MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 7節

2017年4月9日(日)
15:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 愛媛FC
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
安 柄俊 前半
36分
[警告]
 
齋藤 恵太(out)⇒巻 誠一郎(in) ハーフタイム

[交代]
 
中山 雄登(out)⇒光永 祐也(in) 後半
15分
[交代]
 
  後半
30分
[交代]
神田 夢実(out)⇒丹羽 詩温(in)
  後半
33分
[交代]
小池 純輝(out)⇒小暮 大器(in)
村上 巧 後半
38分
[警告]
 
  後半
41分
[交代]
近藤 貴司(out)⇒安田 晃大(in)
  後半
43分
[得点]
丹羽 詩温
嶋田 慎太郎(out)⇒グスタボ(in) 後半
44分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ニンジニアスタジアム
[AWAY]
天候 曇、弱風
気温/湿度 21.3℃ / 71%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,766人
主審 清水 修平
コミッショナー 河野 暁
副審 伊東 知哉、鈴木規志
第4の審判 藤田 優
記録員 大南 麻里子

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 20上里 一将
MF 29齋藤 恵太
MF 6村上 巧
MF 27中山 雄登
MF 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊



選手名
パク ソンスGK 31
玉林 睦実DF 3
林堂 眞DF 23
浦田 延尚DF 2
藤田 息吹MF 5
小島 秀仁MF 8
小池 純輝MF 41
白井 康介MF 14
近藤 貴司FW 7
神田 夢実FW 11
河原 和寿FW 20
選手名
GK 21野村 政孝
DF 26光永 祐也
MF 17岡本 賢明
MF 22上原 拓郎
MF 38上村 周平
FW 11グスタボ
FW 36巻 誠一郎

選手名
馬渡 洋樹GK 21
西岡 大輝DF 4
三原 向平DF 6
堀田 秀平DF 19
安田 晃大MF 10
小暮 大器MF 17
丹羽 詩温FW 15
清川 浩行
木山 隆之

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・圧力をかけるところ、がまんするところをはっきりしよう。
・カウンターのチャンスはあるので、続けていこう。
・ボールを動かす時は、受け身にならず、どんどん動いていこう。
[ 間瀬監督(愛媛) ]
・攻撃は強いアクションを起こしていこう。
・守備は相手のカウンターに対して、しっかりリスクマネジメントをしよう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
愛媛まで駆けつけてくれたファン、サポーターの皆様に感謝します。4連敗で勝ちに結び付けられなかったことに対して申し訳なく思っています。試合は耐える時間を作りながら、なんとかボールを奪って早い仕掛けをしたいというところで、前半は何本かありましたが、なかなかうまくプレッシャーがかからず、ズルズル後ろに重くなった部分があって、相手にかなりボールを動かされる時間が増えてしまった。システムを変えて、後半も含めてですが、少し高い位置からプレッシャーをかけて攻撃につなげようというなかで、シュートチャンスもありましたが、そこで決めきれずに、最後のところでミスが出て、失点してしまった。4連敗していますが、ホームでの震災から1年の試合が待っているので、切り替えて勝利に向けて頑張りたいと思います。
[ 巻選手 ]
押し込まれる場面があったが、粘り強く戦えていたので、熊本に勝点を持って帰りたかった。連敗で、昨年も苦しい時期もあったが乗り越えてきたので、チーム一丸となって苦しい時期を自分たちで乗り越えたい。
[ 村上選手 ]
自分たちは連敗していて、連敗をストップできればと思っていた。悪い流れだったが、どんな試合をしようと結果が欲しかったので残念。内容はそれほど良くないなかでも、ゴール前で体を張って凌げていた部分は良かったが、自分たちのミスからやられてしまったので、修正点はまだ多い。後半は相手の圧力が上回っていて、中盤のミスやセカンドボールのミスなどがあって、相手の狙い通りになってしまった。前半は4-1-4-1でやっていたが、シャドーのところをうまく使われてしまい、前半途中からシステムを変えて落ち着いてできた。次節は復興支援マッチだが、結果が全てだと思うが、熊本で見に来てくれるお客様の為にも、勇気や感動を与えられるような試合をしたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.