MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2017明治安田生命J2リーグ 1節

2017年2月26日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 カマタマーレ讃岐
2 - 1
1 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
安 柄俊 前半
22分
[得点]
 
安 柄俊 後半
12分
[得点]
 
  後半
12分
[交代]
馬場 賢治(out)⇒高木 和正(in)
  後半
13分
[交代]
我那覇 和樹(out)⇒原 一樹(in)
岡本 賢明(out)⇒齋藤 恵太(in) 後半
15分
[交代]
 
  後半
25分
[得点]
永田 亮太
平繁 龍一(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
33分
[交代]
 
  後半
41分
[交代]
渡邉 大剛(out)⇒中島 大貴(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒光永 祐也(in) 後半
43分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム えがお健康スタジアム
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 12.9℃ / 55%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 7,027人
主審 柿沼 亨
コミッショナー 猿沢 茂
副審 正木 篤志、野村 修
第4の審判 先立 圭吾
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 23小谷 祐喜
DF 4園田 拓也
DF 7片山 奨典
MF 17岡本 賢明
MF 6村上 巧
MF 20上里 一将
MF 39嶋田 慎太郎
FW 9安 柄俊
FW 10平繁 龍一



選手名
清水 健太GK 1
市村 篤司DF 6
李 栄直DF 17
エブソンDF 30
西 弘則DF 23
仲間 隼斗MF 19
永田 亮太MF 7
渡邉 大剛MF 5
馬場 賢治MF 11
我那覇 和樹FW 9
木島 徹也FW 13
選手名
GK 21野村 政孝
DF 13三鬼 海
DF 26光永 祐也
MF 38上村 周平
MF 41菅沼 実
FW 29齋藤 恵太
FW 36巻 誠一郎

選手名
瀬口 拓弥GK 24
中島 大貴DF 3
荻野 広大MF 2
大沢 朋也MF 8
高木 和正MF 10
原 一樹FW 20
木島 良輔FW 33
清川 浩行
北野 誠

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・後半も立ち上がりからしっかりプレスをかけていこう。
・ラインの押し上げはこまめにやっていくこと。
・守備は全体で合わせてコンパクトに。
[ 北野監督(讃岐) ]
・サイドチェンジされた時のポジショニングを気をつけよう。
・シュートまで早くすることを意識しよう。
・セットプレーをもう一度確認しよう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
たくさんのファン、サポーターの皆さんがスタジアムに来てくれてありがとうございます。ホームでの開幕戦を勝利をおさめることができて良かったですし、選手達は最後まで諦めずにプレーしてくれたことにも満足しています。試合は長いボールが入る形でセカンドボールも奪えず、なかなかゲームプランの形にはならなかったが、セカンドボールが拾えるようになってから少し幅を使いながら中にボールを運んでいくことがうまく出て、その流れでセットプレーが来て点を取れた。後半は相手の攻撃を凌ぎながら点を奪って、1点返されたのはセットプレーの準備が遅くて、そのスキをやられてしまったことは修正していかなければならない。最後まで選手達が頑張ってくれて感謝しています。
[ 岡本選手 ]
まずは勝てて良かったという気持ちですが、これで満足せず、これからがスタート。これから毎試合、厳しい試合が続くが、気を引き締めて次に臨みたい。開幕戦は独特な雰囲気で、お互い勝ちたい気持ちがあり、今日は内容よりも結果にこだわって勝った。良いところ、悪いところがあったが、向上していける部分もある。ホームで開幕できたことはありがたいことで、大声援を受けてプレーできることを嬉しく思う。簡単に勝てる試合はないので、1試合1試合、全員がハードワークをして、最終的に上を狙いたい。
[ 上里選手 ]
ホッとしている。重要な試合だったので、内容よりも勝つことが大事だった。先制点は安選手を褒めてあげたい。コーナーキックは、GKが出れないところと安選手を意識して蹴った。チームとして取ることで、それが先制につながって良かった。サポーターの声援は熱かったし、何かしら元気を与えられるようにプレーをした。選手、サポーター一体となって戦って、目標のJ1昇格に向かっていかなければいけない。
[ 嶋田選手 ]
開幕戦を勝利することができて良かった。(2点目につながるパスについて)安選手が抜けてゴールにつながって良かった。自分の良いところを出せたのは良かった。ニューイヤーカップは良い感じでプレーできていたし、今週も良いトレーニングができたので、皆の意識が今日の勝利につながった。いろんな方々が見てくれているので、ピッチで輝くことが大事だと思うので、どんな試合もしっかり準備をして臨みたい。
[ 安選手 ]
この開幕戦に向けて、チームとしてハードにトレーニングをしてきたので、開幕ホームで勝点3を取れて良かった。(先制点について)上里選手から良いポイントにボールが来て、最後まで見て当てようとプレーし、決まって良かった。自分のマークに入ってる選手の背後をつければいいと思って、良いタイミングで抜けることができた。FWなのでゴールを取る確率は高いが、皆でハードワークをした結果、ゴールすることができたことは良かった。
(2点目について)嶋田選手から絶妙なタイミングで裏へスルーパスが出て、自分も余裕があったので良かった。得点以外の攻撃面も守備面もチームに貢献することが勝点3につながるので、結果でゴールにつながって良かった。今日ホームのスタジアムで初めてプレーして、サポーターの雰囲気が、僕やチームの後押しとなった。これから連戦が続くので、今日で切り替えてしっかり準備をして次も勝点3を取りにいきたい。

2017シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.