MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 16節

2016年6月4日(土)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ファジアーノ岡山
1 - 2
0 前半 1
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
24分
[得点]
田中 奏一
アンデルソン 後半
06分
[得点]
 
中山 雄登(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
12分
[交代]
 
  後半
14分
[警告]
矢島 慎也
  後半
20分
[得点]
矢島 慎也
  後半
24分
[交代]
豊川 雄太(out)⇒押谷 祐樹(in)
アンデルソン(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
36分
[交代]
 
  後半
40分
[交代]
伊藤 大介(out)⇒藤本 佳希(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒平繁 龍一(in) 後半
41分
[交代]
 
  後半
44分
[交代]
矢島 慎也(out)⇒島田 譲(in)

ゲーム開催記録
スタジアム シティライトスタジアム
[AWAY]
天候 雨、無風
気温/湿度 23.0℃ / 73%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 7,308人
主審 清水 修平
コミッショナー 大下 国忠
副審 伊東 知哉、福岡 靖人
第4の審判 柳田 翔
記録員 山下 和也

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 2黒木 晃平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 8髙柳 一誠
MF 14キム テヨン
MF 27中山 雄登
MF 39嶋田 慎太郎
FW 9アンデルソン
FW 10清武 功暉



選手名
中林 洋次GK 1
片山 瑛一DF 19
岩政 大樹DF 35
竹田 忠嗣DF 6
田中 奏一MF 26
矢島 慎也MF 10
関戸 健二MF 16
三村 真MF 11
赤嶺 真吾FW 24
豊川 雄太FW 30
伊藤 大介FW 7
選手名
GK 21金井 大樹
DF 23藏川 洋平
DF 33薗田 淳
MF 17岡本 賢明
MF 38上村 周平
FW 11平繁 龍一
FW 36巻 誠一郎

選手名
椎名 一馬GK 22
澤口 雅彦DF 2
島田 譲MF 17
加地 亮MF 21
久保 裕一FW 13
押谷 祐樹FW 14
藤本 佳希FW 20
清川 浩行
長澤 徹

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・相手をこわがっている部分がある。負けてたら試合にならない。
・ボールを奪った後、あわてずにプレーしよう。反応は早く。
・1人で頑張るのはきついが、全体で頑張ればやれる。
[ 長澤監督(岡山) ]
・後半もう一度しっかり入ること。
・ピッチコンディションを頭に入れておくこと。
・もっと仕掛けていこう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
熊本のサポーター、岡山のサポーターの皆様に本当に温かく迎え入れていただいて、感謝しています。そのなかで結果ということにこだわってやりたかったが、結果が出なくて申し訳なく思います。試合は先週と同じように先制点を取られて、後半、追いつくことができたんですけれども、守りきることができず、攻撃面でもゴール前まで攻め込んでいったんですけれども、追加点を取ることができず、結果が出ずに終わってしまい、自分の力不足だと思います。
[ アンデルソン選手 ]
今シーズン初めてのスタメンで嬉しかった。先週も今週も頑張ればチャンスはくると思っていて、チャンスがきて、集中してプレーして点を取ると思っていた。岡本選手からも「アンジーは出たら点を取るよ」と言ってくれていて、ありがたく思います。今日の試合が終わって話をして、次の試合はホーム(熊本のスタジアム)ではないけど、近い場所でのホームゲームで、サポーターも皆、絶対来てくれると思いますので、絶対勝ちたいです。
[ 清武選手 ]
勝たないといけない試合だった。勝ちたい気持ちはある、得点を取れたことは良かったし、崩し方も良かったので、そこをポジティブに捉えて、みんなで話し合いたい。この1点をきっかけに、覚悟を持ってやらなければいけないし、勝てない焦りが出てる部分もありますが、言い訳はできないので、切り替えてやるしかない。次こそは絶対勝ちたい。
[ 巻選手 ]
これが今の現実だと思うので、受け入れてやっていかなければいけないと思う。得点と勝点、勝利が欲しかったが、1ゴールを取れたことは前に進めたのかなと思う。球際などは岡山がしっかりきていて、走ってもいた。自分たちは負けてはいけないし、全体的に相手が上回っていたので、しっかりやらなければいけない。
熊本でホームゲームとしてできるのが一番で現状はまだできないが、スタジアムを貸していただいて、鳥栖は近いので多くのサポーターが来てくれると信じているので、多くのサポーターの皆を背に戦えることはアドバンテージ。勝利に結び付けれるように頑張りたい。
[ 髙柳選手 ]
勝利が欲しかった。得点をとれていなかったので、チーム的にも個人的にもアグレッシブにいこうと思っていた。1点入って良かったが、失点して、力足りず負けてしまって悔しい。90分通して、攻守ともアグレッシブにやっていかないといけないし、チームとして連動してやらなければいけない。得点も勝利も自信になるので、アグレッシブにチームとして戦いたい。
[ 嶋田選手 ]
立ち上がりの入り方が良くなく、相手にシュートを打たれたが、ボールも動かせるようになって、1点取り返せたのは収穫だった。ゴールから遠ざかってたので、決まった瞬間は嬉しかったが、すぐ失点してしまい、踏ん張らなければいけなかった。次の試合は、多くのサポーターも来てくれると思いますので、勝利をサポーターに届けたい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.