が自分を信頼してボールを預けてくれるので、バランスを意識して皆が気持ちよくプレーできるように心がけた。シャドーの八久保選手や嶋田選手が抜け出してくれるので、彼らの良さを生かせるようにプレーしていた。縦パスについては、植田選手、三鬼選手などサブの練習試合でイメージを共有できていた部分もある。斜めの動き、追い越す動きをすることを中盤とうまく共有できていた。1−0では勝てないと思っていたが、失点しても慌てずにチャンスを伺いながら戦うことが大事。勝点3を取れたことはチームとして順位が近い相手だったし、もう一つ上の順位に食らいつくためにも大事。内容はまだ改善するところがあるが、普段のトレーニングが大事。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.