MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 24節

2017年7月22日(土)
19:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ザスパクサツ群馬
1 - 1
0 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
片山 奨典 前半
08分
[警告]
 
  後半
06分
[得点]
山岸 祐也
中山 雄登(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
13分
[交代]
 
八久保 颯 後半
17分
[警告]
 
八久保 颯 後半
18分
[得点]
 
  後半
39分
[交代]
山岸 祐也(out)⇒小林 竜樹(in)
黒木 晃平(out)⇒三鬼 海(in) 後半
40分
[交代]
 
  後半
41分
[交代]
カン スイル(out)⇒盛田 剛平(in)
安 柄俊(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
44分
[交代]
 
  後半
45分
[交代]
岡田 翔平(out)⇒高橋 駿太(in)
三鬼 海 後半
45+3分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 正田醤油スタジアム群馬
[AWAY]
天候 雨、弱風
気温/湿度 26.7℃ / 79%
ピッチ 良芝、水含み
入場者数 3,179人
主審 河合 英治
コミッショナー 橋本 健一
副審 塚越 由貴、田尻 智計
第4の審判 堀越 雅弘
記録員 大澤 秀貴

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 2黒木 晃平
DF 23小谷 祐喜
DF 6村上 巧
DF 4園田 拓也
DF 7片山 奨典
MF 38上村 周平
MF 20上里 一将
FW 19八久保 颯
FW 9安 柄俊
FW 27中山 雄登



選手名
牲川 歩見GK 41
チェ ジュンギDF 36
ヨ ソンヘDF 43
パク ゴンDF 20
舩津 徹也MF 2
松下 裕樹MF 30
山岸 祐也MF 9
阿部 巧MF 5
岡田 翔平MF 15
高井 和馬MF 26
カン スイルFW 33
選手名
GK 21野村 政孝
DF 5植田 龍仁朗
DF 13三鬼 海
MF 22上原 拓郎
MF 39嶋田 慎太郎
FW 11グスタボ
FW 36巻 誠一郎

選手名
清水 慶記GK 1
一柳 夢吾DF 19
小林 竜樹MF 6
高橋 駿太MF 7
鈴木 崇文MF 8
高瀬 優孝MF 24
盛田 剛平FW 40
池谷 友良
森下 仁志

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・前半立ち上がりからの相手の圧力を耐えれた。後半立ち上がりも圧力をかけてくるかもしれないが、落ち着いてきたらDFラインから整えていこう。
・ボールに対する執着心がどちらのチームが上回れるかだ!落ち着いてボールを回していこう。
[ 森下監督(群馬) ]
・もっと話をして、ハッキリとプレーする。
・攻守でしっかりポジショニングをとり、ハッキリする。
・自分達の関係を作ること。
試合終了後
[ 池谷監督 ]
難しいゲームだったと思います。群馬さんが置かれている状況のなかで警戒して、受け身に立たないようにということで、チャレンジャーとして戦おうと送り出しましたが、立ち上がりの圧力にかなり押し込まれるシーンは多かったですが、なんとかそこを耐えて、我慢強く戦ってくれたと思います。後半は相手もだいぶん落ちてきて、どちらにも消耗戦だっと思いますが、ボールは最終ラインのところですこし落ち着いて、相手も来なかったのですが、最後のサイドやクロスはまだまだ改善が必要だと思います。でも見る感じでは体力的にはかなり消耗したゲームだったという感じに受けました。そのなかで勝点1を取れたことを良しとしたいと思います。
[ 嶋田選手 ]
0−1で負けていて自分のところで流れを変えなければいけないと思っていた。アウェイでドローで終われたことをプラスに捉えたい。ボールを受けることはいつも通りで、安選手とのコンビネーションなど、相手が嫌がるプレーを意識していた。
[ 八久保選手 ]
最初は攻められているシーンがあったが、先制点を取られても取り返すことができた。(得点シーンについて)長い距離を走って、DFラインを上げられるような形でドリブルして、嶋田選手が良いところにいたので、出して入っていこうと思っていたら、良いボールが来て決めることができた。負けないことは大事だが、勝ってないので、同点より勝ちにこだわりたい。次はホームゲームなので、ホーム3連勝を目指して頑張りたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.