MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 36節

2016年10月16日(日)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 FC町田ゼルビア
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
09分
[交代]
井上 裕大(out)⇒戸島 章(in)
齊藤 恵太 前半
42分
[警告]
 
  後半
03分
[得点]
松本 怜大
中山 雄登(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
06分
[交代]
 
菅沼 実(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
22分
[交代]
 
巻 誠一郎 後半
29分
[警告]
 
村上 巧(out)⇒平繁 龍一(in) 後半
37分
[交代]
 
  後半
45+1分
[警告]
畠中 槙之輔
  後半
45+3分
[交代]
谷澤 達也(out)⇒久木野 聡(in)
  後半
45+5分
[交代]
森村 昴太(out)⇒大谷 尚輝(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 町田市立陸上競技場
[AWAY]
天候 晴、無風
気温/湿度 21.3℃ / 57%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,218人
主審 上村 篤史
コミッショナー 磯谷 正人
副審 関谷 宜貴、細尾 基
第4の審判 秋澤 昌治
記録員 河合 純一

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 15小谷 祐喜
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 27中山 雄登
MF 14キム テヨン
MF 6村上 巧
FW 29齊藤 恵太
FW 10清武 功暉
FW 41菅沼 実



選手名
髙原 寿康GK 21
土岐田 洸平DF 10
畠中 槙之輔DF 3
カルフィン ヨン ア ピンDF 37
松本 怜大DF 19
森村 昴太MF 29
李 漢宰MF 6
井上 裕大MF 15
谷澤 達也MF 8
仲川 輝人FW 25
中島 裕希FW 30
選手名
GK 1畑 実
DF 33薗田 淳
MF 22上原 拓郎
MF 38上村 周平
MF 39嶋田 慎太郎
FW 11平繁 龍一
FW 36巻 誠一郎

選手名
内藤 圭佑GK 1
有薗 真吾DF 16
大谷 尚輝DF 35
大竹 隆人MF 13
横山 翔平MF 14
戸島 章FW 23
久木野 聡FW 38
清川 浩行
相馬 直樹

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・守備はバランスよく。行く、行かないをはっきりと。
・ビルドアップは落ち着いて。
・後半立ち上がりは前に前に。ゆるめるな。
[ 相馬監督(町田) ]
・最後、フィニッシュで終わろう!
・攻めている時のリスク管理をしっかりしよう!
・みんなで1歩ずつ助け合ってプレーしよう!
試合終了後
[ 清川監督 ]
たくさんのサポーターが駆けつけてくれて、大変感謝しています。また試合後には町田からあたたかい言葉をかけていただき、大変ありがたく思っています。
熊本地震から半年がたち、なんとか勝点を持ち帰りたかったのですが、熊本の方々には申し訳なく思っています。
ゲームについては、前半からきびしいゲームになることは予想していました。ディフェンスの背後を狙ってくること、質の高い2列目からのランニングなど、危険なシーンも何度かありましたが、そのボールを奪って素早い仕掛けのカウンターで状況を変えようとしました。何本かいい形はあったが、決めることができず、後半立ち上がりに失点してしまいました。攻撃的な選手を代えながら点を奪いにいったが、最後の質や、泥臭さが足りず、得点することができなかった。
残りの試合を勝ちに繋げていきたいと思います。
[ 佐藤選手 ]
PKの場面では、キッカーにプレッシャーをかけたり、駆け引きがうまくできた。押し込まれた時間帯もあり、残念だったが、試合を通して安定した守りができていたので、勝ちたかった。
[ 巻選手 ]
ロアッソは熊本と共に歩んでいるクラブ。なんとか熊本に勝点を届けたかった。下を向かないで、これからも前を向いて、何度もチャレンジしていきたい。前よりももっと素晴らしい熊本にしていきたい。
[ 齋藤選手 ]
相手のセンターバックにもっとプレッシャーにいければよかった。攻撃では、自分の落ち着きであったり、相手をいなすような余裕を、自分の中でもっと持たないといけない。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.