MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2

2017年6月21日(水)
19:00キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 水戸ホーリーホック
2 - 1
0 前半 1
1 後半 0
0 延前 0
1 延後 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
10分
[得点]
伊藤 槙人
米原 秀亮 前半
25分
[警告]
 
村上 巧(out)⇒植田 龍仁朗(in) ハーフタイム

[交代]
 
植田 龍仁朗 後半
05分
[警告]
 
  後半
24分
[交代]
斎藤 翔太(out)⇒清水 貴文(in)
中山 雄登(out)⇒八久保 颯(in) 後半
25分
[交代]
 
上里 一将 後半
27分
[得点]
 
  後半
30分
[交代]
宮本 拓弥(out)⇒萬代 宏樹(in)
三鬼 海(out)⇒光永 祐也(in) 延長後半
07分
[交代]
 
  延長後半
10分
[交代]
田中 恵太(out)⇒外山 凌(in)
菅沼 実 延長後半
13分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ケーズデンキスタジアム水戸
[AWAY]
天候 雨、中風
気温/湿度 23.5℃ / 90%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 968人
主審 清水 勇人
コミッショナー 小花 浩司
副審 桜井 大介、加藤 正和
第4の審判 小室 博明
記録員 金沢 聡

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 13三鬼 海
DF 3イム ジンウ
DF 6村上 巧
DF 32米原 秀亮
DF 2黒木 晃平
MF 38上村 周平
MF 20上里 一将
FW 27中山 雄登
FW 36巻 誠一郎
FW 41菅沼 実



選手名
本間 幸司GK 1
伊藤 槙人DF 5
パウロンDF 32
齊藤 隆成DF 35
船谷 圭祐MF 7
田中 恵太MF 13
湯澤 洋介MF 17
白井 永地MF 18
斎藤 翔太MF 27
山村 佑樹FW 19
宮本 拓弥FW 29
選手名
GK 21野村 政孝
DF 5植田 龍仁朗
DF 26光永 祐也
MF 17岡本 賢明
MF 19八久保 颯
MF 22上原 拓郎
FW 29齋藤 恵太

選手名
笠原 昴史GK 21
今瀬 淳也DF 20
佐藤 和弘MF 10
外山 凌MF 30
クォン ヨンジンMF 31
清水 貴文MF 39
萬代 宏樹FW 9
池谷 友良
西ヶ谷 隆之

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督(熊本) ]
・全体の流れは悪くないので、テンポよくプレーしよう。慌てずにゲームを運ぼう。
・後半は風上になる。足元に速いボールを狙っていって、そのコントロールで出ていこう。
・攻守ともゴール前は大事!
[ 西ケ谷監督(水戸) ]
・距離感を意識しよう。
・粘り強く落ち着いて対応しよう。
・スイッチを入れて点を取りにいこう
試合終了後
[ 池谷監督 ]
監督が交代して2戦目、短い期間であまり準備ができないなか、システムの変更が少し自分たちでやりたいことをやらなければいけないことが整理できてきたかなと。ボールを握ることはだいぶできるようになってきたので、これをゴールのところで味付けがもう1、2ぐらいの工夫は必要だという印象のゲームでした。本当によく球際も激しく、水戸さんより勝ちたい気持ちが少し上回ったかと延長も含めてよく戦ってくれたと思います。今日は両サイドが高い位置を取れたということ、最終ラインでうまくボールを回せた、彼らを剥がすことができたことで、前から来れなくなって、両脇がシステム上空いてくるので、その脇をうまく使えてたということ、ボールを動かす中でかなりダメージを与えれたのかなと思います。連敗中で自身も監督になって2試合目で前節は完敗だったので、選手たちもかなり気合いが入ってましたし、自分たちがやりたいことがある程度、形になってきたということの方が大きいかなと。自分たちが生み出すもの、当然、もう少し味付けが必要になりますが、やりたいことをできたということが大きい。好調な水戸さんが相手だったので、自信は少しは取り戻せてきてると思うので、次につながると思います。
[ 巻選手 ]
球際やボールにチャレンジできていた。奪われた後も高い位置で準備ができた。ビルドアップでは長いボールをうまく使いながら、今日は前線の選手の距離感を近くにおいて孤立しないよう、奪った時に前に出れるように心がけた。攻守にわたってゲームのなかでテンポを見ながらできた。勝たなければいけないと思っていたので、しっかり繋げれて、90分で勝負をつけられれば良かったが、チームとして良い自信になったし、一人一人がゲームにチャレンジする姿勢、ポジティブな姿勢をサポートすることについて、チームとして良いバランスが取れた。このような戦い方をチームとして共有できれば良いし、熊本にいる選手にもフィードバックできればいい。
[ 三鬼選手 ]
攻撃になって瞬時に高い位置をとって、センターバックやボランチが高くなって、巻選手を見ていればボールを上げていくし、きつかったら時間を作ったり、自分たちでボールを繋ぐことができた。PKを得たシーンについては、ボールを裏でもらおうとしていて、ボールが手前のDFになった瞬間にトラップしそうになったので、うまく身体を入れたらPKになった。攻守の切り替え、ワイド、攻撃時に高い位置をとって、守備は5枚なので、すぐ戻ることを意識した。リーグ戦で出られない選手も出場し、ここで勝って良い流れをリーグ戦に持ち込みたかったし、まず勝ったことは良かった。今日の勝利はでごたえになる。
[ 菅沼選手 ]
チームが強くなるために変化を起こすために、あのような結果が出て勝利することができて嬉しかった。トレーニングマッチもトレーニングから、試合を意識してやっていたので、最初は硬かったが、チームも落ち着いてきたし、これからもどんどん良くなる。(得点シーンについて)ボールが来たときにしっかりコースを見てたし、なんとか自分が決めてやるという気持ちで決めることができて良かった。次も必ず点を取ります!

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.