MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 6節

2017年4月1日(土)
17:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 名古屋グランパス
1 - 5
0 前半 3
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
08分
[得点]
佐藤 寿人
  前半
16分
[得点]
永井 龍
  前半
37分
[得点]
シモビッチ
上村 周平(out)⇒巻 誠一郎(in) ハーフタイム

[交代]
 
  後半
09分
[警告]
杉本 竜士
  後半
10分
[警告]
ワシントン
  後半
12分
[交代]
杉本 竜士(out)⇒田鍋 陵太(in)
  後半
17分
[交代]
玉田 圭司(out)⇒八反田 康平(in)
  後半
19分
[交代]
佐藤 寿人(out)⇒フェリペ・ガルシア(in)
齋藤 恵太 後半
20分
[得点]
 
  後半
23分
[得点]
フェリペ・ガルシア
齋藤 恵太(out)⇒グスタボ(in) 後半
29分
[交代]
 
  後半
34分
[得点]
フェリペ・ガルシア
嶋田 慎太郎(out)⇒田中 達也(in) 後半
39分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 豊田スタジアム
[AWAY]
天候 曇、無風
気温/湿度 12.4℃ / 54%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 11,554人
主審 清水 勇人
コミッショナー 高林 敏夫
副審 岡野 宇広、山際 将史
第4の審判 間島 宗一
記録員 渡辺 輝久

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 4園田 拓也
DF 26光永 祐也
DF 7片山 奨典
MF 20上里 一将
MF 29齋藤 恵太
MF 38上村 周平
MF 6村上 巧
MF 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊



選手名
楢崎 正剛GK 1
宮原 和也DF 15
櫛引 一紀DF 3
内田 健太DF 39
杉本 竜士DF 25
永井 龍MF 38
ワシントンMF 8
和泉 竜司MF 29
玉田 圭司MF 28
佐藤 寿人FW 11
シモビッチFW 9
選手名
GK 21野村 政孝
DF 5植田 龍仁朗
MF 17岡本 賢明
MF 22上原 拓郎
FW 11グスタボ
FW 14田中 達也
FW 36巻 誠一郎

選手名
渋谷 飛翔GK 18
磯村 亮太MF 13
田鍋 陵太MF 14
八反田 康平MF 21
杉森 孝起MF 27
フェリペ・ガルシアFW 10
押谷 祐樹FW 19
清川 浩行
風間 八宏

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・相手にしっかりプレスをかけてボールを奪って攻めよう。
・チャンスはある。決めてるか決めてないかだけだ。
・スペースを意識しながらプレーしよう。
[ 風間監督(名古屋) ]
・中盤は今のままチャレンジとカバー
・もう一度、しっかり押し上げよう。
・無理せず、シンプルに。
・前半より集中して後半に入ろう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
名古屋へ駆けつけてくれたファン、サポーターの皆様に本当に感謝するのと、今日も負けが続いて、本当に申し訳なく思います。試合は少しシステムを変えて、粘り強く我慢しながら、守備から攻撃という形でカウンターを仕掛けていきたいという狙いもあって、立ち上がりにボールをひっかけたり、うまい形でボールを拾って何本かそのようなシーンは生まれましたが、そこで決まっていたら、落ち着きを取り戻せたかもしれませんが、そこから奪われて逆に相手に早い仕掛けをつくられて前半に3失点してしまって、プラン的には変わってしまったかもしれません。後半は4-4-2に戻して、負けているので取りにいかなければいけないということで、前線からプレスをかけにいきましたが、名古屋さんのボールの動かしに、足が止まってしまって、良い形で得点することもできなかった。また帰って修正して、次のゲームをしていきたいと思っています。
[ グスタボ選手 ]
負けていたので、自分のベストを尽くし、チームを助けるためにピッチに入って、シュートを打ったが、点を取れなかったので、次に向けて頑張りたい。これからもトレーニングを頑張って、個人としても、チームとしても良くしていって、次の試合の勝点につなげられる努力が必要。古巣・名古屋のピッチでプレーすることができて、仲間に会えて嬉しかった。
[ 巻選手 ]
名古屋はJ1にいたチームで力があるチームなので、なんとか0点で長い時間耐える中で、早い時間に失点してしまい、90分通して自分たちのプレーができなかった。豊田スタジアムはサッカースタジアムで、ピッチが近く、ゴール裏のサポーターの応援を受けながらプレーできた。ただ、相手の圧力も受けたことも、早い時間の失点につながってしまったのかもしれない。
名古屋の選手達も震災で、いろんな活動を熊本の為にやってくれたし、もうすぐ1年という中でも忘れずに活動してくれている。熊本の代表として5失点はあったが、最期まで足を止めずにいたことはありがたい。何か還元したいし、子供に夢を与えたい。皆さんの力を借りて一緒に盛り上げていきたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.