MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 29節

2016年8月14日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジェフユナイテッド千葉
3 - 0
1 前半 0
2 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
平繁 龍一 前半
31分
[得点]
 
  ハーフタイム

[交代]
佐藤 勇人(out)⇒町田 也真人(in)
岡本 賢明 後半
09分
[得点]
 
  後半
11分
[交代]
吉田 眞紀人(out)⇒エウトン(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒中山 雄登(in) 後半
21分
[交代]
 
  後半
24分
[警告]
近藤 直也
平繁 龍一(out)⇒八久保 颯(in) 後半
27分
[交代]
 
  後半
28分
[交代]
井出 遥也(out)⇒北爪 健吾(in)
岡本 賢明 後半
29分
[得点]
 
清武 功暉(out)⇒齊藤 恵太(in) 後半
41分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 30.5℃ / 69%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,538人
主審 野田 祐樹
コミッショナー 大下 国忠
副審 大西 保、田島 宏則
第4の審判 西水流 優一
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 2黒木 晃平
MF 8髙柳 一誠
MF 14キム テヨン
MF 17岡本 賢明
MF 39嶋田 慎太郎
FW 10清武 功暉
FW 11平繁 龍一



選手名
佐藤 優也GK 23
多々良 敦斗DF 5
若狭 大志DF 20
近藤 直也DF 3
阿部 翔平DF 27
長澤 和輝MF 10
佐藤 勇人MF 7
山本 真希MF 6
船山 貴之FW 11
吉田 眞紀人FW 18
井出 遥也FW 8
選手名
GK 21金井 大樹
DF 15小谷 祐喜
MF 20八久保 颯
MF 22上原 拓郎
MF 27中山 雄登
FW 25若杉 拓哉
FW 29齊藤 恵太

選手名
岡本 昌弘GK 1
イ ジュヨンDF 24
比嘉 祐介DF 13
北爪 健吾DF 4
町田 也真人MF 14
菅嶋 弘希FW 32
エウトンFW 9
清川 浩行
長谷部 茂利

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・前半は良い入りと意図的なところはできている。後半も続けること。
・ボールを奪って行けると思ったら、最後まで行ききろう。
・後半15-20分はしっかり入ること。
[ 長谷部監督(千葉) ]
・前の選手はハッキリ動いてあげよう。
・チャレンジの気持ちを持って攻め込もう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
暑い中、ファン・サポーターの皆さんが駆けつけてくれて、選手達を後押ししてくれて、本当に感謝しています。ゲームは前半、千葉さんのボールの動かしは、かなり質が高いので、そこを受け身になるのではなくてボールを奪いに行く、下がらずにボールを奪いにいく守備を立ち上がりから続けていこうということで、選手達はそこを惜しみなく頑張ってくれて、奪ったボールを攻撃につなげてくれて、攻撃した時の全体の動きが非常に良くて、何度もチャンスを作ったなかでの平繁(選手)の得点で、前半は非常に良い流れでゲームができたと思います。後半は両チームとも体力的に落ちるとは思っていましたけれども、千葉さんが前節、後半を10人で戦っていることを考えると、アドバンテージなものでいくと、自分達の方が暑さも含めて、攻撃を仕掛けられる、カウンターを仕掛けられる場面は増えてくるのではないかと予想していて、タイミング良く、岡本(選手)の2点でゲームを決めて、0(無失点)で勝ったことは選手が頑張ってくれたと思います。連戦のなかで前節をアウェイで全体で(勝点)1を勝ち取ってきたことで、その1点を熊本で勝点3に積み上げたということでいくと、水戸戦で出ていた選手、今日出た選手、本当にみんなで勝ち取った4だということだと思います。
[ 清武選手 ]
これまで苦しかったし、(前節)水戸戦も先制して追いつかれたので、今日の勝ちは皆でつかんだ勝利です。
(2トップを組んだ平繁選手との関係について)平繁選手も自分の位置を見ているし、自分も平繁選手の動きを把握して、イメージの共有はできていた。
(3アシストについて)僕はアシストよりゴールを決めたいが、良いところまで行って決めれない部分もあったので、今日は平繁選手も岡本選手もしっかり決めてくれて良かったです。
1点目は、嶋田選手がうまくバイタルエリアへワンタッチでくれて、平繁選手と目が合って、自分のコースを切られたので、平繁選手に出し、良いシュートを決めてくれました。
2点目は、岡本選手が走っているのが見えたので、チャレンジの気持ちで打ったら、冷静に決めてくれました。
3点目は、岡本選手と目が合い、うまいコントロールをしてくれました。
(3ヶ月前のリーグ復帰が千葉戦について)あの千葉戦はスタートだったし、負けていたので、今日は借りを返そうと、チーム全体で勝つことができて良かったです。今日は同じコンディション状況で、正々堂々と戦えて、3−0で勝つことができて良かったです。今日は切り替えの速さ、球際を一人一人が意識していたし、負けてなかったです。
[ 平繁選手 ]
なかなか勝点3が取れず、力がある千葉相手に勝つことができて良かったです。
(清武選手との2トップについて)今日はバイタル(エリア)で、コンビネーションを作りながら、清武選手の位置が見えていたし、プレー中に目も合ってました。お互いがお互いを見ながらプレーできているというのが、一緒にプレーしていて感じるし、2人で1人がボールを受けにいったら、1人が出るということができていました。
(ゴールについて)嶋田選手、清武選手と自分の3人が絡んだシーンで、3人が同じプレーを描いていて、それが決まって良かったです。
5月のリーグ復帰が千葉戦で、負けて悔しかったし、ホームでその時の借りを返すことができて良かったです。また、前ホームゲーム(8/7長崎戦)で負けて、自分たちもファンも悔しい思いをしていたので、今日は勝つことができて良かったです。
[ 岡本選手 ]
本当になかなか勝てない時期もあって苦しかったが、やっと1勝できました。
2点目については、清武選手が入った瞬間に裏に出ると思ったら、ボールが出てきて、GKと1対1だったので決めるだけでした。これまでもあのようなチャンスがありましたが、決めることができませんでしたが、今日決めることができて良かったです。自分は点を取ることが、チームに貢献することだと思っていて、これまでチームの力になれていなくて、早く1点を取りたいと思っていて、今日取ることができて喜びが溢れました。
3点目は、1点取ることができて、余裕があってゴール前で落ち着いて決めれて、次も良い準備をして得点を決めたい。相手の背後を取った瞬間に打とうと思いました。いつもあのような動きができれば良いと思います。皆で喜びを分かち合えて良かったです。
ニュースで熊本地震から4ヶ月とやっていて、すごく早いのか、遅いのか、分からないが、自分達はサッカーで盛り上げることができるので、熊本で盛り上げていきたいです。厳しい戦いが続いて、自信を失う時もありましたが、今は自信をもって、コンディションも問題ないので、結果を求めていきたいです。熊本の子供たちには、勝つ試合を見せたいし、戦う姿勢、熊本のサッカーを見せたいです。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.