MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 20節

2017年6月25日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 レノファ山口FC
0 - 2
0 前半 1
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
米原 秀亮 前半
17分
[警告]
 
グスタボ 前半
20分
[警告]
 
イム ジンウ 前半
26分
[警告]
 
  前半
29分
[得点]
岸田 和人
  前半
45分
[警告]
宮城 雅史
三鬼 海(out)⇒田中 達也(in) 後半
16分
[交代]
 
  後半
18分
[得点]
星 雄次
中山 雄登(out)⇒八久保 颯(in) 後半
20分
[交代]
 
菅沼 実(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
23分
[交代]
 
  後半
33分
[交代]
岸田 和人(out)⇒大石 治寿(in)
  後半
40分
[交代]
三幸 秀稔(out)⇒髙柳 一誠(in)
  後半
44分
[交代]
佐藤 健太郎(out)⇒池上 丈二(in)

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 雨時々曇
気温/湿度 24.1℃ / 90%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 4,568人
主審 山岡 良介
コミッショナー 井上 勝博
副審 西村 幹也、村田 裕介
第4の審判 田島 宏則
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 13三鬼 海
DF 3イム ジンウ
DF 5植田 龍仁朗
DF 32米原 秀亮
DF 2黒木 晃平
MF 38上村 周平
MF 20上里 一将
FW 27中山 雄登
FW 11グスタボ
FW 41菅沼 実



選手名
村上 昌謙GK 1
宮城 雅史DF 2
渡辺 広大DF 3
福元 洋平DF 4
香川 勇気DF 18
星 雄次DF 19
廣木 雄磨DF 21
小野瀬 康介MF 8
佐藤 健太郎MF 5
三幸 秀稔MF 29
岸田 和人FW 9
選手名
GK 21野村 政孝
DF 4園田 拓也
MF 17岡本 賢明
MF 19八久保 颯
MF 22上原 拓郎
FW 14田中 達也
FW 36巻 誠一郎

選手名
山田 元気GK 33
パク チャニョンDF 16
髙柳 一誠MF 14
池上 丈二MF 15
清永 丈瑠MF 20
米澤 令衣FW 13
大石 治寿FW 27
池谷 友良
カストロ アルベルト マジョール

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・自分達が攻撃になった時、勇気と自信を持ってボールを動かすこと。
・相手にもっと寄せていくこと。
・自分達がやりたいことを絶対続けること。
[ マジョール監督(山口) ]
・前半のやっていることを続けること。
・下がらずに前からコンパクトにやっていこう。
試合終了後
[ 池谷監督 ]
厳しい結果で終わった。内容も自分達が思っていた展開にならなかったというなかで、勇気をもって動かす、もうちょっとつけるなどいろんな課題がいっぱい出たゲームでした。それを今週、しっかり落とし込んでいかなければいけない。1対1やグループや剥がし方、いろんな課題が出たゲームだったという印象です。先日の天皇杯で、自分達が保持できたので、少しそのような意識はあっただろうけど、なかなかうまくいかない、スペースをふさがれるなかで、規律やアイデアが足りないなという印象です。このような状況のなか、最終的に自分達の目標としているところにいければ1番だし、そこを目指してやっていく、それを日々のなかで落とし込んでいく、ここまでドタバタした3試合だったので、今週は1週あるので、メンバーも含めてしっかり立て直して、必ず良いサッカーを、勝利も含めて、チーム、スタッフ含めてやっていきたい。ホームで勝てていないので、より強い気持ちをもって、これだけ多くのファン、サポーターが来てくれているので、皆と共に闘っていきたいし、そのパワーを少しでも後押ししてもらえればと思います。チームとしてはやれることを最大限やっていく、応援に来てくれた皆さんに喜んでもらえる、そのようなゲームをするという強い意志をもって取り組みたい。
[ 菅沼選手 ]
悔しい気持ちが1番。GKからボールを大事に自分達が握りながらを、ここ2試合はできているが、最後のところでいかにボールを運ぶか、怖いプレーができるかがここから。選手はポジティブに捉えているので、自分達がやろうとしているサッカーで結果が出ていないが、次の試合に向けて、もう1回やり直そうと。サポーターと共に乗り越えて、今まで以上に応援してもらえるよう頑張りたい。
[ 巻選手 ]
このような状況でもサポーターの皆さんが足を運んでくれることは嬉しいし、なんとかして応えたい、勝利に執着してやること、自分達が強い部分を持たないといけない。次の東京Vとの試合は、今の自分達の力で崩して勝利に持っていくことは難しい。全員でゴールを奪う、全員で守り、球際で負けないという気持ちが大切。1週間、チームが同じ方向を向いて頑張りたい。
[ 畑選手 ]
今年初めてリーグ戦に出場したが、トレーニングのいつも通りやろうと思っていた。結果が出てないことは残念ですが、また試合があるので、今日できたこと、できなかったことを反省して、次に取り組みたい。2点ともセットプレーの流れで失点し、流れでは良い守備ができていたので、トレーニングから改善していきたい。連敗が続いて結果が出てないが、ホームでサポーターの笑顔が見られるよう頑張りたい。
[ 中山選手 ]
立ち上がりは、選手間の距離感もテンポも良くやれていたが、失点してミスが続いて相手のボールになって、プレスもかからない状況で後半になった。これからチームとしてボールを保持するサッカーをやっていこうと言っているので、まだトレーニングしているわけではないが、これからもっとボールを動かすサッカーを突き詰めて、良い攻撃ができるよう頑張っていきたい。自分達がボールを保持して、動かしていこうというサッカーをしていきたい方向性がある。今日の試合はそこまでプレスをきつく感じなかったが、ボランチとの関わり合いを意識してて、前3人が関わらないと攻撃のツメができないので、もっと連動してパワーを使わなければいけない。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.