MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 38節

2016年10月30日(日)
15:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 北海道コンサドーレ札幌
2 - 0
1 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
10分
[警告]
永坂 勇人
清武 功暉 前半
11分
[得点]
 
  前半
45+2分
[警告]
前 貴之
平繁 龍一 後半
20分
[得点]
 
  後半
25分
[交代]
永坂 勇人(out)⇒ジョリーニョ(in)
  後半
25分
[交代]
前 寛之(out)⇒神田 夢実(in)
清武 功暉(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
29分
[交代]
 
平繁 龍一(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
29分
[交代]
 
  後半
32分
[交代]
内村 圭宏(out)⇒菅 大輝(in)
薗田 淳(out)⇒鈴木 翔登(in) 後半
37分
[交代]
 
齊藤 恵太 後半
45+7分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 22.6℃ / 43%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 7,880人
主審 池内 明彦
コミッショナー 小川 裕明
副審 田中 利幸、鈴木 規志
第4の審判 田島 宏則
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 33薗田 淳
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 6村上 巧
MF 14キム テヨン
MF 22上原 拓郎
FW 29齊藤 恵太
FW 11平繁 龍一
FW 10清武 功暉



選手名
ク ソンユンGK 25
永坂 勇人DF 29
増川 隆洋DF 18
福森 晃斗DF 24
前 貴之MF 6
宮澤 裕樹MF 10
前 寛之MF 16
堀米 悠斗MF 31
上原 慎也MF 14
都倉 賢FW 9
内村 圭宏FW 13
選手名
GK 1畑 実
DF 3鈴木 翔登
MF 8髙柳 一誠
MF 17岡本 賢明
MF 38上村 周平
MF 39嶋田 慎太郎
FW 36巻 誠一郎

選手名
金山 隼樹GK 1
河合 竜二MF 4
菊地 直哉MF 15
石井 謙伍MF 19
神田 夢実MF 28
ジョリーニョMF 7
菅 大輝FW 38
清川 浩行
四方田 修平

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・後半も立ち上がりから、前半と同じようにいこう。1−0で勝ってるとは思わないこと。
・相手はもっと圧力をかけてくると思うので、弱気にならず、セカンドボールへの対応をしっかりと。
・セットプレーを大事にしよう。
[ 四方田監督(札幌) ]
・焦らず、自分たちのやるべきことをしっかりやろう。
・サイドのスペースを有効に使おう。
・簡単にシンプルにボールを動かしながらプレーしよう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
たくさんのファン、サポーターの方がスタジアムに駆けつけてくれて、ありがたく思っています。
試合は前半から選手がハードワークをして、ズルズル下がることなくプレッシャーをかけ続けて、良い時間に1点取れて、そのまま後半を迎えて、相手のクロスや長いボールに対して全体で踏ん張って、セカンドボールをひろって攻めるという狙いだった部分で、皆本当に頑張ってくれた勝利だと思っています。
[ 清武選手 ]
無失点で抑えて久しぶりにサポーターに勝利を届けることができて良かった。PKは齋藤選手がもらったが、自分も自信があったので、齋藤選手も託してくれたし、落ち着いて蹴ることができた。齋藤選手のスピードで取った1点だと思う。
(ロアッソのホームゲーム通算200ゴール目について)そのようなゴールを決めることができて良かったし、勝ちにつながって良かった。
前節はボールがサイドで収まらず、引き出せなかったので、今日は前線の絡みができればと思っていて、できたので、次につなげていかなければと思う。
(2点目のシーンについて)相手を左右にうまく揺さぶれて、平繁選手がニアに入っていて、良い形で点が取れて良かった。
今日は7,000人以上も入って、雰囲気も良かったし、残り4試合でホームゲームが2試合あるので、しっかり3連戦を勝って、良い結果を残したい。次は2位の松本戦だが、アグレッシブに早いカウンターで戦っていけば勝つチャンスはある。
[ 齋藤選手 ]
試合前から平繁選手とボールが入ったら出して欲しいと話をしていたので、PKになったシーンは狙い通りになったと思う。PKは、清武選手と話をして清武選手が蹴ったが、自信がある人に蹴らせた方がいいと思った。1戦1戦負けられないと思うので、がむしゃらにいくという気持ちで戦った。信頼して使ってもらうことは、求められているものに応えていかなければいけないので、素直に嬉しい気持ち。このように多くの方々に応援してもらってホームでの勝利だったので嬉しかった。今年は震災もあったが、首位チームに勝ったことは、熊本に力を与えられたと思う。1戦1戦落とせない試合が続くので、しっかり臨みたい。
[ 平繁選手 ]
なかなか結果が出ない中、首位・札幌相手にしっかり勝てて良かった。相手の嫌なところでボールを受けてキープして味方の上がりを待つことと、多少孤立することもあると思うがキープすることを心がけた。1点目は齋藤選手と良い形でチャンスを作れたと思う。2点目のゴールは、自分はあのような形のゴールは何回かあって得意な形で、片山選手から良いボールが来て、角度がなかったが、当てすぎないようにしてうまく流し込めた。なかなか結果が出なかったが、今日、チャンスをもらってモノにできて良かった。強い相手が続くので、切り替えて次に向けて良い準備をしたい。
[ 巻選手 ]
なかなか勝点3が取れないなか、それでもこれだけ多くのサポーターに力をもらえて、その積み重ねが勝点3につながった。多くの方々に力をもらっていたので、この結果が1番物語っている。
(多くの被災者の方々がスタジアムに来られたことについて)自分自身も戦える勇気や自信をもらったし、携わった皆さんだけでなく、まだ熊本でも普段の生活に戻ってない方々の活力になれるようこれからもプレーしていきたい。多くのサポーターと喜びを一緒に分かち合えて良かった。プレーオフ進出は残念ながらできなかったが、そのなかでも県民に勇気や元気や活力を共有することを示したいと思うので、最後まで勝ちを目指して、喜びを分かち合えるように良い準備をしたい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.