MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 4節

2017年3月19日(日)
14:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アビスパ福岡
1 - 2
0 前半 0
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  後半
09分
[得点]
冨安 健洋
八久保 颯(out)⇒安 柄俊(in) 後半
11分
[交代]
 
  後半
12分
[交代]
松田 力(out)⇒ウィリアン ポッピ(in)
巻 誠一郎 後半
21分
[得点]
 
上里 一将 後半
23分
[警告]
 
  後半
25分
[交代]
ダニルソン(out)⇒坂田 大輔(in)
巻 誠一郎(out)⇒グスタボ(in) 後半
27分
[交代]
 
黒木 晃平 後半
28分
[退場]
 
  後半
31分
[得点]
ウェリントン
嶋田 慎太郎(out)⇒齋藤 恵太(in) 後半
32分
[交代]
 
  後半
38分
[警告]
石津 大介
グスタボ 後半
38分
[警告]
 
  後半
42分
[交代]
駒野 友一(out)⇒實藤 友紀(in)

ゲーム開催記録
スタジアム レベルファイブスタジアム
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 19.4℃ / 44%
ピッチ 全面良芝 、乾燥
入場者数 9,008人
主審 廣瀬 格
コミッショナー 加藤 光雄
副審 五十嵐 泰之、岩田 浩義
第4の審判 イ サンギ
記録員 道下 亨

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 4園田 拓也
DF 26光永 祐也
DF 7片山 奨典
MF 28林 祥太
MF 6村上 巧
MF 20上里 一将
MF 39嶋田 慎太郎
FW 19八久保 颯
FW 36巻 誠一郎



選手名
杉山 力裕GK 23
駒野 友一DF 3
冨安 健洋DF 14
岩下 敬輔DF 36
亀川 諒史DF 18
城後 寿MF 10
三門 雄大MF 7
ダニルソンMF 6
松田 力FW 8
石津 大介FW 16
ウェリントンFW 17
選手名
GK 21野村 政孝
MF 17岡本 賢明
MF 22上原 拓郎
MF 38上村 周平
FW 9安 柄俊
FW 11グスタボ
FW 29齋藤 恵太

選手名
神山 竜一GK 1
實藤 友紀DF 5
下坂 晃城DF 30
末吉 隼也MF 15
坂田 大輔FW 11
ウィリアン ポッピFW 21
邦本 宜裕FW 27
清川 浩行
井原 正巳

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・後半は前半以上に勇気を持って戦おう!絶対、抜かないこと。
・相手はもっと圧力をかけてくるかもしれない。マイナスのボールに対して、必ず出ること。
・チャンスは絶対くる!焦らず冷静に戦おう。
[ 井原監督(福岡) ]
・セカンドボールを拾う。その後の対応もしっかり。
・つなげる所はしっかるつなぐ。自信を持って。
・難しい試合、割り切って戦おう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
連休のなか、たくさんのファン、サポーターの方が福岡に集まってくれて、選手の後押しになるパワーをくれて、本当に感謝しています。試合は、前半は耐える時間を作っていかなければいけないなかで、セカンドボールの争いや、それをうまくマイボールにできるかどうかというところでピンチもありましたが、全体でやろうとするところは前半もトライできた。後半はそれ以上に続けていこうとやって、失点こそありましたが、追いつくかたちで、もう1回ギアを上げていきたかったのですが、セットプレーから点を取られて、退場も出たなかで、選手は最後まで懸命にチームのために、熊本のために頑張ってくれたと思います。
[ 巻選手 ]
先制されたなかでも粘り強く追いつけたことは良かった。結果は負けましたが、ポジティブな要素があるゲームだった。その良いところをストロングポイントとして続けたい。去年、ゴールが取れなかったので、今年は早い段階でゴールを取ることができて良かった。チームの勝利に結びつくゴールを取り続けたい。
[ 光永選手 ]
今日の相手の福岡は小さい時から育ったチームなので、感慨深いものがあった。チーム状況もあり、CBでの出場となりましたが、熊本のために貢献してできることがあればという思いでピッチに立った。
[ 片山選手 ]
バトルオブ九州だったし、勝ちたかった。シュートまであまり行けてないところもあったので、もう少しいければ良かった。次はホームでのバトルオブ九州なので、頑張りたい。
[ 嶋田選手 ]
前半はこちらのペースでボールを動かせていたし、問題点はなかったが、前半の良い流れで決めたかった。後半は引き気味になって、今日、負けてしまったことは悔しい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.