MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 25節

2016年7月24日(日)
18:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ツエーゲン金沢
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
八久保 颯 前半
21分
[警告]
 
上原 拓郎 前半
30分
[警告]
 
清武 功暉 前半
38分
[警告]
 
  前半
45分
[警告]
山藤 健太
上原 拓郎(out)⇒キム テヨン(in) 後半
11分
[交代]
 
  後半
16分
[交代]
水永 翔馬(out)⇒安 柄俊(in)
中山 雄登(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
20分
[交代]
 
平繁 龍一(out)⇒齊藤 恵太(in) 後半
30分
[交代]
 
  後半
30分
[交代]
山﨑 雅人(out)⇒金子 昌広(in)
  後半
45+1分
[交代]
野田 紘史(out)⇒嶺岸 佳介(in)
  後半
45+1分
[警告]
安 柄俊

ゲーム開催記録
スタジアム 石川県西部緑地公園陸上競技場
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 27.9℃ / 64%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,304人
主審 岡部 拓人
コミッショナー 松山 吉之
副審 大西 保、田島 宏則
第4の審判 浜本 祐介
記録員 川口 翔太郎

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 8髙柳 一誠
MF 22上原 拓郎
MF 27中山 雄登
MF 20八久保 颯
FW 10清武 功暉
FW 11平繁 龍一



選手名
原田 欽庸GK 31
太田 康介DF 5
廣井 友信DF 27
作田 裕次DF 3
野田 紘史DF 18
中美 慶哉MF 38
秋葉 勝MF 40
山藤 健太MF 8
熊谷 アンドリューMF 10
山﨑 雅人FW 30
水永 翔馬FW 13
選手名
GK 21金井 大樹
DF 3鈴木 翔登
MF 2黒木 晃平
MF 14キム テヨン
MF 39嶋田 慎太郎
FW 29齊藤 恵太
FW 36巻 誠一郎

選手名
原田 直樹GK 1
メンデスDF 16
嶺岸 佳介DF 20
安東 輝MF 6
安 柄俊FW 9
金子 昌広FW 14
玉城 峻吾FW 19
清川 浩行
森下 仁之

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・全てにおいて相手に負けないこと。戦おう。
・セットプレーを大事に。
・我慢強く、慌てずに戦おう。
[ 森下監督(金沢) ]
・前半チャンスはあった。入りでぬるいことをしないようにしよう。
・相手に点を入れられないようにしよう。
・シンプルにゴールを狙っていこう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
まず始めに、このグランドに駆けつけてくださったサポーターの皆さんに御礼を申し上げます。ありがとうございます。試合の方は出だしから少し金沢さんの勢いがあり、ほぼセカンドボールなど拾えなく、リズムが相手の出足に完全に負けてしまって、良い場面をほとんど作れなかったです。後半はこちらの選手を代えながら行きましたが、金沢さんの出足が良くてなかなか攻撃に移ることができませんでした。でも選手たちは身体を張ったところで頑張ってくれて、アウェイで勝点1を取れたということはすごく良かったと思っています。
[ 髙柳選手 ]
後半は後ろに重くなるなか、攻撃に圧力をかけれなかったので、修正が必要。ボールを取っても繋げなかったし、ハードワークが個人的にもチーム的にも課題。相手はロングボールが多いので、前から強くて、後半はさらに前に圧力をかけられてしまった。距離感が間延びしてしまって中途半端になったが、そこは修正できる部分。毎試合、勝点3が欲しいと思っているので今日は悔しい。
[ 佐藤選手 ]
最後のところでシュートを止めることはできたが、チームとしてシュートを打たさないところを目指す。チームとして守って、チームとして攻めるのが、ロアッソなので、チームとして守った結果、得点が取れなかったのは、自分も含めてもっと攻撃に参加できればよかった。ただ、最終的に0で抑えたことは評価されるべき。次の試合に向けて、しっかり休んで良い準備をしたい。
[ 植田選手 ]
崩されたところもあったが、皆、身体を張って最後のところはやらなかった。皆、疲労は多少あるが、後半は疲労が出たのか、ずっと押し込まれたが、結果0で抑えることができた。これからは失点を減らして、得点を増やせるよう、次は1週間あるので、しっかり準備をしたい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.