MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 16節

2017年5月28日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 水戸ホーリーホック
2 - 3
0 前半 3
2 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
25分
[得点]
林 陵平
  前半
28分
[得点]
林 陵平
  前半
37分
[得点]
前田 大然
平繁 龍一(out)⇒グスタボ(in) ハーフタイム

[交代]
 
嶋田 慎太郎 後半
04分
[警告]
 
安 柄俊 後半
07分
[得点]
 
林 祥太 後半
12分
[得点]
 
  後半
15分
[警告]
前田 大然
三鬼 海(out)⇒黒木 晃平(in) 後半
22分
[交代]
 
  後半
26分
[交代]
外山 凌(out)⇒船谷 圭祐(in)
林 祥太(out)⇒田中 達也(in) 後半
32分
[交代]
 
  後半
37分
[交代]
橋本 晃司(out)⇒今瀬 淳也(in)
  後半
45+2分
[交代]
前田 大然(out)⇒佐藤 和弘(in)

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 29.4℃ / 35%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 5,300人
主審 小屋 幸栄
コミッショナー 五領 継太
副審 大西 保、日高 晴樹
第4の審判 田代 雄大
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 21野村 政孝
DF 13三鬼 海
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 6村上 巧
MF 22上原 拓郎
MF 28林 祥太
MF 39嶋田 慎太郎
FW 10平繁 龍一
FW 9安 柄俊



選手名
笠原 昴史GK 21
浜崎 拓磨DF 25
細川 淳矢DF 24
福井 諒司DF 33
内田 航平MF 6
橋本 晃司MF 11
佐藤 祥MF 14
白井 永地MF 18
外山 凌MF 30
林 陵平FW 8
前田 大然FW 38
選手名
GK 1畑 実
DF 26光永 祐也
MF 2黒木 晃平
MF 38上村 周平
FW 11グスタボ
FW 14田中 達也
FW 36巻 誠一郎

選手名
木村 豪GK 36
今瀬 淳也DF 20
船谷 圭祐MF 7
佐藤 和弘MF 10
清水 貴文MF 39
山村 佑樹FW 19
宮本 拓弥FW 29
清川 浩行
西ヶ谷 隆之

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・守備面ではもっと運動量をあげて、球際も厳しく、行かなければいけない時はいくこと!
・ボールを奪ってから動かすのであれば、もっとテンポを上げること。
・返しにいくぞ!このまま終わったら何も残らないぞ!
[ 西ケ谷監督(水戸) ]
・コミュニケーションをとって戦おう!
・フィニッシュをきちんと決めきろう!
・最後までやりきろう!
試合終了後
[ 清川監督 ]
スタジアムへたくさんのファン、サポーターが駆けつけてくれて感謝していますが、ホームでなかなか勝つことができず、ファン、サポーターの皆さまには申し訳なく思っています。試合は前半はなんとか凌いでいきたいという、デーゲームの中で暑さもあったので、なんとか凌ぎたかったが、守備面でもなかなか運動量が上がらず、その部分は自分の伝え方が悪かったし、選手達を引き出せれなかったと反省しています。前半0−3になって、後半は点を取りにいくしかなかったので、選手が最後まで諦めずに取りにいってくれたし、よくいえば、ゴール前でのセカンドボールの反応や自分から点を取りに行ける、最後の足を出す、ゴールに食らいついていく場面が出れば、ペナルティエリアでセカンドボールにもっとなど、ワンチャンスをモノにできるチャンスは後半の終わりはあったと思います。
[ 三鬼選手 ]
まずは皆に感謝して、熊本だけでなく、親や皆にプレーで恩返ししようと思ってプレーした。もう少し攻撃面で良いパスをできれば良かった。守備面でも激しくいけたら変わっていたと思う。ハーフタイムに、取り返すしかないと思って、皆が同じ気持ちで後半に臨んだ。前半の3失点がもったいなかった。次は前半から良いサッカーをして、得点して無失点に抑えれるよう頑張りたい。連敗するジンクスを打ち破れるよう、自分が出場したら成果が出るよう頑張りたい。
[ 林選手 ]
ホームで絶対勝とうと挑んだなかで、前半0−3で折り返してもったいなかった。後半2点取れたので改めてもったいないと感じた。(得点シーンについて)安選手が折り返してがむしゃらにいったらゴールを取れた。負けた状況での初ゴールだったので、喜んでいる場合ではなかったが、この1点を弾みに逆転しようと臨んでいた。次節の京都は、自分の地元にあるチームで親も友達も見てくれると思うし、次こそはホームで勝ちにこだわって頑張りたい。
[ 安選手 ]
(得点シーンについて)片山選手からのクロスは練習から狙っていて、来るかなと思ってポジショニングをとった。
前半は何度か良い縦パスが入ったので、前半も点をとるチャンスはあった。そこを決めれなかったことが悔しい。また行くところと行かないところが前半ははっきりしなかったので全員がうまくいってないという感じだった。
ホームでなかなか勝てず、前半を0−3だったことはサポーターに申し訳ない。次もホームなので、反省して頑張りたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.