MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 39節

2016年11月3日(木)
14:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 松本山雅FC
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
17分
[警告]
田中 隼磨
  後半
03分
[交代]
那須川 将大(out)⇒宮阪 政樹(in)
  後半
22分
[得点]
高崎 寛之
菅沼 実(out)⇒巻 誠一郎(out) 後半
27分
[交代]
 
上原 拓郎(out)⇒平繁 龍一(in) 後半
28分
[交代]
 
齊藤 恵太(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
41分
[交代]
 
  後半
42分
[交代]
高崎 寛之(out)⇒三島 康平(in)
片山 奨典 後半
45分
[警告]
 
  後半
45+3分
[警告]
宮阪 政樹
  後半
45+4分
[交代]
工藤 浩平(out)⇒武井 択也(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 松本平広域公園総合球技場
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 14.5℃ / 35%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 13,241人
主審 榎本 一慶
コミッショナー 高橋 信光
副審 聳城 巧、権田 智久
第4の審判 篠藤 巧
記録員 石黒 靖

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 33薗田 淳
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 6村上 巧
MF 14キム テヨン
MF 22上原 拓郎
FW 29齊藤 恵太
FW 41菅沼 実
FW 10清武 功暉



選手名
シュミット ダニエルGK 1
田中 隼磨DF 3
後藤 圭太DF 13
飯田 真輝DF 4
那須川 将大DF 24
喜山 康平MF 11
岩間 雄大MF 5
パウリーニョMF 14
石原 崇兆MF 20
高崎 寛之FW 29
工藤 浩平FW 23
選手名
GK 1畑 実
DF 3鈴木 翔登
MF 8髙柳 一誠
MF 17岡本 賢明
MF 39嶋田 慎太郎
FW 11平繁 龍一
FW 36巻 誠一郎

選手名
白井 裕人GK 25
安川 有DF 33
武井 択也MF 7
宮阪 政樹MF 15
ウィリアンスFW 8
山本 大貴FW 19
三島 康平FW 39
清川 浩行
反町 康治

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・多くのチャンスはないかもしれないが、ピンチを防いだのだから、チャンスは絶対来る。最後まで常に全体でサッカーをしよう。
・全体で行くところ、1回セットするところを前も後ろもしっかり判断しよう。
[ 反町監督(松本) ]
・ロングボールの処理を間違えないように。
・外とボランチを起点に。
・2人の関係ではなく、2人目も関わる。
試合終了後
[ 清川監督 ]
たくさんの熊本のサポーターが、松本に駆けつけてくれて感謝しています。
試合はできるだけ高い位置でプレッシャーをかけながら、ボールを高い位置で奪ってカウンターというのをポイントにして、立ち上がりから攻撃を仕掛けました。PKを取られましたがGKが防いで、こちらのリズムになり、後半も前半の部分をつなげて入ろうと立ち上がりも良く、松本の高崎選手のマークをしていたんですけれども、一瞬のスキを突かれて決められて、そのあとは点を取りにいかないといけないので前線を増やしましたが、なかなかゴールまでいかず残念です。ただ、選手は連戦のなか、最後まで諦めることなくゴールに迫ってくれたと思いますし、アグレッシブにゴールを奪いにいって仕掛けてくれたと思います。そこは感謝しています。
中2日になりますが、ホーム熊本に帰って、京都を迎えたいと思います。
[ 佐藤選手 ]
最初は予想通り、相手が圧力をかけてくる展開になると思っていた。ピンチをしのいで後半を迎えたことは予想通り。(失点について)サッカーとはそういうもので、ワンピンチかもしれないが、それで負けるのもサッカーで、いかに(このようなシーンを)無くしていくか、常に後ろの選手は集中を切らさず、チームとしてトレーニングからマークをつくなど当たり前のことを90分できるのかどうかだと思う。
[ 菅沼選手 ]
松本は上位で、徹底したスタイルで勢いがあるので、自分は前で起点になって勝利に貢献したかった。DFも頑張っていたので、前でフィニッシュにもっていければ。守備の時間が長かったが、良いタイミングでくさびが入るタイミングもあったし、サイドチェンジでクロスもあったが、もっと増やさなければいけない。自分はFWで出ているのでもっとゴールを増やしてスキルアップをしていかなければいけない。今日の試合は悔しい。改善点がいっぱいあった。試合はすぐだが、帰ってトレーニングをしたい。
[ 村上選手 ]
セカンドボールをもっと拾えたら、厚みのある攻撃ができたと思う。力強くもっと前に出ていれば、チャンスはあったと思う。前半は粘り強くできていたが、後半はできていない部分もあったので、次も上位相手だが、粘り強く戦いたい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.