MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 8節

2017年4月16日(日)
18:05キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 松本山雅FC
2 - 0
1 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
グスタボ 前半
07分
[得点]
 
  前半
23分
[警告]
石原 崇兆
安 柄俊(out)⇒巻 誠一郎(in) 前半
40分
[交代]
 
園田 拓也 後半
08分
[警告]
 
  後半
23分
[交代]
セルジーニョ(out)⇒三島 康平(in)
グスタボ(out)⇒齋藤 恵太(in) 後半
26分
[交代]
 
  後半
29分
[交代]
後藤 圭太(out)⇒岡本 知剛(in)
林 祥太(out)⇒光永 祐也(in) 後半
33分
[交代]
 
上里 一将 後半
36分
[得点]
 
  後半
36分
[交代]
田中 隼磨(out)⇒志知 孝明(in)
齋藤 恵太 後半
40分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 24.2℃ / 64%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 13,990人
主審 佐藤 隆治
コミッショナー 井上 勝博
副審 作本 貴典、権田 智久
第4の審判 村上 孝治
記録員 藤山直秀

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 28林 祥太
MF 20上里 一将
MF 6村上 巧
MF 39嶋田 慎太郎
FW 11グスタボ
FW 9安 柄俊



選手名
村山 智彦GK 16
田中 隼磨DF 3
後藤 圭太DF 13
橋内 優也DF 31
飯田 真輝DF 4
岩間 雄大MF 5
石原 崇兆MF 20
工藤 浩平MF 10
宮阪 政樹MF 15
高崎 寛之FW 9
セルジーニョFW 8
選手名
GK 21野村 政孝
DF 26光永 祐也
MF 17岡本 賢明
MF 22上原 拓郎
FW 8モルベッキ
FW 29齋藤 恵太
FW 36巻 誠一郎

選手名
藤嶋 栄介GK 1
安川 有DF 33
武井 択也MF 7
岡本 知剛MF 23
志知 孝明MF 25
三島 康平FW 11
岡 佳樹FW 26
清川 浩行
反町 康治

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・相手の長いボールが多くなっているが、ラインを保ちながらメリハリをつけよう。
・球際、セカンドボールは後半も続けてしっかりいこう。
[ 反町監督(松本) ]
・相手のブロックをどう崩すか、考えてプレーすること。
試合終了後
[ 清川監督 ]
たくさんのファン、サポーターの皆様が駆けつけてくれて感謝しています。昨年の地震で、サッカーファミリーの皆様に協力いただいて昨シーズンを過ごして、今日を迎えられたことを感謝しています。今日の試合については、セカンドボールの拾い合いが全てではないかということで今週、準備をして、セカンドボールをこちらに拾える回数も増えて、立ち上がり点を取れた。でもそこから前線のプレッシャーがかからずに、相手に時間を作られる部分がありましたが、ケガも出て、高い位置からプレッシャーをかけていかなければいけないというところで、後半も含めてプレッシャーをかける部分と引き込む部分とメリハリをつけて、奪ったボールを自分たちのボールにしていこうと、後半も良い形で得点を奪えて、本当に0で抑えて、連敗中でもあるので、勝点3をとって、本当に今日の特別な日に勝利できたことは、本当に選手のおかげだと思っています。
[ グスタボ選手 ]
初ゴールを決めることができて嬉しいし、それに向けてトレーニングしてきたこの特別な日に決められて嬉しいです。これからもたくさんのサポーターの中でやることが、チームにとってもモチベーションになる。チームの為に戦って頑張っていきたいと思います。
[ 嶋田選手 ]
本当に多くのお客さんが入って最高の雰囲気を作ってくれて感謝します。震災から1年で、自分も負けられない気持ちで何が何でも勝ってやろうという気持ちでした。家族のことは思っていましたし、震災でつらい思いをして、ここまでやってきたので、家族の為、県民の為に持てる力を表現しようと思っていました。連敗の中、勝ててホッとしているし、多くのお客さんのなかで勝てたことはすごく大きなこと。ピッチから見える景色も違うし、熊本の方に励まされるなかで、ありがたさをかめしめてプレーできました。周りに支えられてプレーできるので感謝しています。
[ 巻選手 ]
僕らにとっては特別な試合で、そういう試合でこれだけ多くのサポーターが足を運んでくれて後押しをしてくれたので、最後まで足を動かせてもらった。僕らだけの勝利ではなく、熊本県民皆さんの勝利だと思う。パックスタンドが使えるようになって、真っ赤なサポーターが染めてくれて、ここでやれなかったらという気持ちで、僕らを奮い立たせてくれた。1点をしっかり守ることも大事だが、熊本の復興と一緒で前に進まなければならないので、1-0で終わるのか、しっかり守って前に進むのかというのが、大きな意味を持つと思っていた。そのなかであのゴール(2点目)がうまれ、試合を楽にしてくれたし、特別な意味があるゴールだった。試合前の雰囲気やアップ前から感きわまる熱い思いをもっていた。試合後、スタジアムをまわる時、いつも見ていた子ども達やおじいちゃん、おばあちゃんなど、スタジアム中にたくさんの方々が見えて、泣きそうになった。僕らを後押ししてくれて力をもらった。この特別な試合を勝利で、皆が笑顔で帰ることができた。ただこの1試合で終わってはいけないので、このような試合を何度でもして、皆が笑顔で帰って、明日も頑張ろうという良い循環にしたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.