MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 42節

2016年11月20日(日)
14:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 セレッソ大阪
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
キム テヨン 前半
04分
[警告]
 
  前半
22分
[警告]
丸橋 祐介
  前半
45+1分
[警告]
杉本 健勇
平繁 龍一(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
16分
[交代]
 
  後半
20分
[交代]
澤上 竜二(out)⇒酒本 憲幸(in)
齊藤 恵太(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
30分
[交代]
 
  後半
32分
[交代]
清原 翔平(out)⇒田代 有三(in)
  後半
35分
[得点]
杉本 健勇
上村 周平(out)⇒菅沼 実(in) 後半
38分
[交代]
 
  後半
40分
[警告]
酒本 憲幸
  後半
43分
[交代]
柿谷 曜一朗(out)⇒秋山 大地(in)

ゲーム開催記録
スタジアム キンチョウスタジアム
[AWAY]
天候 曇一時雨、弱風
気温/湿度 20.7°C / 75%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 11,452人
主審 塚田 健太
コミッショナー 小林 進
副審 松井 健太郎、高寺 恒如
第4の審判 野田 祐樹
記録員 中川 佳裕

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 4園田 拓也
DF 33薗田 淳
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 38上村 周平
MF 14キム テヨン
MF 6村上 巧
FW 29齊藤 恵太
FW 11平繁 龍一
FW 10清武 功暉



選手名
キム ジンヒョンGK 21
藤本 康太DF 4
松田 陸DF 15
山下 達也DF 23
ソウザMF 6
丸橋 祐介MF 14
清原 翔平MF 18
山口 蛍MF 41
柿谷 曜一朗FW 8
杉本 健勇FW 9
澤上 竜二FW 29
選手名
GK 1畑 実
DF 3鈴木 翔登
DF 23藏川 洋平
MF 22上原 拓郎
MF 39嶋田 慎太郎
MF 41菅沼 実
FW 36巻 誠一郎

選手名
丹野 研太GK 27
酒本 憲幸DF 17
椋原 健太DF 33
山村 和也MF 24
秋山 大地MF 26
ベサルト アブドゥラヒミFW 10
田代 有三FW 19
清川 浩行
大熊 清

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・前に運べるのであれば運んでいこう。
・シュートもクロスも積極的に打っていこう。
・泣いても笑っても、あと45分だ!
[ 大熊監督(大阪) ]
・テンポよくボールを動かして攻めよう。
・切り替えを早くして、しっかりと守ろう。
・セットプレーは集中しよう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
たくさんのファン、サポーターの方が大阪に駆けつけてくれて、本当にありがたく感謝しています。試合は今年1年やり続けてきた、できるだけ高い位置からボールを奪いに行って、それを攻撃につなげようということで、前半も後半も含めてボールを奪いにいく姿勢を見せ、攻撃に出ましたが、なかなかゴールまで結びつきませんでした。後半の半ばくらいで少しイケイケになってしまい、中盤のバランスを崩してしまったところを突かれてしまって失点をしてしまいましたが、選手達は最後まで点を取りにいく姿勢を見せてくれましたし、最後までハードワークをしてくれたと思います。
[ 清武選手 ]
内容は悪くなかったし、チャンスもあったし、最悪0−0で終われたゲームだった。良い位置でボールを奪えて、カウンターもいけて良かったが、シュートを打てずに終わってしまった。熊本のサポーターから応援コールをしてもらえて嬉しいし、ありがたい。地震があって、いろんな思いを背負って大変なシーズンだったが、やりがいのあるシーズンだったので、サポーターの為にも勝ちたかったが残念。
[ 巻選手 ]
入りは相手の技術でボールを持たれたが、前半途中からは相手のボランチとディフェンスの間で収まって、攻撃のテンポが出てきた。日程的にタイトな試合をやることがなかったので苦労したが、最低限の残留が決まって、来年に向けて準備ができる。苦しいなかでもみんなでハードワークして、気持ちも切らさずに、くらいついていけたことは良い経験だった。サポーターの皆さんへの感謝が一番大事。
[ 上村選手 ]
たくさんの人が支えてくれて感謝しなければいけない1年だった。前半は個人的にもミスが多くてチャンスメイクはできなかったが、球際のところはいけたと思う。残り10分でやられてしまって残念だが、チームとして耐えられる部分もあったので、気を抜かずにやれればもっとやれていたかなと思う。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.