MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2019 シーズンシート ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 23節

2017年7月16日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジェフユナイテッド千葉
1 - 0
0 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
上村 周平 前半
16分
[警告]
 
黒木 晃平 前半
38分
[警告]
 
  後半
17分
[交代]
指宿 洋史(out)⇒ホルヘ サリーナス(in)
黒木 晃平 後半
18分
[得点]
 
  後半
23分
[交代]
高橋 壱晟(out)⇒羽生 直剛(in)
中山 雄登(out)⇒三鬼 海(in) 後半
32分
[交代]
 
  後半
35分
[交代]
町田 也真人(out)⇒船山 貴之(in)
上里 一将(out)⇒林 祥太(in) 後半
37分
[交代]
 
八久保 颯(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
43分
[交代]
 
  後半
45+4分
[警告]
熊谷 アンドリュー

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 30.2℃ / 58%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 5,692人
主審 吉田 哲朗
コミッショナー 久留米 浩次
副審 宮島 一代、植田 文平
第4の審判 作本 貴典
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 2黒木 晃平
DF 23小谷 祐喜
DF 6村上 巧
DF 4園田 拓也
DF 26光永 祐也
MF 38上村 周平
MF 20上里 一将
FW 27中山 雄登
FW 9安 柄俊
FW 19八久保 颯



選手名
佐藤 優也GK 23
山本 真希DF 6
近藤 直也DF 3
キム ボムヨンDF 37
乾 貴哉DF 28
熊谷 アンドリューMF 15
高橋 壱晟MF 32
町田 也真人MF 10
ラリベイFW 9
清武 功暉FW 8
指宿 洋史FW 50
選手名
GK 21野村 政孝
DF 5植田 龍仁朗
DF 13三鬼 海
FW 11グスタボ
FW 28林 祥太
FW 29齋藤 恵太
FW 36巻 誠一郎

選手名
山本 海人GK 29
若狭 大志DF 20
イ ジュヨンDF 24
羽生 直剛MF 22
ホルヘ サリーナスMF 21
佐藤 勇人MF 7
船山 貴之FW 11
池谷 友良
ファン エスナイデル

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・後半、体力勝負になってくる。どれだけ相手より勝ちたい気持ちを持ち続けれるかが大事!
・相手のリスタートに絶対負けないこと。
[ エスナイデル監督(千葉) ]
・相手陣地でサッカーをすること。
・我々にスターはいないぞ!ハードワークして走り勝つ!
試合終了後
[ 池谷監督 ]
よく勝ったと思います。粘り強く戦えて勝利できたということが、このチームがこれから上に上がっていくために自信につながるゲームができたと思います。内容はスカウティングをしたなかで若干メンバーが予想と違って、ややこしさが少しありましたが、うまくオーガナイズできたと思います。攻撃面も狙い通り、サイドのスペース、チャンジサイド、背後というところをこの1週間、千葉対策の為にやってきたことが実ったのかなと思います。守備面も我慢強くやれるようになってきたし、怖かったのは相手のコーナーキックとリスタートの数が多かったので、それだけが不安材料でありましたけれども、全員が集中できていたし、試合前にも高さは負けているけれども、気持ちの中でしっかり相手とコンタクトをしてやるという部分をみんながしっかり闘ってくれた結果、最後良い形で逃げ切れた、1−0で勝ったことは良かったと思います。
[ 黒木選手 ]
(得点シーンについて)園田選手が自分を狙ったボールを相手が後ろを振り向いていたところを追いかけて、うまく自分の前に転がってきて良かった。ウイングバックのポジションは、どんどん裏を目掛けて行けと言われていて、園田選手と目が合った。間合い的にもGKをかわせそうだったし、冷静にかわせて打てた。
今日もたくさんの方々が来ていたので、楽しい思いで帰って欲しいが、まだ手放しでは喜べない順位だが、次に向けて頑張りたい。点を取れたが、最後のラストパスの精度がまだまだだと思うので、頑張りたい。一人一人が自信をもって積極的にプレーできていると思う。
[ 畑選手 ]
前半はこちらにもチャンスがあって、攻め込まれることもあったが、我慢して点を取ることができて良かった。攻め込まれる展開はあると思っていたが、攻め込まれても守備がオーガナイズすることをチーム全体で意識して取り組んでいて、GKから見てもしっかり守れていた。もっと勝ちを増やしていきたいので、満足することなく、トレーニングからDFも含めて守っていきたい。
[ 村上選手 ]
次のアウェイでしっかり勝って帰ってくること、
前季の対戦では負けているので、しっかりリベンジをして、自分らしくアグレッシブにいくことが大事。
[ 巻選手 ]
前節のホームで勝利して、今日のホームゲームは大事だと思っていて、たくさんのサポーターや熊本の方々が来たなか勝利することができて、勝つことを継続することでお客さんも増えるし、元気を与えれると思う。一人一人の技術は変えることは大変だが、一人一人の意識やハードワークすることはすぐ変えれるし、続いているし、コーチの分析やトレーニングが良い形できている要因だと思う。
(400試合出場について)記録にこだわるタイプではないが、Jリーグで長い間プレーできている経験を還元したいと思うし、人生にも役に立つこともあるので、これからの材料に生かしていければと思う。400試合出場は自分ひとりでは成し遂げられないし、家族やチームの選手、スタッフ、サポーターの皆さんのおかげなので、感謝の気持ちをもって、自分も返していけれるものがあれば返していきたい。これからも1歩ずつケガせず、チームや熊本に貢献できるよう、温かく見舞って欲しい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.