MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 26節

2016年7月31日(日)
18:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 東京ヴェルディ
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  ハーフタイム

[交代]
二川 孝広(out)⇒アラン ピニェイロ(in)
齊藤 恵太(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
11分
[交代]
 
キム テヨン 後半
22分
[警告]
 
嶋田 慎太郎(out)⇒黒木 晃平(in) 後半
30分
[交代]
 
  後半
32分
[交代]
北脇 健慈(out)⇒杉本 竜士(in)
  後半
33分
[得点]
高木 善朗
  後半
38分
[警告]
杉本 竜士
平繁 龍一(out)⇒若杉 拓哉(in) 後半
39分
[交代]
 
  後半
44分
[交代]
高木 善朗(out)⇒安西 幸輝(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 味の素スタジアム
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 28.4℃ / 71%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 5,723人
主審 上村 篤史
コミッショナー 臼井 郁夫
副審 平間 亮、小曽根 潮
第4の審判 蒲澤 淳一
記録員 小山 修

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 8髙柳 一誠
MF 14キム テヨン
MF 20八久保 颯
MF 39嶋田 慎太郎
FW 11平繁 龍一
FW 29齊藤 恵太



選手名
鈴木 椋太GK 31
田村 直也DF 23
井林 章DF 3
平 智広DF 5
安在 和樹DF 6
船山 祐二MF 13
中後 雅喜MF 8
澤井 直人MF 14
二川 孝広MF 32
高木 善朗MF 10
北脇 健慈FW 29
選手名
GK 21金井 大樹
DF 33薗田 淳
MF 2黒木 晃平
MF 17岡本 賢明
MF 27中山 雄登
MF 38上村 周平
FW 25若杉 拓哉

選手名
太田 岳志GK 26
安西 幸輝DF 2
ウェズレイDF 15
高木 純平DF 30
杉本 竜士FW 7
アラン ピニェイロFW 9
高木 大輔FW 18
清川 浩行
冨樫 剛一

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・相手に対して、もっとしっかりいくこと。
・後半もチャンスはある。我々はチャレンジャーだ。勝って帰るぞ!
[ 冨樫監督(東京) ]
・センターバックのところで、もっと厳しさをもってくれ!
・ズルズル下がらず、対応すること。
・先に動き出せ!受け身になるな!
試合終了後
[ 清川監督 ]
まず始めに、熊本のサポーターが多く駆けつけてくれて本当にありがたく思っています。そして試合後、東京ヴェルディのサポーターからも温かい言葉をいただいて本当にありがとうございました。ゲームの方は、立ち上がりが非常に悪くて、東京ヴェルディさんの出足が良くて、前半途中までは何もできず、そこで少し落ち着いてから、サイドをうまく突きながら攻撃のところは何回かあったんですけれども、前半は出足がかなり悪くて前節も立ち上がりという部分の反省をしたんですけれども、今日のゲームもそういう意味でいくと同じような立ち上がりをしたかなと思います。後半は全体的に前から圧力をかけて、縦に少し早い仕掛けをしていこうという部分で狙いはあったんですけれども、なかなかゴールを揺らすことができずにカウンターでやられてしまったのは、すごく残念です。
[ 齋藤選手 ]
スタメンで使ってくれることはなかったので、久しぶりだし、緊張で身体も硬くなっていた。先発は今日分かった。チャンスを生かすべきだったので悔しい。
[ 八久保選手 ]
意識していてもボールが自分の予測と違う方向に行って、違うことが起きた時に身体が反応していけなかったところ、自分も良い準備をして予測しているが、競っていると、どこにボールが飛んでくるか分からないし、違うところに来た時の身体の動かし方や反応をトレーニングから鍛えたい。運も実力だと思うし、わずかな差も実力だと思う。
[ 若杉選手 ]
(初デビューについて)思っていた以上に緊張はしなかったし、落ちついてプレーできた。後半終わりということもあって、相手も疲れていたし、相手に負ける感じではなかった。
[ 髙柳選手 ]
前半は入り方が悪く、相手が結構前にプレスをかけてきて、二川選手のところで前のパスを少しケアしながらプレーし、1枚はがせれれば前へ行けるかなということもあり、徐々にペースを戻せていたので、失点シーンは悔しかった。後半は決定機もあったし、FWも良い受け方をしていたので、決めるところを決めれれば良かった。得点のチャンスも、後ろの選手もしっかり作れるようにトレーニングしていきたい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.