MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 15節

2017年5月21日(日)
17:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジェフユナイテッド千葉
1 - 1
0 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
31分
[警告]
近藤 直也
  前半
38分
[警告]
船山 貴之
  ハーフタイム

[交代]
船山 貴之(out)⇒菅嶋 弘希(in)
  ハーフタイム

[交代]
アランダ(out)⇒町田 也真人(in)
グスタボ 後半
05分
[得点]
 
巻 誠一郎(out)⇒安 柄俊(in) 後半
14分
[交代]
 
片山 奨典(out)⇒光永 祐也(in) 後半
19分
[交代]
 
  後半
23分
[交代]
山本 真希(out)⇒ラリベイ(in)
齋藤 恵太(out)⇒上村 周平(in) 後半
30分
[交代]
 
  後半
38分
[得点]
指宿 洋史

ゲーム開催記録
スタジアム フクダ電子アリーナ
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 25.1℃ / 61%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 10,068人
主審 大坪 博和
コミッショナー 安間 和仁
副審 伊東 知哉、眞鍋 久大
第4の審判 権田 智久
記録員 田中 基晴

メンバー表
選手名
GK 21野村 政孝
DF 2黒木 晃平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 6村上 巧
MF 22上原 拓郎
MF 29齋藤 恵太
MF 28林 祥太
FW 36巻 誠一郎
FW 11グスタボ



選手名
佐藤 優也GK 23
山本 真希DF 6
岡野 洵DF 26
キム ボムヨンDF 37
近藤 直也DF 3
アランダMF 14
熊谷 アンドリューMF 15
高橋 壱晟MF 32
指宿 洋史FW 50
清武 功暉FW 8
船山 貴之FW 11
選手名
GK 1畑 実
DF 26光永 祐也
MF 32米原 秀亮
MF 38上村 周平
MF 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊
FW 14田中 達也

選手名
山本 海人GK 29
大久保 裕樹DF 17
佐藤 勇人MF 7
町田 也真人MF 10
乾 貴哉MF 28
菅嶋 弘希FW 16
ラリベイFW 9
清川 浩行
ファン エスナイデル

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・後半も立ち上がりから全体でコンパクトに。
・奪ったボールはシンプルに背後へ。早く反応しよう。
・耐えることは大事。ここからが勝負だ!
試合終了後
[ 清川監督 ]
たくさんの熊本のファン、サポーターが集まってくれて、本当に感謝しています。そして、去年の震災後の再開ゲームで、ここフクアリで千葉のサポーターの皆さまが温かく迎えてくださって、今日のゲームも皆さまが温かく応援してくださって、本当に感謝しております。今日は難しい試合になると思っていましたが、なんとか自分達の狙いのところから得点を奪えて、1−0のままピッチでこの選手達の勝利の姿を残したかったですけれども、最後に失点してしまいましたが、選手達は最後までハードに戦ってくれたと思っています。これを来週のホームの試合につなげていきたいと思っています。
[ 巻選手 ]
1年前の試合は、熊本や全国の皆さんに何か伝えたいとピッチに立ったが、自分たちは何もできず悔しさがずっと残っていて、1年後の今日、同じ舞台で戦って、勝点3を熊本に届けたいとピッチに立った。前半から自分たちのプラン通りで、ボールを持つ時間が長く、主導権を握ってピッチにいたが、最後までサポーターの皆さんにピッチで後押しされていました。勝点を持って帰れるので、1歩ずつ前に進めていると思う。
[ 黒木選手 ]
(清武選手と対峙して)間合いをみながらプレーし、ワンタッチでさばくシーンや1対1で自分よりも周りも良い対応ができたと思う。
毎試合、苦しんでいて、今日も最後に失点したが、負けてないということをプラスに考えたい。
[ 村上選手 ]
前半途中まで自分たちがボールを奪いにいって、相手スペースを使われていたので、後半はそこにいかず、寄らせて、相手がはまってきていた。4-4-2ではまっていたので、フォーメーションが変わってもやることは変わらなかったが、選手の立ち位置が微妙に変わって失点してしまった。後半立ち上がりにカウンターからチャンスがあり、2点目を取れずに引き分けとなった。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.