MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 27節

2016年8月7日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 V・ファーレン長崎
1 - 2
0 前半 0
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  ハーフタイム

[交代]
佐藤 洸一(out)⇒白 星東(in)
園田 拓也 後半
11分
[警告]
 
  後半
17分
[得点]
岸田 翔平
平繁 龍一(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
18分
[交代]
 
  後半
21分
[交代]
養父 雄仁(out)⇒宮本 航汰(in)
八久保 颯(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
25分
[交代]
 
若杉 拓哉(out)⇒齊藤 恵太(in) 後半
34分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
村上 佑介(out)⇒李 栄直(in)
  後半
45分
[得点]
永井 龍
植田 龍仁朗 後半
45+3分
[得点]
 
  後半
45+4分
[警告]
永井 龍

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 曇、無風
気温/湿度 31.2℃ / 70%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 6,572人
主審 山本 雄大
コミッショナー 玉城 吉貴
副審 堀越 雅弘、村田 裕介
第4の審判 緒方 孝浩
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 8髙柳 一誠
MF 22上原 拓郎
MF 20八久保 颯
MF 10清武 功暉
FW 11平繁 龍一
FW 25若杉 拓哉



選手名
大久保 択生GK 1
村上 佑介DF 27
髙杉 亮太DF 4
坂井 達弥DF 2
岸田 翔平MF 15
養父 雄仁MF 10
田中 裕人MF 16
梶川 諒太MF 23
パク ヒョンジンMF 13
佐藤 洸一FW 18
永井 龍FW 9
選手名
GK 21金井 大樹
DF 33薗田 淳
MF 2黒木 晃平
MF 14キム テヨン
MF 17岡本 賢明
MF 39嶋田 慎太郎
FW 29齊藤 恵太

選手名
三浦 雄也GK 31
趙 民宇DF 3
前田 悠佑MF 6
李 栄直MF 7
中村 慶太MF 20
宮本 航汰MF 22
白 星東MF 33
清川 浩行
高木 琢也

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・相手の戻りが早いので、もう一つサポートが必要。
・相手の背後を狙おう。
・粘り強く続けよう。
[ 高木監督(長崎) ]
・前半、よく頑張っている。
・自分達のプレー、しっかりとやりきろう!
・もうちょっと周りをうまく使って、コンビネーションを!
試合終了後
[ 清川監督 ]
まず始めに多くのサポーターが駆けつけてくれて感謝しています。また長崎のファンの皆様も駆けつけてくれて、試合を応援してくれてありがたく思っています。試合は前半、失点をしないような形で凌いで、後半というプランで、攻撃ではなかなか良い形を作れずにいたんですけれども、そのなかで選手たちは我慢しながら守備を頑張ってくれたんですけれども、後半の2失点はどちらもスローインからの失点で、その詰めの甘さが多く出たなと、それは自分の反省であります。最後まで暑いなか、点を奪いに選手たちは頑張ってくれたと思います。
[ 清武選手 ]
今日の敗戦は悔しい。前半、サイドに入っていた時はボールに絡めず、チームとして、自分のサイドで前線にどうタメを作るかができなく、後半は前に入った時にタメを作ろうと入ったが、前半からもっと工夫できたと思う。自分が決めなかればいけない場面もあったし、3連戦なので切り替えて次はしっかりやりたい。そこまで自分のマークがきついとは思っていなかったが、後半は裏を取れたので、もっと厚みを出したかった。厳しい状況だし、九州ダービーで負けて申し訳ないが、すぐに2戦目が控えているので、切り替えて勝ちにいきたい。
[ 若杉選手 ]
スタメンをいただいたこともあって、得点で勝利に貢献したかったが、できずに残念です。多くのサポーターの前でプレーできたことは嬉しいし、勝って、震災で大変な思いをしている方々に勇気を与えるプレーを見せたかったが、勝てずに残念です。球際の厳しさはチームの皆から感じたし、自分はまだまだ球際やプレーの甘さがあったので、まだ厳しくやっていかなければいけない。スタジアムの雰囲気に少し慣れてきたが、もっと良いプレーをしてチームに貢献していきたい。
[ 植田選手 ]
2失点とも自分が絡んでいるところもあり、迷惑をかけていたこともあって、セットプレーで点を取りたいと思っていて得点できたが、守備陣としては0点で抑えるか、1失点があっても2失点しないようにやらなければいけない。最後は気持ちでゴールを入れることができた。負けていたし、ホームなので、絶対勝ちたかった。どれだけきついところを細かくやれるかなので、次はしっかりやりたい。今日はまけてしまったが、次はゴールを取って勝ちたい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.