MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 31節

2016年9月11日(日)
19:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 愛媛FC
0 - 1
0 前半 1
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
02分
[得点]
内田 健太
  前半
26分
[警告]
茂木 力也
髙柳 一誠(out)⇒平繁 龍一(in) 後半
09分
[交代]
 
岡本 賢明(out)⇒菅沼 実(in) 後半
16分
[交代]
 
  後半
16分
[交代]
阪野 豊史(out)⇒近藤 貴司(in)
清武 功暉 後半
23分
[警告]
 
  後半
28分
[交代]
表原 玄太(out)⇒西田 剛(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
36分
[交代]
 
  後半
40分
[交代]
瀬沼 優司(out)⇒深谷 友基(in)
  後半
42分
[警告]
白井 康介
藏川 洋平 後半
45+4分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ニンジニアスタジアム
[AWAY]
天候 晴、無風
気温/湿度 25.9℃ / 70%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 2,955人
主審 清水 修平
コミッショナー 牧 弘和
副審 伊東 知哉、福岡 靖人
第4の審判 池田 一洋
記録員 大南 麻里子

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23藏川 洋平
DF 15小谷 祐喜
DF 4園田 拓也
DF 7片山 奨典
MF 8髙柳 一誠
MF 14キム テヨン
MF 17岡本 賢明
MF 38上村 周平
FW 10清武 功暉
FW 39嶋田 慎太郎



選手名
児玉 剛GK 1
浦田 延尚DF 2
茂木 力也DF 15
林堂 眞DF 23
藤田 息吹MF 5
小島 秀仁MF 8
表原 玄太MF 11
白井 康介MF 14
内田 健太MF 39
瀬沼 優司FW 10
阪野 豊史FW 17
選手名
GK 21金井 大樹
DF 33薗田 淳
MF 22上原 拓郎
MF 41菅沼 実
FW 11平繁 龍一
FW 25若杉 拓哉
FW 36巻 誠一郎

選手名
原 裕太郎GK 37
三原 向平DF 6
深谷 友基DF 22
鈴木 隆雅DF 40
近藤 貴司MF 7
安田 晃大MF 9
西田 剛FW 18
清川 浩行
木山 隆之

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・相手のプレッシャーが早いので、もっと全体でサポートしよう。
・ビルドアップは落ち着いてプレーしよう。
・絶対、下を向かないこと!
[ 木山監督(愛媛) ]
・セカンドボールの反応を早くすること。
・もっとアグレッシブにプレーすること。
試合終了後
[ 清川監督 ]
愛媛に駆けつけてくれたファン、サポーターに感謝いたします。試合は立ち上がりの失点で、選手達も少し下を向くところがあったんですけれども、全体としては少しシステムを変えて、中盤でボールを奪う場面をつくって攻撃を仕掛けようと挑みましたが、なかなか決定的なチャンスをつくれず、後半も攻撃を仕掛けましたが、最後のところで決められず、0−1で終わりました。
[ 小谷選手 ]
前半は0で抑えるプランだったが、早い時間に失点して、しかしまだ時間があるなかで、もう1回あせらずやろうという気持ちだった。2点目をやられてしまうとチームの雰囲気も、もっと悪くなると思ったので、そうならないように意識してやっていた。相手に攻め込まれるだけでなく、点を取れる雰囲気を後ろからつくれれば良かった。守備や連携の部分は、監督の言っていた戦術も含めて、少しずつできているが、失点を最低でも0点にしたい。1試合1試合全力でつぶれる気持ちでやっているが、勝利という結果が出ず、残念です。
[ 上村選手 ]
守備はそんなにやられたという感じではないので違和感はなかったが、攻撃でどうやって前に進めていけばいいかというところが曖昧になった。もっと全体でポジションニングをとって、ボールを奪った後、出ることができれば、攻撃に力を入れれたかなと。全体でポジションニングを早く取れれば良かった。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.