MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 28節

2016年8月11日(木)
18:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 水戸ホーリーホック
1 - 1
1 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
黒木 晃平 前半
30分
[得点]
 
  ハーフタイム

[交代]
船谷 圭祐(out)⇒久保 裕一(in)
  後半
08分
[得点]
ロメロ フランク
黒木 晃平 後半
13分
[警告]
 
中山 雄登(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
15分
[交代]
 
  後半
27分
[交代]
湯澤 洋介(out)⇒佐藤 和樹(in)
  後半
34分
[交代]
今瀬 淳也(out)⇒内田 航平(in)
巻 誠一郎(out)⇒若杉 拓哉(in) 後半
37分
[交代]
 
岡本 賢明(out)⇒キム テヨン(in) 後半
43分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ケーズデンキスタジアム水戸
[AWAY]
天候 晴のち曇、弱風
気温/湿度 25.1°C / 82%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,952人
主審 小屋 幸栄
コミッショナー 北郷 光宏
副審 宮島 一代、森川 浩次
第4の審判 川俣 秀
記録員 藤田 秀人

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 4園田 拓也
DF 33薗田 淳
DF 7片山 奨典
MF 8髙柳 一誠
MF 22上原 拓郎
MF 27中山 雄登
MF 17岡本 賢明
FW 10清武 功暉
FW 36巻 誠一郎



選手名
笠原 昂史GK 21
石神 幸征DF 6
今瀬 淳也DF 20
細川 淳矢DF 24
福井 諒司DF 33
ロメロ フランクMF 8
船谷 圭祐MF 10
湯澤 洋介MF 17
白井 永地MF 18
佐藤 和弘MF 26
平松 宗FW 34
選手名
GK 21金井 大樹
DF 15小谷 祐喜
DF 23藏川 洋平
MF 14キム テヨン
MF 20八久保 颯
MF 39嶋田 慎太郎
FW 25若杉 拓哉

選手名
本間 幸司GK 1
佐藤 和樹DF 3
伊藤 槙人DF 5
兵働 昭弘MF 7
内田 航平MF 22
グエン コンフォンFW 16
久保 裕一FW 37
清川 浩行
西ヶ谷 隆之

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・立ち上がり、相手は出てくるぞ!シンプルにやっていこう!
・中途半端なプレーではなく、はっきりと!シュートを打っていこう!
[ 西ケ谷監督(水戸) ]
・もう一度、頭の中をリセットすること。
・球際で戦うこと。
・チームとしてまとまりをもってやること。
試合終了後
[ 清川監督 ]
まずは熊本からファン、サポーターのみなさんが駆けつけてくれて、本当に感謝しています。試合に関しては、相手の素早いセカンドボールから攻撃をしのいで、チャンスをつくってゴールを奪えて、前半を終わったのですが、後半、相手の圧力をしのげず、失点してしまいました。ここ数試合、後半の15〜20分で失点してしまっている。前半の得点に関わらず、あの時間帯で失点してしまうと、どうしても最後、押し込まれてしのぐ時間帯が長くなるので、修正していきたい。
[ 薗田選手 ]
前半はうまく守れて、後半の選手交代からロングボールの対応になった。こぼれ球もカバーしようと集中したが、ボールウォッチャーになってしまい、失点はもったいなかった。1試合通して自分たちがもっとボールを持つ時間を増やして、チャンスをつくっていきたい。
[ 園田選手 ]
失点のところは、人数はいたのでしっかりつぶしにいければよかった。防げる失点だったなと思う。自分たちが主導権を握っているというよりは、相手にボールを持たされている感じがあった。もっと自分たちのペースにもっていければ、内容も変わってくる。相手というよりも、自分たちらしいサッカーができるようやっていきたい。
[ 黒木選手 ]
(得点のシーン)うまく反応できた。クロスの選択肢もあったが、誰かが触ってコースが変わってもいいように、シュートでニアを狙った。相手の高さで押し込まれるシーンも多かったが、勝ちきりたかった。結果が欲しい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.